【海のオルガン】波の力を利用して、音色を奏でるクロアチアの海岸

スクリーンショット 2015-11-22 8.54.42

写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。
その市街地を抜けた先に広がる海岸では、ある不思議な現象が起こる。まるで、海が“鳴き声”をあげているかのような音色がどこからともなく聞こえ、和音をつくり出しているのだ。

風と波を活かした創作楽器

スクリーンショット 2015-11-22 8.52.38

スクリーンショット 2015-11-22 8.54.04

動画の中でも終始なり渡る、宇宙空間を連想させるような音色。その正体がこちら。
海へと続く階段状の防波堤には、小さな溝が等間隔に開いており、中へと風が送られる仕組み。その風が入った階段下には35本ものポリエチレン製パイプが埋め込まれている。この穴に入る海水の水圧でパイプ内の空気が押し出されることを利用した、いわば創作楽器だ。しかも、その長さおよそ70メートル。

015-11-22 16.16.47

赤枠で囲った、この小さな穴の一つひとつから音色が出て、和音を奏でている。

自然が奏でる
“平和の音色”

スクリーンショット 2015-11-22 8.53.33

“海のオルガン(Sea Organ)”の愛称で親しまれているこの建造物は、建築家のニコラ・バシッチ氏が制作したもの。
1991年から95年まで続いたユーゴスラビアからの分離独立、民族対立をめぐる紛争において、戦火はザダルの街を襲った。この街で生まれ育った同氏は「荒廃した街にもう一度平和を取り戻したい」と、無償で“海のオルガン”設計に挑んだそう。地元建築家の情熱を「BBC」はインタビューとともに紹介している。

紛争の傷跡残る殺風景な海岸は、風と波が奏でる音色で再び人々をこの地へと向かわせている。

 Reference:BBC
Licensed material used with permission by Jukin Media

2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
イタリアで九死に一生を得た、強運のラブラドール・レトリバーがいます。この子犬の運の良さ、宝くじで1等当選するくらいの確率かもしれません。なぜって、大海にぽ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれる...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
「YourTango」のブロガー、Bailey Gaddis氏のパートナーは海が大好き。そして、彼女曰く「海好きの人を結婚相手に選ぶと最高に幸せ」なのだと...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...