男性用ピルも実現?大阪大学が新たに「精子のナゾ」を究明!

2015年10月1日米科学誌「Science」オンライン版に、ある日本の化学研究が大きく発表された。大阪大学微生物研究所が、マウスを使った実験で突き止めたのは、精子が正常に機能するのに欠かせない酵素の役割。この酵素の働きいかんで不妊にもなるという。

この新発見は、日本よりも欧米で関心が高いようで、「Elite Daily」はすぐに詳細記事を掲載。どうやら、彼らの興味は“男性用避妊薬”の急先鋒という見方が強いようだ。

精子の発達と運動性を抑制
不妊症究明に新たな一手

262883915male-pill

The Daily Beast」の報告によると、日本の研究者たちは、精巣に多く含まれるカルシニューリン(脱リン酸化酵素)という酵素を阻害することにより、精子の発達と運動性を抑制することを発見しました。この研究にあたった、大阪大学の微生物病研究所のチームは、カルシニューリンに含まれる「PPP3CC遺伝子」と「PPP3R2遺伝子」という2つのタンパク質に注目。雄マウスに対して、避妊薬としての役割を果たすことができるかどうかを調べました。

研究者たちは、マウスを操作してPPP3R2遺伝子を少なく、PPP3CC遺伝子を生成できないように抑制。雌のマウスをこれらの雄マウスと交尾させてみたところ、雌は妊娠はしなかったと、「Los Angeles Times」は伝えています。
このことから、雄マウスの生殖機能に衰えが生じることが判明。雄マウスの精子は、雌の卵子を取り囲む、透明帯と呼ばれる膜を貫通することができないことが実験から明らかになりました。研究者らは、精子に推進力を与える尻尾が柔軟に曲がらないことが、卵子まで到達できずに受精を困難にしている事実に至ったようです。

 男性用ピル開発の急先鋒に?

210072529

次のステップでは、PPP3CC遺伝子とPPP3R2遺伝子を含む酵素を阻害する目的で「シクロスポリンA」と「FK506」の2種類の薬を投与しました。シクロスポリンAおよびFK506は、臓器移植を受けた人が新しい臓器に対して、拒絶反応を起こさないようするために通常使用されるものとして知られています。
その結果、これらの薬を投与されたマウスは、2週間で生殖能力がなくなり不妊に。投与を中止したところ、1週間後には再び生殖機能が戻ったそうです。阪大研究チームは、報告書の中でこう記しています。

「マウスにおけるこれらの結果を考慮すると、精子の酵素を意図的に阻害することができれば、元の状態に戻ろうする作用を活かした、男性用の経口避妊薬となる可能性は十分にあります」

従来の男性用避妊薬といえば、精管への直接注射で投与される「Vasalgel」が注目されていました。しかし、今回の結果は新たな避妊法の確立とも言える大発見ではないでしょうか。
将来、男性用ピルになるかもしれないこの薬は、体を傷つけない非ホルモン性。いっぽうで女性用のピルは、ホルモンに対する影響など、副作用が生じる可能性が今も懸念されているからです。将来的な男性用のピルによって影響を受ける唯一のものは、精子だけのようです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
カゼをひいた、胃が痛い、目が疲れた…そんなとき私たちは「薬」に頼ります。誰もが当たり前に行っている行動にも、実は、デメリットが潜んでいる可能性もあるそうで...
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
あなたは今、どんな庖丁(ほうちょう)を使っていますか?きっと、百貨店やスーパーで販売されている量産品のものを使っている、という方が大半だと思います。今回の...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわ...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
ストレスが解消され、気分がグッとよくなる。そんな薬があったらうれしいですよね。ここで紹介するのは、そんな効果のある薬「Nature Rx」のコマーシャル動...
クリスマスの夜、会いたくても会えない人たちのためにーー。東京と大阪。約400kmもの距離を1つのテーブルでつなぐ“特別なレストラン”が、期間限定で開店しま...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
今から97年前の今日、1920年2月5日。慶應義塾大学と早稲田大学に、国内で初となる私立大学の認可がおりました。現在まで築きあげられた慶應と早稲田の歴史、...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...