「困ったな…」を地域で解決!WEBサービス「エニタイムズ」が便利そう

「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」
「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」

普段の生活で、こういった“ちょっとした困りごと”ってたくさんありますよね。かといって家事代行サービスを頼るほどのことでもなかったり。実は、そんな困りごとをカンタンに解決してくれるWEBサービスがあるんです。

エニタイムズで、
困りごとを解決できる
ご近所さんをサクッと検索!

1枚目

買い物や料理の代行、部屋の掃除にペットの散歩…そんなちょっとしたことって、必ずしも専門業者にお願いしなくてもできることだったりしませんか?

エニタイムズがお手伝いするのは、「困ったこと」と「できる人」をつなぐこと。しかも解決してくれる人は、なんと自分の家のご近所さん!身近な人たちをつなげる、地域密着型のサービスなんです。

人柄やスキル、実績から
サポーターを選択OK

FotorCreated

解決してくれるならどんな人でもいい!…なんて人はいませんよね。エニタイムズでサポートしてくれるのはご近所さんですが、同じやってくれるなら、やっぱり実績があって、人柄のいいサポーターにお願いしたいところ。

もちろん評価を参考にサポーターを選ぶこともできますし、雰囲気で「この人にやってもらいたいなぁ」と思ったら、直感を信じて依頼してみるのもアリ!?

サービスは40種類以上!
自分だけの悩みも依頼できる

3枚目

困りごとといっても、人それぞれいろんな悩みを抱えているもの。中には、植木の水やりや庭のお手入れができなかったり、パソコンの操作でわからないことがあって悩んでいたりと、千差万別。

エニタイムズがメニューとして用意しているのは40種類以上ですが、自分の目的に合わせて自由に依頼することができるので、その可能性は無限大!あなたの困りごとも、これで解決できるかも…。

シェアリング・エコノミーで
地域のつながりを再発見!

4枚目

エニタイムズは生活密着型のシェアリングエコノミーサービス。最近この言葉、よく耳にしませんか?例えば車をシェアする「Uber」や、部屋をシェアする「Airbnb」もシェアリングエコノミーのひとつ。

もちろんビジネスの目的もありますが、それ以上にローカルエリアの活性化を目的としているのが、他のサービスとの大きな違い。なにか困っているときに、サポートしてくれるご近所さんがいたら、何だか嬉しくなりませんか?人とのつながりや親切心で得られる幸せは、お金では買えないものなんです。

【サポート事例をご紹介】
エニタイムズでできる
ファッションコーディネート♪

unnamed-1038x576 (1)

最後に事例をご紹介。代行サービスというと、つい買い物や掃除などを思い浮かべてしまいがちですが、エニタイムズでは“ファッションコーディネート”なんていう変わり種メニューも依頼可能です。

こちらの男性は、障害者向けサービスを行なう企業・LITALICOに勤める昆野祐太さん。障害をもった自分がカッコよくなれれば、福祉のイメージが変わるかも?そんな思いでエニタイムズにファッションコーディネートを依頼されました。

FotorCreated

今回サポーターを請け負ったのは、パーソナルコーディネートのプロであるサポーターの南暁子さん。予算は1万円程度でしたが、プロにかかれば予算の大小は関係ナシ。リーズナブルな金額でファッションを楽しめるユニクロとH&Mで、あっという間に変身!

昆野さんは、プロに選んでもらうことで「本当に似合う服が何かわかった!」と喜ばれたそうです。ファッションの悩みまで解決してくれるなんて驚きですね。

あなたが抱えるちょっとした困りごと。エニタイムズで解決してみませんか?

▽ご依頼はアプリからできます!
■iPhoneをご利用の方はこちらからDL

ANYTIMES・エニタイムズ - ご近所サポートで便利な暮らし
コンテンツ提供元:エニタイムズ

これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗──。何かを判断する前には「試す」という行為があるべきなのに、こと住まいにおいて...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
毎日たった4分。スマホがあれば、いつでもどこでも体をOFFからONへスイッチできる「WEB体操第1」。YouTubeに公開されたばかりですが、そのコミカル...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...