仕事を失う前に知っておきたい「これからの働き方」

ジョン・キム

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自分らしく働いていくためには、どんなマインドが必要になってくるだろう?

01.
代替不可能な
自分を創る

情報化の時代、コンピュータが人間の仕事を取って代わるようになったのは知っての通りだが、現代はまた新たな時代に入っている。人間が人間に取って代わられる時代だ。日本人と同じ仕事をする人材が、インドに行けば10分の1の賃金で雇用できてしまう。これが現実になりつつあるのだ。

意識しなければならないのは、代替されない自分を創りあげること。自分の存在意義を高めることを意識しながら、仕事に取り組んでいかなければならない。

02.
社会人5年目からが、
本当の就職活動と捉える

学生の就職活動は、社会を知らないままに行われている。それに、自己分析はしたかもしれないが、実際に働いたことはない。つまり、社会も、そして自分もよくわからないままに選んだのが、今の会社であり、今の仕事なのだ。だから私は、本当の就職活動を、社会に出てから5年後にすべきだと考えている。社会を知り、自分を知ってから、本当の就職先を見つけるのだ。そうすることで、より自分の適性に合う仕事に出会うことができるのだ。

03.
自分で意思決定した
ように考える

例えば会社で、組織の決定があったとする。若い自分には、まだ最終決定する権限も力量もない。それは上司が最終的に決めたことかもしれない。しかし、上司が決めたこと、と思った瞬間に、それは他人事の意思決定になる。だからこそ注意してほしいのは、たとえ上司が決めたことであったとしても、自分が決定したかのように考えることだ。結果、得られるものは、他人が決めたことと捉えるものと、まったく違う。

04.
20代は、もがく

20代は未熟だ。だから、20代はやるべきことを徹底的にこなすべきである。やりたいことをやるためにも、やるべきことをこなすのだ。Likeではなく、MustやShouldを意識する。本当にやりたいことは30代からやればいい。
20代は、理想とする自分と現実の自分とのギャップの大きさを味わい尽くし、もがき続けることだ。それが30代に間違いなく生きてくる。

05.
結果だけで勝負する

苦労話を好む人の多くは、結果を伴わない人たちである。自分は努力をしたが、不可抗力の要素が発生して結果を出せなかった、という言い訳のために苦労話は存在している。しかし、苦労話をしない、という決意のある人は、結果だけで勝負する。だからこそ、努力の濃度が変わる。退路を断っているので、結果に対してストイックになる。必ず成功するようにマネジメントもする。目標に向かう際の気概がまったく違うのだ。

06.
思いつきは、
99%実現しないと知る

最終的に踏み出したアイディアというのは、そのほとんどが大変な苦しみの中で生み出したものだ。発想の背後にはアイディアを支える何かがあったり、絶対に実現するのだという強い思いがあった。

ところが思いつきにはそういうものはない。考えてみれば当然かもしれない。思いつきで浮かんだものが次々に実現していったとしたら、何のために苦労して知恵を絞ろうとするのか。むしろ、思いつきが実現してしまっては、悪いクセが付くようなものだ。

07.
目的意識を持ち続ける

仕事における大きな落とし穴のひとつは、何のためにこれをやっているのか、が次第に希薄になっていくことである。

自分らしい生き方に向かうときに目的が必要なように、すべての行動には目的があるはずなのである。それは希薄になっては、何のための時間だったのか、わからなくなってしまう。しかし、これが往々にして起こるのが、社会なのだ。だからこそ、常に目的意識を持ち続けることが大切である。

08.
目的は抽象的でいい

目標はより具体的に持ったほうがいい、という声に対しては、私はそうは思わない。なぜなら、目標は変わっていくものだからである。ある意味、リスク対応策でもある。物事をある程度抽象的にすることによって、幅を持たせることができるからだ。目標設定にしろ、実現方法にせよ、あまり硬直的にこだわり過ぎると、物事を大局的に見られなくなり、身動きがとれなくなってしまう。

09.
評価は自分でやる

評価を会社に委ねてはいけない。むしろ、自分の中にこそ、明確な基準軸を設定してあげることが大事だ。3ヶ月前より、今の自分のほうが成長できている、仕事に向き合う姿勢が変わった、という実感こそ重要である。とりわけ大事なことは、日々の生活の中で学ぼうという貪欲さが大きくなっているかどうかだ。

10.
接点思考が
これからの時代を創る

すべての創造性の根源は、何かと何かの接点にある。例えば、ルネサンス文化がなぜあれほど短期間でフィレンチェという特定の舞台で花開いたのかといえば、メディチ家という存在が、ヨーロッパの創造的なポテンシャルのある芸術家たちをつないでいったからである。

ゼロからの創造は極めて難しい。ほとんどの創造性は新しい組み合わせの産物である。違った文脈のものを化学反応させることによって生まれるのだ。

媚びない人生
コンテンツ提供元:ジョン・キム

これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...