心配性の人にしかわからない「15のこと」

小さなことが気になって、いつも頭の中に最悪のシナリオを思い浮かべてしまうというあなた。こんなことに心当たり、ありませんか?

ここで紹介するのは、アメリカ人女性ライターが書いた「心配性の人が考えていること」。共感する人、結構多いみたいです。

01.
遅刻は厳禁!
マップアプリを何度も確認

W

実際、いつも約束より15分は早く到着しているんです。が、家を出る前にはスマホでマップアプリを何度もチェック。外を歩きながら道順をもう一度確認して、電車に乗ったらもう一度。降りたら駅員さんにも確認しなきゃ。

「この道こっちで合ってますか!?」

02.
あ、鍵をかけ忘れたかも…
(頻度高い)

ドアの鍵はもちろん、普段料理をしなくてもオーブンの消し忘れが気になります。

03.
やっと取れた休日も
さらに不安に

死ぬほどがむしゃらに働いて、やっとのことで休暇が取れた!でも、なんだか時間をムダにしているような気が。

仕事も頭から離れず、やるべきことはたくさんあるのにどうして休んでいるのかとワケが分からなくなってしまうことも。

04.
何か新しい変化がないと
落ち着かない

Young pensive pin-up worker at a food place.

新しいことに挑戦していないと、成長できていないと不安に。本当に昨日と同じ繰り返しでいいのだろうか…。

05.
常にやることが頭に浮かんで
リラックスできない

頭の中を支配しているのは「ToDoリスト」。その日のタスクが終わっても、明日のことや明後日のこと、来週までに進めなきゃいけないことだってあるじゃないですか。

そう考え始めたが最後、目の前のことにも集中できなくなるパターン。平穏な日など1日たりともありません。

06.
日課を済ませないと
眠れない

寝る前にとりあえず一服。歯磨き・洗顔を済ませてから、髪を左右35回ずつとかします。これを全部済ませないと、心のモヤモヤが取れなくて、眠れません。

07.
もしかして後ろの人たち…
私のことディスってる?

_266038373

被害妄想なんですが、いろいろなことがネガティブに聞こえてしまいます。だから余計に、他人の話に耳をそばだてちゃうんですが、それがまた裏目に出るんですよね。

08.
褒め言葉も
ネガティブに聞こえる

たとえば彼氏がジムに誘ってくれたとしましょう。そんな時にはこう考えています。

「…(え。もしかして私、太った!?)」

ファッションのことを褒められたとしましょう。

「…(え。もしかして私、めっちゃダサい格好してる!?)」

褒め言葉を聞いたとしても、素直に喜べず。暗にディスられてるんじゃ!?なんて思っちゃうんです。

09.
普通すぎる自分に不安
誰の役にも立ててないかも…。

時間は否が応にも経っていくものですが、年齢に見合った価値が自分にあるのか疑問です。鏡の前の自分につくため息も、年々深くなっていくばかり。

10.
みんなの目にはどう映った?
解散後、頭の中が大忙しに

_296584751

友達や同僚と一緒にいる時、みんなに悪い印象を与えてないか心配です。冗談を言ったりして魅力的であろうとは心掛けますが、自分でも不自然。

解散後には、頭の中で自己採点。誰かに笑われていないか、馬鹿にされてないか、記憶を辿るほど震えが止まらなくなります。

11.
なんでもかんでも
考えだしたら止まらない

考え過ぎなんて百も承知なんです。でも、やめようとしても止まらないのが困りもの。

12.
好調な時に思うこと
「そう長くは続かない」

物事がうまくいっている時もありますが、そんな時はこう考えています。

「きっと長くは続かない。だから、今だけは楽しまなきゃ」

明日突然マンションから追い出されてしまうかも。上司に嫌われて解雇されてしまうかも。一寸先は、闇です。

13.
人を信用できない

r

出会った人に対して感じているのは、こんなこと。

「…(この人が私に抱いてるイメージ。絶対間違ってる!)」

決めつけを感じちゃうんです。

14.
過去が忘れられない

昔のことは忘れて前進したいです。が、今や将来への影響は考えずにはいられません。

「もしも〜だったら」とか「あの時〜していれば」という後悔の念が、毎日全身をかき回すんです。

15.
冒険したいけど
恐怖心が圧勝

リスクなんて気にせずに、スリルある新しいことに挑戦したい!でも、恐怖心の方が強いんです。もし失敗したら、今までの人生が水の泡になってしまうかもしれません。

ちょっとした失敗ならいいんです。でも絶対に大失敗しないっていう保証が欲しいんです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

もし付き合った相手が、あまりにも心配性だったら?不安を抱えること自体悪いわけではありませんが、時にはあなたを疲れさせてしまうかも。「Higher Pers...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
身の周りで起こるさまざまなことを細かく分析して、考えを巡らすのは心配性な人の特徴です。どこまでも深く考えてしまい、結果として疲れることもしばしば…。でも、...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
些細なミスやトラブルに、「そんなのつきもの」と納得して前に進める人と、いつまでも引きずってしまうタイプの人がいます。両者の違いは、自分に納得できるかどうか...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
人生は、強いメンタルさえあれば、もっといい方向に進んでいくものなのかも。そう思わせてくれる記事がったので紹介しましょう。「Elite Daily」のライタ...
感情の知能指数「EQ」に関する情報を紹介するwebサイト「TalentSmart」からメンタルが強い人についての記事を紹介します。様々な調査や研究を元に考...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
「この人付き合いづらいな〜」と思うのは、どういう人でしょうか?ネガティブな人、自意識過剰な人、知ったかぶりをする人など、挙げはじめたらいろいろと出てくると...
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...