寛大な心を持つためにするべき7つのこと

あなたは、寛大な心を持ちたい!と思ったことはありますか?いつもイライラした雰囲気を放っている人には、他人が寄りつかず、反対に寛大な心を持つ人には、他人が寄ってきます。

その人たちはあなたの寛大な心に感謝し、いざという時には、あなたの望みを叶えようと力を貸してくれることでしょう。

そんな寛大な心を持つためにするべき7つのことをご紹介します。

01.
深呼吸で寛大な心を育む

204551422

深呼吸には、副交感神経を活性化させ、心身をリラックスする効果があることがわかっています。

深呼吸したときは、吸ったときにお腹が出て、吐いたときに凹むのが正しい方法です。もしあなたのお腹の動きが逆になっているのなら、正しい腹式呼吸ができるよう練習しましょう。

02.
寝る前の瞑想で
寛大な心を定着させる

深呼吸も有効ですが、もっと有効なのは、瞑想です。

寛大な心をなかなか持てない……という人の多くは、せっかちで忙しく、ゆっくり頭を冷やす時間もない、と考えています。ところがそれは間違いで、忙しいからこそ、頭を落ち着かせる時間を持たなくてはなりません。

寝る前に、深呼吸をしながら、目を閉じ、宇宙や銀河を眺めている気分になりましょう。瞑想することに慣れれば、結果的に寛大な心がついてきます。

03.
自分=常識では
ないことを再認識する

Business patient

寛大な心を持てない原因のひとつは、「自分が常識的で、相手は非常識だ」という思い込みです。

普通なら、自分のようにできるハズ、自分のように考えるハズなのに……という怒りが、寛大な心をどこかへ追いやってしまうのです。

自分=常識、ではないことを覚えましょう。

04.
相手の気持ちを考えられる
客観性を身につける

寛大な心を持てないという人は、自分の物差しで相手の行動を測りますので、相手は相手なりに頑張ったということや、相手がよかれと思って行ったということが理解できません。

そして、結果的に相手のことを罵倒し、相手の心に「自分なりに一所懸命やったのに……」という悲しみや、反発心を呼び起こします。

客観的に、相手がどのようにして現状を引き起こしたのか? と考えてみましょう。

05.
寛大な心があれば、
あなたにもたらされる
利益について考える

Couple of man and woman breathing deep fresh air

寛大な心がもしあったら、どんな利益が自分にもたらされるか、考えてみましょう。

あなたがもし、お母さんなら、子どもが懐き、隠し事をしなくなり、将来にわたって良好な関係を築くことができるでしょう。あなたが会社の上司なら、部下とのホウレンソウがスムーズになり、チームワークも効率もあがるはず。

寛大な心を持つメリットをきちんと認識することで、あなたも寛大な心を持ちたくなるはずです。

06.
「まあ、いいか」
という抜け感を持つ

寛大な心が持てない! というとき、その大きな原因のひとつに「完璧主義」があります。

まあ、いいか……と見逃していいことばかりではないのも確かですが、失敗したからといって何がそんなにまずいのか? と一度考えてみてください。そこで怒り出すよりも、寛大な心をもって処置したほうが、よほど利益が大きいケースも多々あるはずです。

07.
寛大な心は
あなたの中にあることを知る

_79823446

時折、「寛大な心なんて、私にはない! ないから、持てない。だから、あなた諦めて」と仰る方も。

確かに生来、寛大な心が持ちにくい性格の方もいらっしゃいます。しかし、それでも、寛大な心は、あなたの中にあります。

大切なのは、自分の可能性を信じることなのです。

いかがでしたか? 寛大な心はあって損なし、なくて損だらけ。寛大な心を持とうという気持ちがあれば、今日から少しずつ、これらのワークを実行してみてくださいね。

ハワイ語の特徴のひとつが、独特のやさしい語感と響き。それでいて、伝統と奥深さを秘めています。ここではハワイで古くから伝わる言葉のなかから、心を揺さぶる7つ...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
仕事やプライベートで逆境に見舞われたときに、「折れない心をもった人」と「心が折れる人」がいます。特にビジネスの場では、折れない心は「仕事がデキる人」として...
「この人付き合いづらいな〜」と思うのは、どういう人でしょうか?ネガティブな人、自意識過剰な人、知ったかぶりをする人など、挙げはじめたらいろいろと出てくると...
アメリカの先住民族であるネイティブ・アメリカン。彼らは自然を愛し、人を敬うことで知られています。ここで紹介するのは、「Higher Perspective...
「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...
生きている限り、どうしても避けることのできない不遇に見舞われることがあります。自身の努力では到底太刀打ちできない事象に出会ったとき、どのようにして乗り越え...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
本当のことを言えば、心が狭い人と一緒にいてもメリットなんてないから、できるだけ付き合いたくない。でも、なかなかそうもいかないわけで…。どうしたら「適当なお...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
仏教の開祖として知られている、ブッダ。彼の残した言葉は、時代を超えて多くの人の共感を呼んでいます。ブッダの残した言葉は、どれだけ時を経てもなお、多くの人の...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
「Elite Daily」のライターAlexia LaFata氏は、著名な心理学者が提唱する心の知能指数(EQ)を向上させる方法を紹介しています。憧れのあ...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...