災害時に「地図」を使って活躍する、世界初のドローン部隊を誕生させよう!

噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができません。
ドローンを使って災害マップを作成する「DRONE BIRD」プロジェクトがいま、動き出そうとしています。

クライシスマッピング
第一人者が立ち上がった

11011952_10156264565415593_1368741868435943200_n同プロジェクトの発案者である古橋大地さんは、クライシスマッパーズ・ジャパン(NPO法人申請中)代表であり、国内の災害マップ作成の第一人者。プロジェクトについて説明する前に、まずはこれまでの活動を振り返っていきます。

災害発生後、インターネット上で
被災マップを作成

古橋さんはオンライン上で誰でも編集可能な「オープンストリートマップ」について、研究と開発を進めてきました。
災害時には、国連や赤十字などに有力な情報を提供。2010年1月のハイチ地震、2011年3月の東日本大震災、そして、2015年4月のネパール地震では、現地やネット上に集まった世界中のボランティアたちと一緒に、リアルタイムで状況がわかる被災マップを作成しました。

12278748_10156264561135593_9204708672636519608_n12243010_10156264561065593_2634126480132014208_nハイチ地震前(図上)、後(図下)を表す地図。古橋さんが作成に携わった。

現地状況を最短2時間で空撮し
パソコンやスマートフォンに配信

「現地の航空写真を早く入手できれば、多くの命を救えたかもしれない。そのためには、ドローンによる迅速な空からの撮影部隊と、地図作成者が一体となった、新しいチームづくりが急務だと感じたのです」と、古橋さんは語ります。

ドローンによって、津波で浸水した町や土砂崩れが起きた場所など、人が入れないエリアの撮影が可能です。訓練された操縦者と準備さえあれば、即座に出動し、現地状況を最短2時間で空撮。その情報をパソコンやスマートフォンで公開できます

こ最近では飛行マナーが問題視され、負の側面にも注目が集まるドローン。しかしドローンは、“空の産業革命”と呼ばれ、多方面での活躍が期待される存在。いまこそ、人道支援の現場に必要とされています。

12184235_10156264635240593_8317290886264951594_oドローンを使うメリットは危険エリアにも送り込めること。写真は飛行ルートの設定画面。

「DRONE BIRD」基地を
全国10ヵ所に設置

content_9bf2e5de0959c5208987676b31f0e51ee7160de2古橋さんが指揮をとる「DRONE BIRD」プロジェクトの目標は、日本全国のどこで災害が起きても対応できるよう、2020年までに隊員を100名育成し、全国10ヵ所に基地を設置すること。そして、災害発生後、空撮を開始してから2時間以内にマップを作るため、常時1000人の地図作成者が可動できる仕組みを整えていくそうです。

その第一歩として、2016年8月までに青山学院大学のある相模原に「DRONE BIRD」総指令本部を、その3ヵ月後、伊豆大島に「DRONE BIRD」基地を設置する予定。安全でGPSの精度が高い最先端のドローンを購入して、マップのクオリティを上げていくとのこと。

災害マップを作るための
3つの技術部隊を結成

「DRONE BIRD」基地には、以下3つの技術部隊がスタンバイ予定。

・ドローンを操縦する「DRONE BIRD パイロット」
万が一、人や建物に当たっても被害のない、小型軽量、最先端の無人飛行機を、現場に急行させる。

・ドローンを修理・制作する「DRONE BIRD 開発部隊」
3Dプリンタやレーザー加工機など最新のデジタルファブリケーション機器を使い、撮影中に壊れたパーツの修理や新たに設計されたドローンの制作を行う。

・迅速に地図を作る「DRONE BIRD マッピング専門部隊」
ドローンから送信された画像を元に、最新状況を地図に反映していく。この地図は、関係各所を含め世界中にネット配信され、パソコンやスマートフォンで見れるほか、紙地図として自由に印刷し、誰にでも配ることが可能。

実は、「DRONE BIRD」プロジェクトの設備・運営などに必要な資金が不足していて、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで「DRONE BIRD」計画の資金を募っています。日本、そして、世界の災害救援活動の底上げのため、このプロジェクトに興味を持った方は是非チェックしてみてください。

 コンテンツ提供元:READYFOR

1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...