ロングトレイルは、「いまこの瞬間を楽しむ」スタイルだー佐々木俊尚ー

わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。

でもそうやって歩いているうちに、「ただひたすら登って、山頂に着いたら、後はただひたすら下る」というスタイルに疑問を持つようになってきた。そもそもわたしは山道を歩くのが好きなだけなので、別に山頂なんか行かなくたっていいんじゃないか?

そういう時に出会ったのが、「ロングトレイル」というスタイルだった。数年前のことだ。

shutterstock_183233003

ロングトレイルが好きだというと、「登山道を走るやつ?」とよく誤解されるけれど、あれは「トレイルラン」。ロングトレイルは走らない(走っても構わないけど)。山頂を目指すのではなく、登山道や田畑のあぜ道、牧場の中の踏み跡、ときには車道などを歩いて、ただひたすら横に移動していくハイキングのやりかたのことだ。

shutterstock_212870275

ロングトレイルはもともとアメリカで始まったスタイルで、延々3500キロもあるアパラチアントレイルなどアメリカにはたくさんのトレイルがある。このスタイルを日本に紹介したのがバックパッカーの故加藤則芳さんだった。

その後ロングトレイルの協会もできて、日本のあちこちにさまざまなコースが設定されている。わたしは最近、八ヶ岳山麓スーパートレイルを好んで歩いている。八ヶ岳というのは2800メートルぐらいの高山がめんめんとつながっている山脈だけど、このスーパートレイルは山頂にはまったくたどり着かない。山脈のふもとをぐるりとまわるだけなのだ。一周するとだいたい200キロ。林道や登山道を伝いながら横へ横へと移動していく。
ロングトレイルを歩いていると、不思議な感覚が浮かんでくる。ふつうの登山だと、目標は明確だ。「山頂まであと3時間か」「あの急登をこえれば稜線だ。あと少しがんばれ」「目の前に見えるピークが山頂だろうか。早くたどり着きたい」。

shutterstock_261681527

しかしロングトレイルには、目標がない。いちおうは「今日はこのぐらい歩けるかな」というゴールを考えるけれど、そのゴールは決して明確な目標ではない。単なる目安の地点にすぎないのだ。いちおうの終わりはあるけれど、終わりをめざしているわけではない。

だから歩いていると意識は、「自分は永遠にこの道をたどっていくのだ」という漠然とした認知の中へと沈んでいく。どこまでもどこまでも、ただ道が前にあり、足が動く限り、旅が続いていくのだという感覚。いま歩いていることの気持ちよさだけが、意識の上を流れていくような感覚。自分がいまある状態を楽しむということ。

そう、いまこの瞬間を楽しむということ。この感覚は、2010年代という時代にとてもマッチしているのではないかと最近考える。右肩上がりの成長という幻想がなくなっていく社会の中で、わたしたちにとっていちばん光り輝いているのは「明日」ではなく「いま」なんじゃないだろうか。

この世界で生きていくためには、いまそこにあることを楽しむしかない。「現在」に喜びを見いだすしかない。そういう無意識が、持続的なスポーツであるランニングや登山、水泳、自転車をおおくの人が好むようになっている背景にあるのかもしれない。

shutterstock_321921791

不安を抱いていても解決はしない。とりあえず今を楽しみ、その中で見えてくる何かに期待しよう。わたしたちの人生は、そういう持続の先にこそ存在しているんじゃないかな。

佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
『INNOVATION OF WORK』~あなたと共に「働くを新しく」する、1日限りの限定トークイベント~presented by CRAZY × TAB...
チャーハンの失敗のほとんどは、べちゃっとなっちゃうこと。これをどう防ぐか。ポイントは、①冷ご飯を使う②徹底的に火を入れる③味つけは最後に。このあたりですね...
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...
究極のかんたん料理。「えっこれだけ?」というシンプル手順だけど、じゃがいもの素材感を満喫できますよ。上質なオリーブ油と塩だけで十分旨い!<材料>じゃがいも...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...