自動運転が実現すれば、未来の「電車・バス」はこんな感じに?(動画あり)

自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは自家用ではなく公共の交通機関に取って代わるもの。

スマホで目的地を入力
自動運転の連結カーゴ

スクリーンショット 2015-11-06 14.24.43

まだコンセプト段階とはいえ、次世代型のスマート交通システムと呼ぶにふさわしいこの「next」は、イタリアで実用化に向けて開発中。上のイメージ図にある、黒いゴンドラのような自走式のカーゴには、最大6人が乗車できるそう。
これが、ただ車の代わりに道路を走るだけなら、何も革新的なことはありませんよね。この革新的なnextの特徴は、行き先が同じカーゴ同士が次々と連結し、イモムシ状態に連なって移動したり、分離したりしながら、ドアツードアで目的地まで送り届けてくれる点にあります。

さて、カーゴはただ連結しているだけではなく、内部でシールド(窓)が解放され、乗客はバスのようにカーゴ間を行き来することも可能です。実はこの行き来が重要なポイント。目的地へと向かうカーゴへと、車内で乗り換える必要があるからです。それらすべてはスマホ操作ひとつで行い、“乗り換え案内”もすべてスマホ画面で管理できるんだとか。

カフェもトイレも
スマホで連結?

スクリーンショット 2015-11-06 17.07.07

まずは目的地を入力。距離や待ち時間を確認して、しばらく待っていると、情報を元に最寄りのカーゴがやってきます。いざ乗り込んだら、今度は乗り換えの指示に従い連結された車内を移動していきます。

スクリーンショット 2015-11-06 15.36.01

さらにはこんな利用法も。たとえば、移動中にコーヒーが飲みたい?そんな時には、移動販売式のスタバ車両(画像はあくまでイメージのよう)をスマホで呼び出しドッキングさせれば、店舗に立ち寄らなくたってOK。さらには、移動式トイレなんてのもあるみたい。

もちろん、移動できるのは人間だけではありません。物流業界にとってもコストやスピード面で、nextによる輸送システムの応用が生かされるはず。
通勤通学の足がnextに変わる、さらには物流ネットワークにも革命をもたらす。そんな時代の到来を予感させますね。

Licensed material used with permission by Tommaso Gecchelin

日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
ロシアで話題のイケメンYouTuber、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
まずは動画を見てみましょう。問答無用の愛らしさ。精巧なジオラマにも驚きますが、その上に敷かれたレールを、電車がくるくると走って回る様子がたまらなくイイ味を...
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブ...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...