「親のためにサッカーをしているのではない。」サッカークラブが保護者に送ったメッセージに賞賛の声

とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。

本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…なんてことは、どこの国も同じようですよ。

“心の成長”を優先した
クラブ方針が全米に浸透

ht_sign_lb_151020_12x5_1600

件のクラブは、コロラド州デンバーのグランドジャンクションFIRE FC。賞賛されたのはその育成方針です。まずは、上の写真に書かれた内容に注目しましょう。

【子どもたちが気づかせてくれること】・ボクらはまだ子供です・これはスポーツであり、単なるゲームです・コーチだってみんなボランティアなんです・審判だって、もちろん人間です・大学への奨学金が支給されることを期待したりしないでください

「我が子をもっと活躍させてほしい」、「スポーツ推薦や奨学金がもらるようなクラブのスター選手に育ててほしい」そんな親たちからの要望が後を絶たなかったそうです。行き過ぎた親の期待にクラブ側が出した答えが、子どもたちの目線に立ったこのメッセージボードでした。

スキルアップよりも
楽しさを優先

30173066

4歳から18歳までの子どもを育成しているFIRE FC。このボードは、11歳以下のジュニアクラスに通う親に向けたもの。そこが最大のポイントです。

「このクラスは本来、サッカーを通じて楽しむことを学び、チームや仲間との親睦を深めるのが目的です。ですから、子どもたちに過度なプレッシャーをかけてほしくないと、私たちは願っています。子どもたちが成長していくなかで、いつか自分から『もっとサッカーに打ち込みたい』と思う時がくるかもしれません。ですが、それを今、この場で提供するということは、私たちの願うところではないのです。サインボードを掲げたこの2年、私たちは親御さんたちの態度の変化を見てきました。私たちの考え方を支持し、とてもポジティブな影響を感じてくれています」

他の子どもと比較したり、競争心を前面に押し出す育成スタイルではなく、のびのびとサッカーを楽しみ、仲間意識やスポーツマンシップを、まずは子どもたちに養わせること。それがクラブが掲げる方針だったのです。

さて、このメッセージを撮影しFacebook投稿した結果、全米に拡散したばかりか国外からも、クラブへの賞賛コメントが届いているそう。「テクニックよりもスポーツマンシップを優先する素晴らしい方針」と、サッカーに限らず他のクラブスポーツにも、FIRE FCの信念が浸透し始めていると「ABC News」も報じるほど。
全米3,000万人以上の子どもたちが、あらゆるスポーツに取り組んでいます。そのうち7割近くが、13歳までに挫折を味わい、競技から離れていってしまうことがミシガン州立大学の調査研究から判明しています。そんな背景も少なからず影響しているのかもしれません。

 Reference:ABC News
Licensed material used with permission by FIRE FC

現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセ...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
変わり種のハンモック『パナマバナナ』を制作したのは、リトアニア在住のアゴタ・リムサイトさん。ヴィリニュス芸術アカデミーで、インダストリアルデザインを学ぶ生...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
元サッカー部、もしくは今もサッカーを続けている男性とお付き合いをしている女性に質問です。彼はどのポジションですか?「Elite Daily」によると、サッ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...