仲の良いカップルが毎晩ベッドルームでしている「7つのコト」

リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細でありながらも重要なことがたくさんあると書いています。

ここで紹介するのは、彼がブログに書いた「親密であり続けるためにベッドルームで守るべき7つのコト」。恋人との関係をもっと深めるためにも、参考にしてみては?

01.
まずはスマホの電源をオフに

Medium af6ed8d16ad294f0f5369cc4dc125d60d473ca5f

電気の光をベッドルームから消すだけで、睡眠の質が改善されてふたりの関係性も同時に健康的になります。

SNSをチェックする快感はわかります。が、愛ある生活にあの青白い光は毒なんです。キャンドルの灯りに変えるだけでもだいぶ違うんですよ?

だから、まずスマホの電源をオフにしましょう。必要ならキャンドルに灯りを。あとは眠りに落ちるまでパートナーとの関係に意識を集中するだけです。

02.
肌と肌で触れ合うために
裸でベッドへ

何も着ずにベッドに入ることがどれだけ健康にいいか知っていますか?ストレスホルモンとして知られている「コルチゾール」を抑制するとも言われており、男女ともに肌や性器の健康を保つことにポジティブに働くそうです。

そして、肌と肌が触れ合うことが恋愛ホルモン「オキシトシン」の分泌を促し、身体的健康や睡眠の質の改善もそうですが、単純に抱きしめるのがすごく上手になるんです。

03.
意識がなくなるまで
抱きしめ合う

Medium becd682e137579de23e16037b7e9ced237cbdb6b

スマホで得る情報より、抱きしめ合うことで分泌されるオキシトシンの影響のほうが圧倒的に価値があります。

意識がなくなるまで、心身ともにパートナーとの絆を深め合いましょう。抱きしめ合う他にもできることは沢山あります。

04.
心と体に効くマッサージ

忙殺される1日を経て心身ともにくたびれている時には、理由はどうあれ触れ合いが欲しくなるもの。そんな時に、マッサージはリラックスしながらお互いの関係を深めることができる最高のツールです。

教室に通って完璧なテクニックをマスターする必要はありません。ただ、もっと強くするか、反対に優しくしたほうがいいのか、問いかけながら触れあうことに意味があります。そのままゆっくりと睡魔がやってくるのを待つだけでも十分です。

05.
批判は関係性を破壊するもの
だから、感謝する

Medium cb5deb6d4ce8230859b4d5a6a99940fa1df80c68

知っておくべきは、それがただの言葉であれ考えであれ、批判が関係性を破壊するということ。では、批判の反対はなんだと思いますか?感謝です。

お互いにどこを愛しているのか語り合いましょう。いかにふたりでいることが素晴らしいか。パートナーが自分の人生に一体何をもたらしてくれているのか。特定の日の話をするのもいいでしょう。あなた次第です。

感謝の気持ちを1日の終わりに伝えることはとても大切です。きっと温かくてふんわりとした心持ちで眠りにつけるはず。「あぁ、なんて最高の人なんだろう」と。

06.
「腑に落ちないことはなかった?」

眠る前にこうパートナーに聞いてみましょう。「今日、何か腑に落ちないことはなかった?」と。答えてもらったら、ちゃんとその疑問を解決してあげましょう。

たとえば、こんなふうに。

「今日何か、腑に落ちないことはなかった?」

「聞いて!今日おじさんと電話で話していて、健康の悩みについて相談されてたの。それで、1時間以上も話を聞いていたんだけど、どうなったと思う?突然電話を切られちゃったのよ。気力を吸い取られただけで、全然楽しくなかったわ。あの1時間は一体何だったんだろうって途方にくれちゃった」

「なるほど。相談を受けてたのに突然電話を切られたら誰だってそう思うよね。でもわかった。ぼくはキミのことを心の底から誇りに思うよ。だっておじさんにとっては会話そのものが最高に価値ある時間だったはずだ。つまり、キミは我慢した分だけ彼に愛情を送っていたってことだ。きっと今頃は心の中が幸せでいっぱいだろうね

07.
愛し合う時間を
毎晩、大切にすること

Medium 42a010775fdf04a0efd33d4b33c986e427b8ec70

セックスは間違いなくふたりの関係をもう一度深く繋ぎ直すための方法です。とはいえ、愛し合うと言ってもいろいろなやり方があるものです。その日のムードによっても違うでしょう。いつもお決まりの肉体的なルーチンワークにハマっていませんか?愛し方は無限です。

私たちは毎日、仕事や健康のために一定の時間を使っています。それと同じく、ふたりの関係性にも時間やアイデアを使うべきです。たとえわずか30分でも、寝る前の時間をお互いのために使いましょう。きっと気付いた時にはとても深い関係性が気付けているはずですよ。

Licensed material used with permission by Jordan Gray
セックスの楽しみ方は人それぞれ。数え切れないほどのパターンがあります。でも、「Elite Daily」ライターのCaitlin Jill Anders氏に...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
ここで紹介するのは、カップルの関係について研究を重ねているチャールズ・J・オリアンドが書いた記事。ベッドに入るときに必要なルーチンを紹介していますが、離婚...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
ライターのリンダ・バルス氏が、眠り方でカップルの仲が分かってしまう!と、「 WorldLifestyle」で紹介しています。幸せなカップルの寝相をマネする...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極めるいい機会でもあるのです。ここでは、男性...
パートナーと、一緒に料理を作ることはありますか?ホンネをぶっちゃけた記事が人気の女性ライターGigi Engleが、恋人同士で料理を作ることの素晴らしさを...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
「LittleThings.com」によると、なんと寝相で恋人との関係が分かってしまうといいます。どんな体勢で寝るかによって、2人の関係がうまくいっている...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...