ハム、ベーコン、ソーセージの発ガン性リスクについて、WHOが調査した結果・・・

ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあったようだ。この報道に、加工肉を愛する欧米諸国のメディアは、悲壮感にも近いコメントを寄せている。

 タバコと同じレベルの発ガン性?

9768140 (1)

「アメリカ人のベーコンへの執着は、想像以上に不健康なのかもしれない」Washington Post「アメリカ人にとって、最悪なニュース」National Public Radio「専門家は、ベーコンが喫煙と同じ脅威だと主張している」The Telegraph「ベーコンラバーの皆さん、パニックになる必要はない」Slon.com「加工肉がガンを引き起こす。WHOの発表にTwitterが炎上中。『なあ、ベーコン。どうしたっていうんだ?』」RT

「発ガン性が十分に認められ、大腸ガンのリスクも懸念する必要がある」。WHOの外部組織「国際ガン研究機関(IARC)」が公表した調査結果は、一夜にして世界に衝撃を走らせた。

加工肉が喫煙による危険性と同じ“ステージ1”に指定されたからだ。さらには、牛、豚、羊、クジラなど赤肉にも、「発ガン性の恐れがある」として“ステージ2”に。

そもそも、WHOが定義している加工肉とは、製品として風味を高め、長期保存を可能にするために、加塩、硬化、発酵、燻製あるいは、他のプロセスを介して処理された肉のこと。言わずもがなベーコンだけにあらず。ハム、ソーセージ、コンビーフ、ビーフジャーキー、さらにはミートソースなど肉を含んだソース類。どれも、日頃から日本の食卓にもあがる慣れ親しんだ食品だ。

毎日50gで18%のリスク増
食べ過ぎには注意が必要

293771135

IARCの専門家らによると、加工肉を毎日食べ続けた場合、50グラムごとに大腸ガンのリスクが18%上昇していくと結論づけた。

「加工肉の消費が少なければ、大腸ガン発症のリスクも小さなものですが、消費量によってその危険性は高まっていきます」

調査にあたった研究員Krut Straif氏のコメントを掲載した「The Gurdian」。加工肉や赤肉の多量摂取が、大腸ガン発症の原因となっていることを説いてきたオックスフォード大学の免疫学者、Tim Key教授の研究を引き合いに出して、過度な消費を見直すべきとの姿勢をとった。

WHOも、「加工肉を消費する多くの人々のためにも、発ガンのリスクに関する報告は、公衆衛生上からも重要なものだと考えている」との見解を公示。いっぽうで、肉類を食べることによる健康上のメリットにも触れている。

 早くもベーコンに変わる
代用食材の話題まで

_000014307156_Medium

年間一人あたり平均8.1キロを食す、ベーコン大好きアメリカ人。今回の結果に悲観的な報道も見られるものの、メディア「UPROXX」には、すでにこんな対策案が登場している。

「ベーコンを食べないという選択肢の方が懸命なのかもしれない。でも、大丈夫。最近発見されて話題となっているベーコン味の海藻(ダルス)で代用すれば、ヘルシーだし、この先いくらでもBLTサンドを楽しむことができる」

もちろん、これらは国外の事情。日本人の一般的な消費レベルでは、何も不安がることはないはず。ただし、何事もほどほどに。それが健康的な食習慣のベースなのだから。

Reference:WHO , The Gardian ,UPROXX

 

ハムとベーコンの違いをご存知ですか?あなたは、それぞれの特性を活かした料理に活用していることでしょう。しかし、実際には何が違うのかをご存知の人は少ないかも...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
このふたつ、明確に使い分けている!という人はかなり通なイメージ。なにが違うんでしょう?ドヤ顔で説明するチャンスを得るべく、ちょっと調べてみました。「ソーセ...
もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
生活の中で当たり前に使用している日用品は、自分の性格や癖、さらには健康にまで影響する可能性がある。と説くのは「Collective-Evolution」ラ...
普段、私たちが何気なく口にしている食品や飲料。実際、どんな原料が使われていてるのか、不透明な部分もあります。ここでは、渡辺雄二さんの著書『今いちばん知りた...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
最近は、男子のことをその性格や見た目に合わせて「○○男子」という言い方がよく使われます。女子に対してガツガツ向かう「肉食男子」、自分からはなかなか進めない...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。開発はアメリカの企業「Corgeni...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あなたはロジカルな人間ですか?「Big Think」では、政治学の教授であるSteven V. Mazie氏があなたの論理性と合理性を調べるクイズを書いて...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...