あなたが「悪女」になってもいい、13の理由

自分を偽らずに、ありのままで過ごす。ちょっと悪女と思われるくらいがちょうどイイ。そう持論を展開するのは、ライターのGigi Engle氏。まわりにばかり気を遣い、自分のやりたいことができなければ健康にも悪影響だと彼女は指摘します。ここではあなたが“ちょっと悪い女”になってもいい、13のワケを紹介します。

01.
イヤな人と関わらないから
時間をムダにしない

_242756065

人付き合いがドライな女性は、嫌いな人と一緒に過ごしません。自分の人生にいい影響を与えてくれないなら、すぐに離れた方が賢明。時間を大切にします。

02.
大声で話すから
ストレスの軽減になる

イライラしている女性の典型といえば、罵ること。ある調査によれば、人は大きな声で話すことでストレスが発散されるそう。
罵倒する必要はないですが、大きな声でハッキリと意見を伝えるのは大事。

03.
感情に流されず
論理的に考えられる

Listening to partner

その時々の感情に流されない女性は、冷たい人間だと言われることもあります。しかし裏を返せば、論理的に考えるのが得意なのです。常に泣いてばかりいる女性より、よっぽど仕事ができます。

04.
うわべだけの付き合いが
なくなる

相手に対し厳しい意見を言うと、自然とまわりは離れていくもの。それでも残った友だちは、しっかりと理解している人たち。うわべだけの友だちはいなくなるのです。

05.
感情を抑えないから
癌になりにくい

Happy Businesswoman Holding Digital Tablet

自分の感情を抑え続けていると、癌の発症率が70%も高くなると「Daily Mail」は伝えています。気の強い女性は、自分の感情を隠したりせず心の内を気持ちで表現するのです。
感情をおさえて、知らないうちに心とカラダに負担をかけていませんか?

06.
自分のことを
大切にするようになる

ナルシストで自分のことが大好き。だからこそ、ジムに通ったり食事を大切にしたりと、健康に気を遣えます。どこにいっても、一番大切なのは自分。

07.
言い争いには
ゼッタイ負けない

口喧嘩する時は負け知らず。どうすれば言い争いに勝てるか熟知しているのです。それは仕事でも使えること。強力なボキャブラリーは武器になります。

08.
後伸ばしせず
決断が早くなる

_000046190638_Full

厳しいことでも率直に意見を言う女性に、人はアドバイスを求めるもの。決断を後ろ伸ばししようとしないため、その場で決断できるのです。

09.
余計な気遣いをしないから
疲れなくなる

他人を喜ばせるために自分を偽ったりせず、常にありのままでいます。
忌憚のない意見を言うことに、腹を立てる人がいるかもしれませんが心配無用。八方美人になることほど疲れるものはありません。

10.
不機嫌な顔は
アンチエイジングに!?

_000017034294_Full

ふてくされてる女性の顔に、シワはありません。というのも、無表情な顔をしていると年齢を重ねても肌に現れにくいのです。

11.
心の底から信用する
親友ができる

自己中な女性のワガママには、我慢できない人がほとんど。でも親友はそれを含めて愛してくれます。相手の悪い部分も理解しているからこそ、深い友情で繋がれるもの。

12.
言いにくい昇給の話だって
できちゃう

 

自己主張の激しい女性は、どんな問題が起きても立ち向かっていきます。彼女たちが黙認することなんてありません。問題が起これば素早く対処し、早期解決を促します。

13.
他人のトラブルに
巻き込まれない

たくさんの人といるよりも、一人でいる時間を好むため他人の面倒ごとに巻き込まれません。それよりもマッサージにいって自分磨きに余念がないのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

ネコって可愛くて、ふわふわで、たまにびっくりするような珍行動をしたりして・・・あぁ~!たまらなく癒される!そんなネコファンのみなさんに嬉しいお知らせ。実は...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
自信、カリスマ性、そして圧倒的な魅力でもって、完璧な第一印象を残すのがナルシスト。ライターBrenda Della Casa氏の主張です。彼らに操られると...
「Elite Daily」の人気女性ライターLauren Martinさん。等身大の視点で恋愛や人生を考察する記事に共感するファンは多いようですが、「美女...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...
自分のしたいことと、他人の幸せを秤にかけたら。あなたの振り子はどちらかに傾くでしょう?ところが「Tiny Buddha」のこの記事は、そのどちらも両立でき...
国内外で微妙にニュアンスが異なってくる「ビッチ」という単語ですが、この記事では“嫌なオンナ”といった使われ方でしょうか。ライターLaura Arginta...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
猫は見た目だけでなく、その性格も魅力的♡ ここで紹介するのは、米オンラインショップ「Lingvistov」が、ギフトカード用に作成した猫を飼うべき理由が書...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...