癒しある暮らし。ポトスの「水耕栽培」での育て方

つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくりには重宝する「ポトス」の育て方を、具体的にご紹介していきましょう。

ポトスを水耕栽培で
育てる方法とは?

potho-hydroponic-culture3

土に植えてあるポトスから、葉を数枚つけている茎や若めの株を切り、水耕栽培によって、ポトスを手軽に育てたり、増やしたりすることができます。ポトスの水耕栽培に適している時期は、5月から6月にかけての暖かい季節で、冬はポトスの休眠期に当たるため、水耕栽培を始めるのは控えた方がよさそうです。

水耕栽培の方法は、ガラス製のカップなどの容器に水を張り、地植えのポトスから剪定した茎や株を挿すだけで完了です。水耕栽培用に剪定した茎や株は、挿す前にしっかりと汚れや土をすべて洗い流し、清潔な状態にすることが大切です。

水耕栽培で、ポトスの株を増やしたい場合には、栄養を与えて成長を促進する役割がある、水耕栽培用の植物活力材を購入し、適量を加えてあげましょう。茎や株を水に挿した容器を、2週間ほど暗めの場所に置いておくと、下から自然と根が伸びてきます。

ポトスのお手入れ方法で
知っておくべきことは?

potho-hydroponic-culture4

ポトスの日々のお手入れで気をつけるべきことは、主に、日当たりと水換えの2点です。

ポトスにとって最も適した環境は、直射日光を遮ってくれるカーテン近くの比較的明るい場所です。ポトスは、日当たりが良いところを好みますが、直射日光が当たると「葉焼け」を起こして、鮮やかな緑色の葉は、少々白みがかってしまいます。「葉焼け」を起こした葉っぱは、元には戻らず、枯れてしまうこともあるので、注意が必要です。日陰であっても、蛍光灯などの照明が当たる場所であれば、ポトスは育ちますが、一日中薄暗く窓がない環境では、十分に光合成ができないため、成長することは難しいようです。

水換えはこまめに行い、水に浸かっている部分にぬめりが出てきたら、きれいに洗い流すなどして、常に新鮮で清潔な状態を保つことが大切です。とくに夏場は、水自体が腐りやすいため、できる限り毎日水換えをしてあげましょう。

ポトスは寒さに弱く、気温が8度以下になると元気がなくなり、冬の寒い部屋に置き続けると根腐れの心配が出てきます。根や葉っぱがかなり伸びてきたときに、そのまま水耕栽培を続けていると、成長が止まって枯れてしまうこともあるので、ある程度大きくなってきたら、鉢植えなど土に植え替えをしてあげましょう。

ポトスをおしゃれな
インテリアとして活用しましょう

potho-hydroponic-culture2

ポトスには、約50種類にものぼる品種があり、好みに合ったポトスを育てて、室内のインテリアや装飾として活用できます。成長が比較的早めで、グリーンを基調とした葉っぱに淡い黄色の斑が入っている「ゴールデンポトス」は、室内のチェストや棚から、つるを垂らして、オシャレなアクセントとして利用できます。場所に応じて、横方向にポトスのつるを這わせると、また違った雰囲気が演出できます。

「ゴールデンポトス」と同じくらい成長が早めで、濃厚で鮮やかなグリーン一色の葉が楽しめる「パーフェクトグリーン」を、天井からフックでつりさげて「ハンギング」スタイルを楽しむ方法もあります。ちょっとしたすき間を有効活用して、優雅な雰囲気を作り出したいときには、ポトスのつるを支柱となるようなラックなどに絡ませて、上に伸びるようにしてあげることにより、違った印象が楽しめます。

今からすぐにでも始められるポトスの水耕栽培を活用して、部屋の雰囲気を変えてみませんか?澄んだライム色の葉がきれいな「ライムポトス」を使って、部屋を明るくポップな印象に変えてみるのも有意義な楽しみ方のひとつです。

部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまる...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
湿気などの影響で、嫌なにおいが出る場合もあるでしょう。そんなときは、空気中の水分で育つ植物を置いてみるといいかもしれません。「Food52」で、植物学者の...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...