「自分の心と直感に従う、勇気を持ちなさい」。スティーブ・ジョブズに学ぶ10の哲学

本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。

優秀なセールスマンであり、素晴らしい演説家でもあった彼の言葉には、つねに驚くような知恵が詰まっていました。ここではその発言をピックアップした「inc.」の記事を紹介します。

01.
毎朝、鏡の前で問いかけた
「今日が人生最後の日なら…」

Medium a1b63e842bd1f0de14d28a26ab1843bd261fa61a

「過去33年間、毎朝鏡の前で自分に問いかけた。

"今日が人生最後の日だとしたら、これからやろうとしていることを本当にやりたいと思うだろうか?"

もしもNOと答える日がしばらく続いたなら、それは何かを変える必要があるという証拠だ」

この言葉を、毎日肝に銘じながら生活するのは難しいことかもしれません。でも、生活にだって選択肢があるもの。どうせなら賢く選びたいものですね。

02.
「点と点」は
後になって繋がる

「これから現れるであろう点と点を事前に繋ぐことなんてできない。それは、あとになって初めてわかることだ。これから出会う点が、将来どうにかして繋がると信じるんだ。

何か信じるものを持つことだ。直感や運命、人生、カルマ、なんでもいい。それで失敗した試しはない。わたしの人生にあらゆる変化をもたらした方法だ」

03.
フォーカスするとは
「NO」と言うことだ

Medium 914ab8812eb13559b194ca1e4027cf0a6c143820

キャリアの中では、「Yes」と言い続けることよりもよっぽど大切なことかもしれません。

時間には限りがあります。リソースも同じく有限です。本当に達成しなければいけないことがあるのなら、もっと大切に使うべきですよね。

04.
成功者と呼ばれる人々は
自分の仕事を愛している

「成功している人間たちは、みんな自分のやっていることを愛している。だからこそ、タフな状況でもやり抜ける。そうでないものは途中でやめてしまう。それがふつうだ」

好きこそ物の上手なれ。だからこそ、どんなことがあっても続けることができたのでしょう。

05.
うまくいったら
次に取り掛かれ

Medium f153e0e527593afd9fa8b2560494d20c7f895d87

「もしも何かを始めてそれがうまくいったなら、次だ。同じ場所で長く闘っていてはいけない。次に取り掛かるべきことが何か見極めるんだ」

多くの人が、過去の成功に落ち着き、今に集中して安心してしまうもの。しかし、平穏を保つのではなく、次のチャンスを掴まなければ。

06.
大きな仕事は
ひとりでは達成できない

「偉大な仕事には、チームや人々の助けが必要だ」

ジョブズは自身のビジネスモデルがどれだけ「ザ・ビートルズ」に影響を受けていたかを話したことがあります。それぞれのメンバーが欠点を指摘し合いバランスが取れていたたため、個々を合わせたものよりも優れていた、と。

ただのチームワークではなく、優秀な人々に影響されながら成長していったことで、継続的な成功を手に入れていたのでしょう。

07.
愛する仕事をしていれば
人生に満足できる

Medium d6ef578eae8f3aec8d14c0e1167b194ab3147d33

「仕事は人生のなかでも大きな割合を占める存在になる。人生に満足するための方法は、"いい仕事"をすることだ。そして、"いい仕事"をするために必要なたった一つの方法は、仕事を愛することだ。まだ見つけられていないのなら、探し続けるんだ。妥協するな。すべての恋愛がそうであるように、見つけた時にわかる」

興味がなく、好きでもない仕事をするには、人の一生は短かすぎるのかもしれませんね。

08.
挫折しても
信念を忘れるな

「時には、ブロックで頭を殴られるようなことがある。それでも、信念を忘れるな」

ジョブズは一度、自身が立ち上げたアップル社をクビにされています。その時のことを彼はこう語っています。

「人生最大の転機だった。成功者としての重圧から解き放たれ、イチからの再出発になった。先のことは検討もつかなかったが、人生で最もクリエイティブな期間に突入した」

09.
死と向き合うことは
迷いをなくす最善の策

Medium 23328d6f48ca5e55110084a8c0f816b6191cf500

外部からの期待、プライドに対する恥や失敗、死への畏れ…。彼は、本当にそれが恐れるに値することなのか、不安を感じることなく判断できたのかも。

10.
心に従う勇気を持ちなさい
それ以外は二の次でいい

「心と直感に従う勇気を持ちなさい。それは、あなたのなりたいものが何なのか知っているものだ。それ以外は、二の次でいい」

死を意識すれば失うものなど何もなく、心に従わない理由などなくなると彼は話していました。カリグラフィーの授業を受けたり、インド旅行に行った彼ならではの言葉かもしれません。

Licensed material used with permission by Minda Zetlin
Top Photo by Justin Sullivan/Getty Images News/Getty Images
スティーブ・ジョブズがこの世を去ってから早5年。あなたには、この5年でどのような変化があったでしょうか?人の一生は、一日一日の積み重ねです。成功という高み...
聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていた...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
「どうすればビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスクやリチャード・ブランソンのような偉大な人物になれるのでしょうか?」。2015年5月、アメリ...
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
戦友が語るジョブズの人間像Appleのインダストリアルデザインを牽引する、ジョナサン・アイブ。創業者ジョブズの哲学を15年に渡ってともに世に送り出して来た...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
アメリカでは、ほとんどの大学の成績がA~Dで評価されます。Aが一番成績がよく、90点~100点程度で一般的にクラスの上位20%ほど。Cはクラスの平均、もし...
努力を積み重ねた先に、成功があります。逆を言えば、努力なしに成功はつかめません。でも、わかってはいても途中で簡単なほうへ逃げたり、投げ出したりする人が多い...
「成長したい」とは多くの人が心に抱く願望だと思いますが、実際それに向けて行動を起こせている人はごく一部だと思います。たぶん「きっかけ」を作れずにいるのでし...