「1日10分おっぱいを眺めると、寿命が伸びる」ドイツ研究チームが発表?

「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」

そんなコメントが、スコットランドのタブロイド紙「デイリー・レコード」に掲載されています。

同紙によれば、Dr.Karen Weatherby氏率いるドイツの研究チームが、5年もの歳月を費やして男性がおっぱいを眺めることで得られる健康効果を調査。その結果がイギリスの権威ある医学誌「The New England Journal of Medicine」に発表されたのだとか。

"1日10分"
おっぱいを眺めるだけで
寿命が伸びる!?

Medium 5253413856acdc1d738a1e2d11cfd9b3984a50db

研究の内容は以下のとおり。

・1日10分おっぱいを眺めると、30分間のエアロビクスで運動するのと同等の健康効果が得られる。

・血圧が下がり心臓病リスクを下げられる。

・性的興奮による心拍数の上昇により、血行促進に繋がる。

・Dカップか、それ以上のおっぱいが良い。

・寿命が5~10年伸びた。

なんて神がかった健康効果なのでしょうか…。眉唾ですが、そうとわかれば今日からおっぱいを眺める時間を意図的に、いや、組織的に設けてみてもいいのかも?

ちょっと待った!

Medium 6e019d82dde9790119d2305793028dc2434941fa

どうやらこの話、信用するにはまだ早いようです。この研究内容は「Fox News」でも取り上げられていますが、「デイリーレコード」も含めその情報源である肝心の「The New England Journal of Medicine」にはそんな発表どこにも掲載されていないのだとか。

about.com」は、研究チームを率いているというDr.Karen Weatherby氏の名前すらどこにも存在しないと指摘。一体どういうことなのでしょうか…。

ただのジョークかも

Medium 32fbed118dd0cfc477eb5c1e8d3b8431eba6f0dd

じつはこの研究結果、随分昔にも一度話題になっていたようです。1997年5月13日に発行されたタブロイド紙「Weekly World News」に、ほとんど同じ内容の記事が掲載されていた模様。研究者の名前など一部違っている部分も見受けられ、どうやらただのネタだったと判断するのが正しいのかもしれません。他のメディアを見ても、冗談として扱っているところが多いようですね。

Softpedia」も記事の文末にはこんなコメントが。

「注意:この記事は明らかに(残念だけど)ただのジョークですので」

一体なにゆえこれが定期的に流行しているのかわかりませんが、男性なら毎回ドキッとしてしまうホットな話題には違いないのでしょうね。

加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたち...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
「Elite Daily」で紹介されているのは、友人を持つことによる「健康」へのポジティブな効果。「ちょっと言い過ぎでは?」と思う意見もありますが、大学の...
ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられて...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...