独身でいることを恐れなくてもいい「11の理由」

ほとんどの人が、「恋人がいないのは寂しいこと」と思いがち。でも、そう決めつけるのは早計かもしれません。この記事でGigi Engle氏は「自分という存在だけで人生は完結できる」と書いています。彼女が“一人”にこだわる理由とは?

01.
とにかくリラックスして
睡眠がとれる!

000042533108_Medium

1人で寝るほうが、よく眠れませんか?誰かと一緒だと、緊張してしまいます。盛り上がって、一夜をともに過ごしたとしても、大体は後で後悔。本当に大切ではない人と過ごす時間は、魅力的だとは思いません。

02.
つまらない話に
付き合う必要がない

誰かと一緒に食事をするのは好きですが、それが話のつまらない人なら、ヘミングウェイの小説を片手に食事をするほうがよっぽどマシ。今後の展開を望まない相手との食事は、楽しくありません。でも、自分のお気に入りの1冊さえあれば、食事は1人でも充分に楽しむことができます。

03.
下手なセックスと
病気の心配など無用

“どうでもいい人”から病気をもらう可能性など心配したくありません。相手がいなくても、自分1人でも気持ちよくはなれます。めくるめく時間を過ごさせてくれるなら話は別ですが、そうでないならセックスはしなくてもいい。

04.
プライベートスペースを
確保できる

Young woman waking up

自分がくつろげる場所は大切にしたい。興味のない人のために又を開くよりも、自分1人でベッドを占領したいと思う。一緒に夜を過ごしてくれる人を探す気力もないですし、朝起きたときの“気まずいおはよう”は勘弁です。

05.
頻繁な携帯チェックも
必要なし

恋愛をしていなければ、携帯をしょっちゅう気にすることもなくなります。いいデートをした後は、相手のことが気になって仕方なく、片時も携帯を手放せません。本当は相手にそれほどハマっていなくても、相手からの連絡を待ってしまうのがデートの怖いところ。

06.
お金よりも大切な“時間”を
思い通りに使える

デートに無駄なお金を使いたくないというわけではありません。それよりも、無駄な「時間」を使いたくないと思っているのです。自分の時間には限りがあり、貴重なもの。中身のない人とは、一緒にいたくありません。

07.
何も気にすることなく
ありのままの自分でいられる

000017421994_Medium

自分以外の何者にもなれません。皮肉も言えば、バカなことも言う、正直すぎるときだってあります。そんな自分も受け入れてくれる相手でなければ、一緒にはいられません。あなたはこういう人、と決め付けてくる人は苦手です。

08.
両親に変な期待を
させないで済む

パーティーや結婚式に誰かを連れて行き、質問攻めにされるくらいなら、1人で行くほうがいい。今回の人はどう?運命の人?結婚の予定は?と聞かれても、分からないですよね。複雑な心境になるのも、母親に変に希望を抱かせるのもやめたいと思います。

09.
大切な友人と一緒に過ごせる

恋人がいるからという理由で、ランチは何時まで、と友達にお願いするのは好きではありません。恋人と同じくらい、友達と過ごす時間も大事にしたいものです。

10.
もう、傷つかなくていい!

Woman opens windows and enjoys the landscape

とにかく、強くなりたい。辛い経験をしたことがあれば、この気持ちを理解してもらえるはずです。愛を諦めず、相手を探すことも大切かもしれませんが、もはやそこにマゾヒズムさえ感じることがあります。

11.
“孤独”を意識することもない

誰かと一緒にいることに慣れると、一人の時に寂しさを感じやすくなります。一生、一緒にいたいと思う人がいるのに、寂しい気持ちになることがあるなんて、もはや悲劇です。そんな想いをするくらいなら、1人で過ごすほうがいい。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
「まだ独身?」──心ないこの一言。女性が独身でいる限り、ついて回る質問だとライターGigi Angle氏は断言します。きっと彼女も、このワードに辟易してい...
「Elite Daily」の恋愛コラムは、若者たちの恋愛観が語られているのが魅力ですが、なかには思わず吹き出しそうになるものも。今回は、自虐ネタともとれる...
日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、...
独身の生活を楽しんでいる人にとって、周囲が「良かれ」と思って言うセリフも、じつはとても傷つくものだったりします。いい人なんてそんな簡単に見つからないし、一...
「四十にして惑わず」と言われるだけあって、達観した人生観を持った素敵な40代男性は、20代や30代ともひけをとらずに恋愛を楽しめるはず。ここで紹介するのは...
誰かを好きになっていることに、自分では気づかない場合もありますよね。でも、この記事には、「あなたはもう恋に落ちている!」という11のサインがまとめられてい...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
ありがちな言い訳ともちょっと違う、シングル女性の主張をご紹介します。ライターは「Elite Daily」で人気のGigi Engle氏。彼女は「もて遊ばれ...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
米・女性ブロガーのStephanie Haymanさんが綴った「25歳になる前に結婚しないほうがいい25の理由」という記事は、約2年前に書かれたにも関わら...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
デートの相手もいないし、今週末もまたひとり…。なんて思っているみなさん、シングルならではの、恋人がいる人にはマネできない贅沢な週末の楽しみ方があるんです。...
「30歳まで結婚は待ったほうがいい」起業家でライターのPaul Hudson氏は、20代での結婚は失敗のもとだと主張しています。まさにこの世代が「Elit...
西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...