旅行者7億人超え!中国の「渋滞」が想像を越えてた

高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生しているわけです。しかも、50レーンあった車線が20レーンに減る究極の渋滞ホットスポットだというから尚更。

さすがは2013年に人口13.5億人を突破しさらに人口増加を続けている国。渋滞のレベルが段違いです。

旅行に出かけた人数
推定"7億5千万人"

Medium e4121c0921f9162b869b83e9343207f01f4936d7Medium 8019d91f8e6aecadc8ab95f8b6dbc7cb3a19dd6eMedium 34efc0e85c4113025bd265ee6b4c9bdc479fb689

よく見ると車のドアを開けて外に出ちゃっている人もチラホラ。進まなすぎて我慢がならないのでしょうか。Mashableが報じている中国国家観光局(CNTA)の推定によれば、7億5千万人もの人々がこの祝日に旅行へと出かけたそう。

多かれ少なかれ、どこの国にも連休の渋滞は発生するものですが、とはいえこれほどの大渋滞は他に類を見ないのでは?YouTubeにはUSA HIGHLIGHT NEWSによる空撮映像も公開されていますが、凄まじいの一言ですね。

Licensed material used with permission by © Whitehotpix via ZUMA Press.com
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
週末の高速道路。事故渋滞で上下線共に通行止の大渋滞。これだけでもう、巻き込まれた人たちの気持ちに察しがつくもの。ところが、ある4人の機転で、その場にいた誰...
待ちに待った彼との初旅行!楽しみなのはもちろん、じつはちょっと不安もあったり。なぜなら、一緒に旅行をすると、本当の意味での相性や価値観など、いろんなことが...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...