夜行バス運転手の「親切すぎるアナウンス」が話題に!

2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容をTwitterで発信したところ、称賛の声が多数集まっているのだとか。一体、何を話したというのでしょう?

日本人にはありがたい…
“一斉に、はいドーン”!?

FireShot Capture 1462 - トムコさんはTwitterを使っています__ - https___twitter.com_tmcwk_status_668806583577522177_R

「後ろの座席の人を気遣って、なかなかリクライニングを倒せない」という“夜行バスあるある”。この悩ましい問題を解決したのが、以下の画期的なアナウンスです。

「後ろの方が気になってリクライニング倒せないってことあるんですよね。せっかくだから後腐れないように今一斉に倒しましょうか、はいドーン」

一般的に“気遣い上手”な日本人は、無理してそのままの角度で寝る、なんてこともよくあります。だからこそ、こんなアナウンスがあったら、すごく助かりますよね!

運転手が見せた“気遣い”と“遊び心”を発信したこのツイートは、投稿からわずか4日で37,000近いリツイート数を記録。「こんなユニークな人に会ってみたい」「粋な計らいですね」「下車した時にちゃんとお礼言わないと」とポジティブな意見が寄せられています。

@tmcwkさん自身も、「また会いたい系運転手」とその対応を絶賛。おそらく乗客全員が、スヤスヤと快適な夜行バスの旅を楽しんだことでしょう!

Licensed material used with permission by @tmcwk

中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...