パリとロンドンを比較した、10枚のイラストが話題に

パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信するウェブメディア「Paris Zigzag」。
ここで紹介するのは、彼らが制作したパリとロンドンを比較する10枚のイラスト。少し誇張はあるにしろ、食生活やナイトライフなどあなたの知らない違いがあるかも。

パリとロンドンは
一緒ではありません!

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.30Photo by Paris Zigzag

まず、天候が違います。ロンドンの雨の量は尋常ではありません…。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.42Photo by Paris Zigzag

ロンドンのバスに比べると、窓が解放されていて写真が撮りやすいパリのバス。観光客にとってはありがたいですね。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.52Photo by Paris Zigzag

これは夜のクラブでの典型的な光景。お酒を楽しむパリの人たちと、お酒に飲まれるロンドンの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.59Photo by Paris Zigzag

両都市の大きな違いは、地下鉄の金額。ロンドンは世界的にも高いことで有名です。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.03Photo by Paris Zigzag

自然や動物をこよなく愛するロンドンの人たちの一方で、毛嫌いするパリの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.13Photo by Paris Zigzag

政治に対し批判的なパリの市民。それと比べて、愛好的なのがロンドン市民。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.22Photo by Paris Zigzag

ビールの価格が安いのはロンドンの特徴。1杯あたり2.5ポンド(約450円)に対し、9ユーロ(約1,200円)と割高なパリ。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.42Photo by Paris Zigzag

大好きな食事も違います。パリで根強い人気を誇る、タルタルステーキ(日本で言うユッケのようなもの)。一方でロンドンのソウルフードは、フィッシュアンドチップス。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.50Photo by Paris Zigzag

ロック好きなフランス人と、フォークソング好きなイギリス人。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.44.08Photo by Paris Zigzag

ロンドンでは休日でもほとんどのお店がオープンしていますが、パリで開いているレストランを探すのは一苦労。

Licensed material used with permission by Paris Zigzag

フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
知らず知らずのうちに激変している、私たちの生活スタイル。今や当たり前となったスマホも、10年前の人に見せたら仰天するかもしれません。ここでは、インド系のウ...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
続々新作を更新しているDavid Zandman氏の作品「2 Kinds of People」を改めて紹介します。人々の行動に表れるちょっとしたクセが、2...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...