「大丈夫です」実はNGだった・・・やってはいけない失礼な敬語5つ

大勢の人がコピーする「マニュアル敬語」、ちょっとおかしい「コピペ語」など、周りの人の言葉づかいにつられ、あなたもつい使ってるのでは?ここで、流行語化した語句や表現を見ていこう。

01.
敬語指数マックス?
~して頂ければと思います

「~してもらってもいいですか」と同じように「~してください」の意味で用いられているのが「~して頂ければと思います」である。

「この機会にぜひご入会頂ければと思います」「ごらん頂ければと思います」

依頼、願望、養成の表現として用いられており、使用者はこれば敬意の度合いの高い表現だと思っている。しかし慇懃無礼な表現である。「ぜひご入会ください」や「ごらん頂けますでしょうか」などのほうが低姿勢なのではないだろうか。

この表現は「~して頂ければ幸いに存じます」「~して頂ければ大変ありがたく存じます」などの途中の部分が省略されている。実はそこが肝腎なところなのだが、なぜか飛ばしている。日本人ならではの察しのよさとも言えるが、言葉を発する側にしてみれば、堂々と手抜きできるわけだ。

02.
「感動をありがとう」に影響?
メールをありがとうございます

shutterstock_158197922_2

「ありがとう」の前には「を」が入らないのが普通だ。ところが、ここに「を入れ」現象が見られるようになった。

「メールをありがとうございます」「ご指摘をありがとうございます」
「山田さんがメールをくれた、ありがたい。山田さん、ありがとうございます」からいろいろ省いて、「メールを」「ありがとうございます」だけ残したのか。

ここに「を」入れてしまったのは、スポーツ選手の活躍に感激したときなどに発せられる「感動をありがとう」が頭をよぎったからだと思われる。これは単に「を」を取ればいいという問題ではない。この表現は自分があくまで観客であることを示している。「よかった。感動をありがとう。次は誰が私に感動を与えてくれるのか、楽しみだ」と次の出し物を無邪気に待つお客さんだ。感動をもたらした相手に感謝の気持ちを伝えたいなら、感動の中身に言及して、喜びを具体的に表現すればよい。

03.
抵抗感のある報道用語
~ことがわかった

「~したい考えだ」「~とする」「~ことがわかった」「~が明らかになった形だ」など、報道業界用語とでも呼べる文末表現が複数ある。中でも最も使用頻度の高いものが「~ことがわかった」である。本当にわかったのかと聞きたくなることも多いが、この表現を大学生が授業のコメントに借用するのだ。

「日本語は難しい言語ではないことがわかった」このような書き方をする。授業で学生たちに間違ったことは伝えていないつもりだが、わからないことも山ほどある。物事はそんなに簡単にわかるものではないとも思っている。学生が安易に書く「~ことがわかった」に抵抗を覚えるのはそのためだが、彼らは報道文を手本にしているのである。

大学生はコピペする。自分が書いたり話したりするときに、日ごろ見聞きする表現の一部を借用するという、ごく当たり前の行動だ。そのようにして学習し、自分なりの表現を獲得していく。手本となるものを提示するのが、大人たちの仕事である。

04.
「耳ざわりがよい」はOKで、
「目ざわりがよい」はNG?

keigo45

「耳障りだ」というのは、耳に入ってきた音や声が不快であることを表す形容動詞である。目に入ったものが不快であれば「目障りだ」となる。音か光景かの違いしかないが、「耳障りだ」のほうだけ「耳ざわりがよい」という表現が使われるようになった。「聞いていて気持ちがよい」という、「耳障りだ」とは正反対のことを表す。

「耳ざわりがよい」の対義語が「耳ざわりが悪い」なのだそうだ。それなら「耳障りだ」と言えばよいではないかと思うが、そう単純な図式ではないらしい。「耳ざわりが悪い」とは「話の内容が、聞き手にとって厳しい」ことのようだ。

「『優しさや思いやりが大事』という言葉は耳ざわりはよいのだが」などと使われる。慣用になりつつあるが、「目ざわりがよい」は使われていない。どうしてなのだろう。

05.
いるの?いらないの?
お茶のおかわりは大丈夫です

keigo43

人の好意を断るときや辞退するときに「大丈夫です」が使われている。「結構です」を使う人が減ってきている。「いいえ、要りません」などと違って、丁寧に断るときの言い方なのだが、きっぱりと拒絶するときにも使われることから、自体の表現としての使用が避けられる傾向にある。しかし、コンビニで「お箸はおつけしますか」と聞かれ「大丈夫です」と答えたら箸が添えられていたなど、いつでもどこでもだれにでも通用する表現ではない。

では「お茶でもいかがですか」という親切な申し出を「結構だ」も「大丈夫だ」も使わずに断ることはできるのか。もちろんできる。たとえば「ありがとうございます。でもすぐに失礼いたしますので」のような言い方がある。

そして、表現と同じくらい、おそらくそれ以上に大切なのが、口調と表情だ。心づかいありがとう、という気持ちを声や顔で表すのである。「大丈夫だ」を皆が使っているからと安易に模倣するのではなく、自分で表現を工夫してみることを提案したい。

失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方
コンテンツ提供元:光文社

野口恵子/Keiko Noguchi

日本語・フランス語教師。青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、パリ第八大学に留学。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。フランス語通訳ガイドを経て1990年より大学非常勤講師になる。著書に『かなり気がかりな日本語』(集英社新書)『バカ丁寧化する日本語』(光文社新書)など。

現代日本人は「いただく」が大好きである。しかし、無闇に使っては敬意を表す気持ちが失われてしまって本末転倒だ。ここでは、よく使われているわりに誤用の多い「い...
謙譲の表現というと「させていただく」を思い浮かべる人は少なくないと思うが、使いこなすことが相当難しい表現である。それでは「させていただく」について解説して...
「とりあえず丁寧に言っておけばいいだろう」「なんか違うような気もするけど、みんなが使ってるからいいか」こうした考えの人が増えると、過剰敬語や誤用が氾濫する...
言葉は変わるものである。しかし、あまりにも安易に、あまりにも速く、あまりにも間違った方向に変わるのを、のんきに眺めているわけにはいかない。それでは、巷にあ...
コンサルティング会社「Globelink 」 が、各国でタブーとされている「NG行動」を、インフォグラフィックで紹介しています。01.レストランでカプチー...
結婚カウンセラーとして活躍するCarin Goldstein氏。数多くのカップルの失敗例も見てきた彼女だからこそのアドバイスがこちら。女性は「夫の気持ちを...
幸せオーラに包まれた憧れの「愛され女子」になるには、どうしたらよいのでしょうか。「愛され女子」に共通する特徴や行動などを10項目に厳選し、ご紹介していきま...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
健康を保つため特に注意が必要なことは、体の中でも繊細な消化器系の調子をいかに整えておくか。だけど、私たちの生活習慣において、逆効果な行動が多々あると「Li...
「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
「Psychology Today」において、作家のAmy Morin氏が、メンタルの強い人が言わない5つのコトを紹介しています。その中では、私たちが普段...
誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカ...
幸せのきっかけをつかむために、女子力をあげたいと考えている女性のみなさんに向けて、厳選した10の方法を紹介します。普段の心持ちやちょっとした行動を変えるこ...
「理由はわからない。けれど、何かがオカシイ!」。第六感が働いているかのようで、むちゃくちゃに聞こえるかもしれません。が、それは頭のなかで起きている複雑な計...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
ライターのAimee DuFresne氏は、愛する夫を失いもう二度と立ち直れないと思うほど、落ち込んでいました。そんな時にたくさんの人が励ましの声をかけて...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...