相手をカチンとさせるビジネスメール「6つの特徴」

chosha_1359964084_1 2和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。短期間に昇進を重ね、女性では最年少の代理店女支社長となる。その後、当該企業の日本撤廃にともない独立。執筆活動のほか、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための公演、セミナーを国内外で展開している。

人から受け取ったメールの内容や言葉のニュアンスにイラッときた経験はないでしょうか? もしかすると、自分も相手を不快にさせるメールを送っている可能性だってあります。ここでは、残念なメールの典型例を6つご紹介します。

01.
「この日に決定します」
「これでお願いします」
一方的で強引

seikaku-mail04

典型的なのは「お返事のないようなら、この日で決定します」「この日程で決定しました。これでお願いします」のような、一方的な文章です。前後のやりとりによっては、これが正しいこともあるでしょう。けれど、これでは人の気持ちが素直に動きません。

一度、不快な思いをした人は、実際スケジュールが空いていても「その日はダメです」と言いたくなるはずです。

02.
内容が曖昧で
自分に都合いいように書く

seikaku-mail07「とにかく、◯◯について話を聞いてもらえないでしょうか?私は水曜日の1時だったら空いているのですが、いかがですか?」といったパターン。どんな話かもわからない、とにかくなにかの「お願い事」という気配だけはある。さらに、自分の都合のいい時間の提示まで…。

それまでの人間関係が構築できていれば大丈夫かもしれません。しかし、そうでない場合は、受け取った人が億劫になってしまい、会いたいという気持ちすら起こらないでしょう。

03.
「しんどい」「辛い」「自信がない」
と、泣き言ばかり

seikaku-mail02

ネガティブ表現が多いのも、残念なメールの典型です。
「しんどいです」「辛いです」「もう自信ないです」という言葉が並ぶと、読んでいるほうは心配するし、励まそうとしますが、やっぱり、読んでいるうちにげんなりします。元気で楽しい気持ちにはなれません。
「◯◯さんも大変ですよね。最近ついてないですね」「これからが地獄のような忙しさですね」「こういうふうになったらとても困りますよね」なども一見、相手を心配しているようでいて、ジワジワと内側から痛めつけるような文章です。

04.
素直にミスを認めず
自分を正当化する

seikaku-mail03何かの原因で相手を怒らせた場合や自分のミスで迷惑をかけてしまった場合、誰でも謝罪します。けれどそこに、自己正当化をした「言い訳」をつけてしまう人がいるのです。

「◯◯についてはすみませんでした。しかし、この件は先に私のほうからお願いしていたので、この認識で正しいと思っておりました」というように。

さらに火に油を注ぐのは、自分が正しいという主張を入れることです。「(上記の続き)その証拠として、◯月◯日のメールにて確かにこちらから申し上げています。再送いたします」。ここまでくれば、謝る気などない感じがして、絶対に相手はもっと怒ります。これはプライドの高い人に多いメールです。

05.
突き放したかのように
そっけない

seikaku-mail05
「うちの部署では関係ないので、そちらで進めてください」。
これは事実なのでしょう。でも、こういう文章を書く人が好かれた試しがありません。どう転んでも、これを書いた人はすごくいじわるに思えるからです。

「うちの部署は担当ではないので今回は関わっておりませんが、今後、こちらでなにかお手伝いできることがありましたら声をかけてください」と書くほうが、なんだかいい人に思えるのです。

06.
「いかがなものでしょうか」
と、上から目線

seikaku-mail06私が以前、ある出版社の編集者と契約書のやり取りをしたときのこと。間違った場所に印鑑を押してしまった私に「印鑑を押し直してください」とは書かずに「このような判の押し方はいかがなものでしょうか」と書かれたメールが届いたのです。

これには出版エージェントの人がびっくりして、「この言い方ってむちゃ上目線でちょっとどうかと思いますよね」と、苦笑い。きっと、このメールを書いた方は、間抜けなミスにイライラしたのだと思います。

ことの発端は私なのですが、「いかがなものでしょうか」という短い言葉には相手をバカにした感じが思い切りでてしまって、その人の感情やもともとの人柄が見えてしまうので注意したいものです。

和田裕美の性格がよくなるメールの書き方
コンテンツ提供元:光文社

和田裕美/Hiromi Wada作家・営業コンサルタント。外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
元彼の気持ちを、もう一度自分に向けたいと考えている方必見です。復縁につながる効果的なメールの内容を、シチュエーション別にご紹介していきます。自分なりのキャ...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。でも、今後はそんな心配がなくなるかも...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。そん...
新しく社会人になる人はもちろん、進学する人、転職する人、新しい世界に飛び出すときは誰しもが不安を感じることでしょう。トロントにあるライアソン大学でマーケテ...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
テレパシーを使ってパートナーに向かって「帰りに牛乳買ってきて」なんてメッセージを送れたら便利なのに・・・。そんな想像をしたことはありませんか?最新の研究で...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...