米・絵本作家Dr.スース「大人になっても子供心を忘れずに、旅を楽しんでほしい」

「人生は旅だ」。なんて使い古された言い回しに聞こえるかもしれません。しかし、文学作家のドクター・スース氏はこう言います。

「大人になっても子どものような心を忘れずに、旅を楽しんでほしい」

文学作家でドクター?と疑問に思うかも。実はこれ、彼の個性的なペンネームのうちの一つ。しかも、彼の本を読んだことのないアメリカ人はいないと言われるほど著名な人物で、児童文学会への多大なる貢献によりピューリッツァー賞特別賞を受賞した経験を持ちます。

ここでは米・メディア「Elite Daily」で紹介された旅に対する彼の想いを一部紹介します。もしかしたら、忘れかけてた心を取り戻せるかもしれません。

Medium 8d9c4c3fab615c7c511f35d74a3addbe4ae7ecf8

01.
日常から離れて
「別世界」に浸れる

昔は9時から17時まで働いて仕事は終わり、オフィスを出れば完全に自由時間を楽しむことができました。今ではテクノロジーが発達し、私たちはどこにいても仕事ができるようになりました。それこそ自宅で寝転がっていても、お気に入りのDVDを観ていても。

上司からメールが入れば、すぐに来週のプロジェクトのことを考えなければなりません。年中無休で働いている私たちは、クリエイティブに冒険を楽しむことの重要性を忘れ、罪悪感さえ感じることもあります。

でも、海外へ出てネットのない地域に行ってしまえばメールを見る必要もないんです。健康的な心を取り戻すことができるでしょう。フランスのコンサルティング業界で働く人々は、9時~18時の勤務時間外は仕事の電話をオフにして、メールも見ないようにと言われています。海外にでも旅へ出れば、あなたは普段の生活から切り離されて魅力的な世界にどっぷりと浸かることができるんです。

02.
情報を知るではなく
「生き方」を学べる

学校では勉強が大切と教えられ、必死に単語を暗記したことでしょう。でも、テストが終われば覚えたこととはきれいさっぱりお別れ。2度と思い出すことすらなかったものもあるのでは?

旅もまた、あなたに多くのことを教えてくれます。しかし、それは単なる暗記ではなく実生活に役立つもの。地図の見方も必要だし、外国語も勉強しなければなりません。無理やりやらされるのではなく本当に自分にとって必要なことだけを学ぶ中では、幸せの意味もより明確に見えてくるでしょう。

03.
自分の責任で
「成長と自立」を経験できる

Medium 672e5e6f6078bd301b767e0bd9ec37f6b225d788

挑戦で人は変わります。親は子どもを心配して安全なレールを敷いてしまいがちですが、時には成長を妨げる原因にもなります。海外に行けば、自立することの必要性をすぐに学ぶことができるでしょう。

皆、「異国からやってきたこの子はどんな人だろう?」とあなたを見ます。「私は信頼できる人間ですよ」と知らせることができるのは、自分しかいません。これまでは、どこか他の街や国からやってきた人が「外国人」でした。今度はあなたがそうなる番です。視点が変わる経験をすると、人はより感受性豊かで思慮深くなれます。相手の視点で物事を見られるようになるのです。

04.
自分の「眼」で
魅力的な世界を見る

いつか結婚して家庭を持つようになると、旅行にもあまり出れなくなってしまいます。これまでの3倍も4倍も費用がかかるからです。もちろん、テレビを通じてロンドンのバッキンガム宮殿を見ることができますが、それはカメラのレンズを通して見たもの。

色とりどりの風景を自分の眼で見ることは、とても貴重なもの経験です。旅行のチャンスがあれば、ぜひ大切な瞬間を眼に焼き付ける努力を惜しまないでください。

05.
ハプニングが起きた時にも
「楽しめる心」が養える

Medium 2a467e2054601532ac723efc9e063f49360e74fc

もし初心者なら、絶対に計画通りに行かないことを約束します。天候で旅程を変更しなければならないかもしれないし、宿泊するホテルに到着したときに代理店の写真加工の上手さにガッカリすることもあるかもしれません。旅は、困難を乗り越える力や物事を受け入れる柔軟性を与えてくれます。

きっと忘れられない思い出や宝物を手にすることができるでしょう。人はいつまでだって子どものような純真な心を持ち続けることができるんですから。今からでも遅くありません。人生の宝物を探しに、勇気をだして旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

文学作家のドクター・スースは、彼の本を読んだことがないアメリカ人はいないと言われるほど著名な人物。児童文学会への多大なる貢献が認められたピューリッツァー賞...
ロードトリップの経験者である「Elite Daily」のライターAitana Cardoso氏。世間一般で「旅は人生で大切なことを教えてくれる」と言われて...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。海外児童文学のなかでも、日...
一般的に「子どもっぽい」という表現は、ネガティブな使い方をされるもの。社会に受け入れられたければ、大人のように振る舞うことが求められます。しかし、ライター...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
3歳の娘がいる「Expanded Consciousness」の女性ライターAngela Amiraultさんは、こう語ります。「子どもは私たち大人にこの...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...