京都の弁当箱専門店が仕掛ける「国際BENTOコンテスト」を知っていますか?

マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。

ここで紹介するのは、日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。

第1位
フランス(Aurélieさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.06.33

アルザス地方でよく食べられれるパン「Mauricette」を使った地元愛を感じるサンドイッチと、イチゴに飾られた蝶々を象ったニンジンの装飾(写真中央)の細かさ、カラフルでバランスのとれたお弁当が高評価のポイントだったようです。

以下、どれも甲乙つけがたい趣向を凝らしたサンドイッチ弁当が続きます。どれも色とりどりで美味しそう!

第2位
イギリス(Tamsinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.01

第3位
カナダ(Howardさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.20

第4位
ノルウェー(Priscillaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.34

第5位
マレーシア(Karenさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.51

第6位
アメリカ(Nuranziaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.01

第7位
フランス(Chloéさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.12

第8位
フランス(Raphaëlさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.25

第9位
フランス(Augustinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.36

第10位
日本(Mayumiさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.10.03

「サンドイッチ」をテーマにした今年のコンテストの優勝者は、フランス人のAurélieさん。2009年から毎年開催されるコンテストは、スタッフによる選抜の後、インターネット投票で優勝者が決まります。なんでも優勝すると、京都宿泊ペア旅行が特典で付いてくるのだとか。 世界各地、弁当箱も様々あるのが分かります。

さて、「Bento&Co」のオーナー、フランス人のベルトラン・トマさんも日本で弁当箱に魅せられたひとり。フランスでは、屋外での食事を持ち運ぶための容器といえば、タッパーやビニールバッグが主流だったそうです。
2008年に弁当箱のオンラインショッピングサイトを立ち上げ、これまでに90カ国近くに日本の弁当箱を発送。その魅力を京都から世界に発信しています。

日本の食文化だけでなく、その容器にも“クールジャパン”があるんですね。

Licensed material used with permission by 株式会社BERTRAND

間違いなく“世界最小”の弁当がここに誕生しました。「BENTO WATCH」と名付けられたソレは、どこからどう見ても腕時計。しかし、中には、ご飯と栄養たっ...
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
「どんな?」「あまり覚えてないですね」「うーん、全然思い出せないなあ…」 彼らがそう言って頭を悩ませるのは、昔、母親が自身に作ってくれた弁当について。そう...
まだまだ人気のお弁当デコ。作ってもらった人が喜んでくれるのはもちろん、自分も楽しめるのでハマる人が続出しています。しかし、たまにSNSなどで見かけるクオリ...
ランチをお弁当にしたい! そう考えている人は多いと思いますが、なかなかハードルが高い。なんせ手際よく何品もおかずを作るのは大変です。そんなときに便利なのが...
空港ってなぜかワクワクする。そこにしかないお土産や食べ物などがあるから。「空弁」もその1つ。たくさんありすぎて、選ぶだけで迷っちゃう。海の幸づくしの王道も...
厚生労働省の調査によれば、12歳以上の日本人のうち48.1%が日常生活でストレスを感じているそうです。そして、その解決の方法として、食事から見直そうという...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
シュウマイはお弁当にも便利でおいしいけど、いざ作ろうとするとけっこう手間がかかります。でもじつは、「ちくわ」を使って簡単にシュウマイを作れる方法があるんで...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
いかにもなフォルム。パッと見だけならナチュラルカラーのラップトップや、モバイルガジェットと思っても不思議はないが、その実これは弁当箱。もはやそこにハコとし...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...