「車椅子マーク」の本当の意味、知っていますか?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

白抜きの車椅子に座る人がデザインされている「車椅子マーク」を知っていますか?。このマークは世界共通で「障がいのあるかたが利用できる建物、施設であることを示すためのシンボルマーク」です。実は妊産婦も、このマークによる保護・優先の対象になるそうです。 

この「車椅子マーク」について、医師に詳しい話を聞いてみました。

「車椅子マーク」の対象者は?

151118_dostors-me-kurumaisu-mark_01

このマークのついた設備が使えるのは、車椅子を利用している人だと思っている人も多いかもしれません。しかし実はそうではなく、例えばペースメーカーが入っていたり、腎臓に病気があって透析治療を受けていたりする人も、このマークによる保護の対象となる場合が多くあります。さらにあまり知られてはいないようですが、妊産婦もこのマークによる保護、優先の対象になるんです。 

正式には妊娠7ヶ月~産後3ヶ月と規定されているようです。確かに、妊娠7ヶ月といえばお腹もかなり大きくなってくる時期ですし、生まれたばかりの小さな赤ちゃんがいる場合は、少しでも楽なスペースに駐車できれば助かりますね。

見かけではわからない
妊産婦の不調

151118_dostors-me-kurumaisu-mark_02

ただ、車椅子マークは「身体障がいのあるかた」というイメージが非常に強いために、妊婦さんや子どもを連れたお母さんがそのスペースに駐車したところ、批判するような意見が出たというニュースもあったようです。

もちろん、妊娠自体は病気ではありませんし、中には妊娠しても体調に問題がない場合もあります。でも、体質や妊娠の状態によっては、重いつわりやむくみなどで、妊娠の初期からずっと特別な配慮が必要なお母さんもいます。産後もホルモンバランスの劇的な変化で体調を崩したり、慣れない赤ちゃんの世話で疲労が著しかったりと、周囲からのサポートが必要なケースも多く見かけます。 

そんなかたたちのためにも、妊産婦も車椅子マークによる保護・優先の対象であることが世間に広く知られることを願うばかりです。

■医師からのアドバイス
車椅子マークを正しく理解するのはもちろんのこと、見た目には健康に見えても、本当は身体的・精神的に重い負担を抱えている人がいることを意識し、思いやりをもって生活していきたいですね。

 監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディ...
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...
見た目には分かりにくいけれど、障害や難病を抱え、配慮や援助を必要としている人たちがいます。「辛い、しんどい」声に出せず、我慢している人も。けれど、こちらか...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。工房は50年前...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...
好きな人に出会えたら、ほとんどの人は逃すまいと必死に会う時間をつくろうとするでしょう。しかし、どんなに順調だと思っていた片思いも、このひと言で一気に雲行き...
優秀なスポーツ選手に名コーチがつきもののように、人がより良く生きるためには自分のメンターになってくれる人の存在が必要です。「Inc.」に寄稿するライターの...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...