「お金に好かれる人」と「お金に嫌われる人」の10の違い

世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがどう違うのでしょうか。

01.
お金に対するイメージが違う

146762978

お金に好かれる人は、お金に対して良いイメージを持っています。たとえば、お金があると大好きな家族と一緒に食事ができるとか、自由になんでもできるとかお金を持つことに肯定的なイメージがあります。

一方でお金に嫌われる人は、お金を汚らわしいものだと考えています。お金を稼いだり使ったりすることは良くないことだというイメージを持っています。

02.
お金の使い方が違う

お金に好かれる人は、お金を刹那的には使いません。たとえばギャンブル。一時的なストレス発散になりますし、一攫千金も狙えるかもしれません。しかし、このようなお金の価値を分からない使い方をするとお金には嫌われてしまいます。

03.
お金を払う時の気持ちが違う

_126762212

お金に好かれる人は、必要なときに支払うお金があることをありがたいと思っていますから、支払うときには「ありがとう」と言います。

お金に嫌われる人は、払わなくていいなら支払いたくないと思っていますから、支払いのときは損をしたと思ってしまいます。

04.
お金を払う先が違う

お金に好かれる人は、自分がお世話になっているところにお金を使います。たとえば家族やお世話になっている人に素敵なものをプレゼントしたり、食事に誘ったり、お礼をしっかりお返しします。

お金に嫌われる人は、もっぱら自分のためだけにお金を使います。

05.
お金の扱い方が違う

_229763218

お金に好かれる人は、お札はもちろん向きを揃えてピシッと並べて財布にいれ小銭もきちんとしまいます。

お金に嫌われる人は、お札はくしゃくしゃにして入れ小銭はジャラジャラとポケットに入れています。

06.
お金を使うことに
対する考え方が違う

お金に好かれる人はお金を循環するものと考えていますから、必要なところに使えば必ずまた入ってくると知っています。

お金に嫌われる人は、お金は使えば無くなるものと思っているので、お金をなるべく出さないようにします。

07.
身の回りが
片づいているかどうかが違う

_262672037

不思議なことに、お金に好かれる人は身の回りがきちんと整理整頓されているものです。

お金も管理が必要なものですから、自分に関わるモノの管理がしっかりできていない人は、お金にもルーズになりお金に嫌われるということになるのでしょう。

08.
一人で何かをすることに
抵抗があるかないかが違う

お金に好かれる人は、人と違うことをすることを厭いません。結局その他大勢と同じことをしてしまうからお金を稼ぐ量が減ってしまうわけで、お金を得ようと思えば他の人がやらないことを一人でもやれることがポイントになります。

お金や仕事に対して自分のポリシーを持ち、他の人が何と言おうともやり遂げる孤独力がお金に好かれることになります。

09.
日常生活に感謝が
多いか少ないかが違う

233116459

お金を運んでくるのは人です。人が仕事やチャンスをくれるからお金を稼ぐことができるのです。お金に好かれる人はそのことを良く知っていますから、日々さまざまな人や出来事に感謝の気持ちを忘れません。

10.
時間管理ができるか
どうかが違う

お金に好かれる人は、時間の管理が上手です。時は金なりといいますが、仕事や作業にかかる所要時間を正確に出すことができる人は仕事が正確に読めるので、相手から信頼されるよい仕事ができます。

お金に好かれる人とお金に嫌われる人の間には歴然とした差があります。この違いを知って、お金に好かれる人の習慣を身につけたいですね。

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
同じような態度で子供と接していても、人によっては子供に好かれる人または嫌われる人と、極端な違いを見せる場合があります。しかし両者の間には、ある特徴が隠され...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
幸せの定義って難しいですよね。価値観は人それぞれだし、幸せだと思っていたことが、ある日とつぜん180度ひっくり返ることだってあります。でも、「Elite ...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
「幸せはお金では買えない」とは、よく耳にする言葉ですが、はたして本当にそうなのか?科学を分かりやすく動画で解説する「AsapSCIENCE」が両者の相関関...
あの人の話はいつまで聞いていていも飽きない、あの人と話しているとなんだか気持ちが軽くなるという人が周りにいませんか?そういう人は自然と人に好かれる話し方を...
インターネットの登場により、お金と人の関係は劇的に変化しました。人と人とのつながりをより重視する世の中へと価値が変化しています。自著『なぜ日本人は、こんな...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
生きていくには、確かにお金は必要です。でもだからといって、お金に振り回されるような人生は避けたいですよね。ここでは名言ハンターの大山くまおさんの著書『「が...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
私は税理士として、たくさんの方とお付き合いするなか、事業がうまくいっている人ほど「お金は儲けるものはなく、稼ぐもの」という意識でいると感じます。ここでは、...
お金をかけたら楽しい週末が過ごせるのでしょうか?確かにお金がないとできないこともあるので選択肢は増えますが、それが必ず有意義で楽しいかというとそういうわけ...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...