日常をもっと豊かにする。ヒヤシンスの「水栽培」での育て方

ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。

語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまるで美少年を投影しているかの様です。紫色の他、青やピンク、黄色などさまざまなカラーを楽しめ、インテリアとしても華があります。

今回は、インテリアとして部屋にヒヤシンスを飾りたい方に、水栽培での育て方について紹介します。

水栽培を始める時期と球根の選び方

000005468320_Large

ヒヤシンスの開花時期は、2月から4月にかけて、水栽培の場合は、11月から12月にかけてが育て始めるのに適していると言われています。まず、ヒヤシンスを育てるのに重要なのが球根選び。球根次第では、しっかりと育たないこともあるので注意したいところです。

ヒヤシンスの球根には主に2種類があります。ダッチとローマンと呼ばれるものです。水栽培を行う場合は、ボリューム満点のダッチの方が向いているので、ダッチ系のものを選ぶようにしましょう。

また、既に芽が出ている球根を選ぶこともポイントです。ヒヤシンスは芽を出すまでに一苦労する植物。既に芽が出ているものを買うことによって、成長しないなどのトラブルを防げるうえに、初心者でも簡単に栽培することができます。できるだけ傷のついていないきれいなものを選ぶようにしましょう。

たった4ヶ月で開花?!ヒヤシンスの成長過程

ヒヤシンスの水栽培を始めて1週間から10日ほどで根が生えてきます。1ヶ月もたつと、根は5cmほどに。もしも発育が悪い場合は、水が多いからかもしれません。球根の根元が水につからないように調整します。

その後もヒヤシンスは成長を続け、だいたい2ヶ月経つと蕾ができ始めます。いよいよ開花の準備です。そして、花が開花するのは、2ヶ月半を過ぎたあたりから。ヒヤシンスは、一度花がしおれてきても、再度小花も楽しめるので約1ヶ月は花を楽しむことができます。

1月までは冷蔵庫で冷やして育てる

000012469068_Large

ヒヤシンスを入れるビン(もしくはペットボトルでも可)が決まったら、買ってきたヒヤシンスの球根の土を手で優しく洗い、しっかり洗い流します。同様に、ヒヤシンスを入れるビンもしっかりと洗ってあげましょう。

準備ができたら容器の中に水と共に根腐れ防止剤を一握りほど入れます。あとは、水の入った瓶に球根をのせるだけ。

ヒヤシンスは、一定期間は低温で置いておかないと芽や花がつきにくい植物です。1月までは辛抱して、冷蔵庫で保管するのが育て方のコツです。週1回の水替えは忘れずに。

ヒヤシンスの開花までと花の楽しみ方

冷蔵庫で1月まで保存したら、ヒヤシンスを外に出すタイミング。今度は、暗くて冷たい場所ではなくて、日当たりの良い場所に置くようにしましょう。ヒヤシンスを日に当てることによって、成長が促されます。このころには、インテリアとしても楽しめそうです。

そしていよいよ、開花の時。はじめは1本の茎からボリュームたっぷりの花を楽しむことができます。しかし、ヒヤシンスの楽しみ方は1回で終わりではありません。花がしおれてきたら、根元から茎を切ることによって、新たな花が咲きます。ボリュームは1回目と劣ってしまいますが、小花がちょんちょんと出てかわいらしい印象です。

ヒヤシンスでライフスタイルを彩りませんか?

h

ヒヤシンスは、1ヶ月もの間花を楽しむことができる植物。インテリアとしてもおすすめです。インテリアとしておしゃれに飾りたいのなら、迷いどころがヒヤシンスをいれる容器。

初心者におすすめなのは、根の状態も一目で分かる、半透明のガラス容器です。くびれがついたガラス容器などは、キュッとしていておしゃれですね。話題のメイソンジャーに入れても良いかもしれません。上級者なら、陶器や金属製の容器に入れても良いですね。

ヒヤシンスの水栽培は、水替えも週に1回程度と特に手間がかからず、初心者にもおすすめの植物です。さらに、4ヶ月という短期で成長を楽しめるのも魅力的。インテリアに華が足りないなと感じているなら、このヒヤシンスの育て方や時期を参考に、ぜひヒヤシンスを取り入れてみてください。

砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
キンモクセイ(金木犀)は、その優雅な香りから、「3香木」のひとつに数えられています。あなたも、可憐で香り豊かなキンモクセイがある暮らしを始めてみませんか?...
植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え...
屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...