自分に自信が持てないと思っている人に知ってほしい5つのこと

自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込んでしまう。どうやったらあんなふうに振る舞えるんだろう。

そんな悩みを抱えるあなたも、大丈夫。自分に自信が持てないことは、ちょっとした日々のエクササイズを実行することで改善できますよ。人は変われるものです。

もしかしたらその輝いている同僚も、学生時代は自分に自信がなくてビクビクした人間だったかもしれません。

1.ありのままの自分を表現する場を作る

表現の場所
自分に自信が持てない方は、過去に他人に否定されたことや失敗体験で心に受けた傷を癒せず、自分を見失っていることが多いものです。

もともとの自分がどんな人間だったかを思い出す方法の1つは、自分の思いそのままを表現できる場を作ること。

おすすめはインターネットです。

ツイッターなどのSNSや自分の趣味をつづるブログなど、無料で気軽に始められるツールがたくさんあります。

匿名で登録して自分を特定できるような発言をしないよう気を付ければ、あなたの正体がばれることはまずありません。

自分の好きな音楽やスポーツについてなどコンセプトは何でもいいのですが、1つ守って欲しいのは「絶対にウソをつかない」こと。

大して良いと思わないことを「いいね」と言わないことです。

インターネット上でも他人とのつきあいに気を遣って疲れてしまうことは割とよくありますが、そういった付き合いは一切しないと決めましょう。

失敗したらアカウントを替えてやり直せばいいだけです。

怖がらずにまずは実行してみてください。

最初は誰からの反応もなく空しい思いをするかも知れませんが、自分の本心を貫いて発信を続けていくと徐々に共感してくれる人が集まります。

ありのままの自分を受け入れてくれる人が現れればそれが自信となり、自分を取り戻すきっかけになります。

2.目の前のことを一生懸命やる

269271719

いつも同じ作業の繰り返しになっている仕事や家事を、改めて一生懸命やってみてください。

目の前のこと全てを全力でやるのは疲れるので、まずは皿洗いだけ、流しの掃除だけ、など限定して、とにかく一生懸命やりましょう。

洗い上がりはグラスの曇りひとつなく、流しはキレイに片付いて洗いものひとつない、という状態をとりあえず1日続けます。

無事やり遂げられれば、1日の終わりには「できた!」という達成感が生まれるでしょう。

次の日はまた同じものでもいいし、別のことに取り組んでも構いません。

こうして毎日小さな達成感を積み上げてゆきましょう。

だんだんと「自分だってやればできる」ことが分かり、自分の中の自尊心が育ってゆきます。

3.小さな欠点を克服することに全力を尽くす

欠点を確認
誰でも「分かっちゃいるけど直らない」欠点が1つはあると思います。

そんな数々の欠点の中のどれか1つを、期間を決めて徹底的に直しましょう。

初めは、例えば「食後のはみがきをさぼってしまう時がある」などできるだけ小さなことが向いています。

そしてとにかくそれを克服するために全力を尽くします。まずは1週間続けましょう。

大事なのは、1度さぼったからといって投げやりにならないこと。

小さなこととはいっても今まで直らなかった習慣なのですから、矯正に失敗することの1度や2度はむしろ当然です。

またOKラインをできるだけゆるく設定しましょう。

寝坊してどうしても歯磨きする時間が取れなかったら、通勤途中のコンビニでデンタルケア系ガムを買って噛むのでも良しとする、など。

そして1週間続けられたら、思いっきり自分をほめてあげましょう。

これも小さな達成感を積み上げるメソッドです。

4.自分と人を比較しない・・・自分の短所は他人の長所

335653622

ちょっと太め、目が小さい、または声が男性みたいに低い、などコンプレックスがあり、どうしてもそこが気になって人前で胸を張れないというあなた。

自分とは正反対のスリムな友人を見て「どうして私はあんなふうじゃないのかな」と他人と比較して落ち込むのはやめましょう。

自分の短所は他人にとっての長所、ということはよくあることです。

インターネット上のお悩み相談などを読んでみてください。

気にしていることは人それぞれ、全然違うことが分かるはずです。

ちょっとぽっちゃりめのあなたを、ガリガリの同僚が「女性らしい体型でいいな」と羨ましく思っているかもしれないのです。

5.完璧に達成できなくても満点を付ける

満点
自分に自信が持てない方には完璧主義者が多いです。

いつも完璧を求め、全てを達成できないとバツをつけるので「私はいつも中途半端」と自分自身にもバツをつけてしまうのです。

もちろん仕事ではそういうわけにもいきませんが、ものごとは肝心なことが達成できていれば良しとしましょう。

その他の些細なことは放っておいても自然に何とかなる事柄かもしれません。

始めに決めた項目を全てこなせなくても、8割できていれば「よくやった」と自分に満点をつけてあげましょう。

自分に自信のない方には、理想が高くて完璧主義者が多いものです。

理想を高く持つのはいいことだけど、人はそんなに完璧なものではありません。

周囲の人をよく観察したら案外みんな抜けていることが分かると思います。

一見完璧に見える同僚だって、あなたにとっては「そんなことを?」とビックリするような些細なことで悩んでいるかもしれませんよ。

日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
自分だけでなく、周りを見渡すととても几帳面な人とそうでない人の違いが、はっきりする場合があります。何事にも気を使うといい面が目立つことも多いのですが、実際...
何をするにおいても、自分に自信を持っている場合と、そうでない場合とでは、違う結果が生まれてくるかもしれません。プレッシャーを楽しめることができれば、良い結...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
星座が暗示する、あなたの長所と短所。「そんなの当たるわけない!」と思いつつも、読んでみると意外に当たっていることも多いですよね。では、この記事はどうでしょ...
どんなに優秀な人だって、一度くらいは自信を失って悶々としたことがあると思うのです。The School of Lifeが制作したこの動画『How To B...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...
人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「大切な人に好かれたい」「自分を魅力的に見せたい」…そんな思いから、人は短所を隠し、自分のいいところだけを見せようとするもの。しかし私は、全く逆だと考えて...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
いろんな人の意見に左右されてしまい、自分の意見を持てない人。なかなか自立ができていないといった、どちらかというとネガティブなイメージが先立ちそうですが、実...