【要注意】寝ている間にiPhoneをアップデート。世界中で寝坊する人が続出

世界中のiPhoneユーザーがいま、不安な夜を過ごしている。とは少々言い過ぎだが、うかうか寝ていられない状況に代わりはない。なぜって、最新のiOSを「夜中にアップデート」したら、翌朝アラームがまったく鳴らないのだから。

iOSアップデートしたら
目覚ましが鳴らない!?

IMG_9247whagasdjags

2015年10月22日より提供開始となった「iOS9.1」に、早くもトラブル発生。アップデート時のオプションとして、前身の「iOS9」より追加された機能「夜間にインストール」を選択すると、iPhoneが電源に接続(充電)されていれば自動的にアップデートを行ってくれるというもの。ところが、この処理において、セットしていたはずのアラーム機能が、すべて解除されてしまうというバグが起きるというから、目覚まし時計代わりに利用している人にしてみたらたまったものではない。

Twitterに寄せられた
被害者たちの“嘆き節”

_217875652

最新のiOS9は機能面が進化、バッテリーの持ち時間も向上したものの、ダウンロードに要する時間が若干伸びた。そのため、寝ている間にダウンロードを済ませてしまおうというユーザーが多かったのも頷ける。ただ、まさかアップデートによってアラームがリセットされるとは、知る由もなかったはずだ。「Gawker」はTwitterに上がった、世界中から被害者たちの嘆きを紹介している。

「アップデートしたら目覚ましが鳴らなかったんだけど、他にも被害者がいるはずだ」「夜中にアップデートしたせいで学校に遅刻したじゃないか!」「『夜間にアップデート』を選んだばっかりに、アラームがならず会議に遅刻…。なあApple、誰が上司に言い訳してくれるって言うんだよ?」

さて、この一連のバグについて、Appleは今のところ公式な発表は出してはいない。わずか33日間という短期間でベータ版を開発投入したAppleだが、「結果的にそれが裏目に出たる格好になった」と、今回の夜間アップデート騒動を「Forbes」も大きく報じている。

さて、現在アップデートを検討している人は、就寝時は避けるか、翌朝の予定を確認してからにしたほうが良さそうだ。

Reference:Gawker , METRO , Forbes

 

「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
iPhone6が発売された時に話題になったのが、その耐久性。ポケットに入れると曲がってしまう現象は、写真とともにSNSで注目され、さまざまな耐久テスト動画...
先日、Appleが公式Youtubeで初となる「iPhone 7 Plusで綺麗にポートレートを撮る方法」を公開。さぞ知られざる裏ワザなのかと思いきや、意...
2016年秋のリリースが期待されているiPhone7ですが、一時期の「iPhone狂想曲」はやや鳴りをひそめ、着実なマイナーチェンジが予想されているところ...
ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、香港のAppleが次のiPhoneの機能に、先日発表されたMacBookやApple Watchに...
iPhoneに標準装備されている計算機アプリ。使っている人も多いかもしれませんが、通常はこんな画面になっています。シンプルで使いやすいお馴染みの画面。です...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
カメラを持つのは面倒だけど、iPhoneの画質では物足りない…。そんな人に最適なアタッチメントがこれ。Reference:Kanal von nclsde...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
私たちは、まだまだデバイスのポテンシャルを最大限に生かしきれていないのかもしれませんね。iPhoneで撮影した写真が集まる「The iPhone Phot...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
束縛男、つまり隠れモラハラ系男性とは、人間的な器が小さく、独りよがり。自分の価値観を女性に押し付けるタイプのことです。自著『ブラック彼氏』から、彼らの具体...
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?朝7時前、とある静か...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
先日発売されたばかりのiPhone6s(さらにはiPhone6s plus)。3D Touchスクリーンや12メガピクセルの超高性能カメラといった機能面に...