「ありがとう」が言える子供に育てる5つの方法

「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法を「mindbodygreen」に紹介しています。彼女の原文から、日本のパパママたちも共感しやすい5つをピックアップしてみました。

01.
子供の“好き”を遠ざけ
新たな発見の機会を与える

no-one-tells_000001843223_Medium

子供が好きなおもちゃや食事ばかりを与えて、最新のスマホを持たせる。そうすることで、いつしかそれが当たり前と子供は感じるようになってしまいます。新しいものに興味を持たせるため、家族での会話を増やすことを心がけましょう。
外食を止めたり、テレビを制限することで、子供たちは最初こそ「快適じゃない」と感じるでしょう。それでも、毎日続けることで、今まで感じたことのない、家族への感謝を理解するように。同時に、好きなものに囲まれていない人たちの気持ちもにも、共感する心が芽生えてくるはずです。

02.
予期せぬ状況でも
楽しみを見出す
“ゆとり”を学ばせる

In cloud of water drops

渋滞にハマったり、楽しみにしていたサッカーの試合が雨で中止に。世界の終わりのように落ち込む子供たち。そんな時は、困難な状況の中でも希望を見出すことを学ぶチャンス。
逆境にあっても、どこかにあるよい面に目を向けることです。例えば、「今週末は仕事で遊びに行けないけど、来週は連休ができるから、いっぱい遊べるね」とか、「土砂降りの雨のおかげで洗車の必要がなくなったね」といった具合。
望まない状況でも、どこかに「新たな学びや発見がある」ことを伝えるのです。人生でどんな予期せぬことが起こっても、不満を口にせず、受け入れる力量が備わるはずだから。

03.
「こんなとき、どうする?」
自分で考えて、答えを
導き出す喜びを与える

200155113-006

感謝の気持ちを身につけさせる、最も効果的な手段のひとつは、現状を把握させて、子供に自ら考えてもらうこと。
家族との会話の中で、子供に「こんなときはどうする?」といった質問を投げかける。例えば、「ご飯を食べたいのに材料がなかったら?」「家の中に寝る場所がなかったら?」「病気になってもお医者に行けなかったら?」など。説教になってはいけませんよ。あくまで、子供に考えさせること。子供たちは、自分がどれだけ恵まれた環境で生活しているかを、きっと理解できるはずです。

04.
嬉しかったことは、
その場ですぐ相手に伝える
クセをつける

7-grateful-kids000003507398_Medium

日々の暮らしの中で、子供に感謝の気持ちを実感して欲しいと望むなら、あなたが親として成長する必要があります。毎日関わり合う人たちに対する、前向きな気持ちや態度で感謝を示す必要があります。スーパーのレジ係だろうと、ウェイターだろうと、感謝の気持ちを躊躇ってはいけません。
さらに、感謝は具体的に。例えば「卵を上にしてくれてありがとう」「美味しい料理をありがとう」ほんの些細なことでもOK。これだけでも、子供たちが感動し、自分もとマネするようになりますよ。

05.
「しなければ」→「できる」
逆転の発想で
感謝の裾野が広がる

7-grateful-kids000018245321_Medium

感謝の気持ちの中で、大人である私が得た大きな教訓。それは「しなければならない」を口にする代わりに「することができる」を使うようにしたこと。例えば、「学校まで子供をおくることができる」「サッカーの試合を観にいける」といったように。些細なことだけど、この逆転の発想が、日常のイライラも感謝の気持ちへと変えてくれる。
そして、最もいい点は、「子供と一緒に何かができる」ということを聞いた子供たちが、自分の価値を認識し、子供と同じ目線に立って感謝できるようになること。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
育てる側の性格に合わせた子育て方法を提案するのは「YourTango」のライター、Christine Schoenwald氏。なんでも誕生月から、ピッタリ...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...