上司の「期待を超える」ためにあなたがするべき7つのこと

なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。

正しい方法を選択し、真面目かつ正直に努力を積み重ねることで、必ず結果はついてきます。自分の置かれている立場や状況に照らし合わせながら、ひとつずつ確認していきましょう。

1.できることは早めに取りかかるようにする

282190884650

上司からのオーダーには、準備が整いしだい、できるだけ速やかに対応することで、上司の期待を上回る結果を出すことができます。約束の期日よりも早く仕上げることで、「仕事が早い」「信頼できる」との評価をいただき、あなた自身のやりがいにもつながります。

また、仕事を早く仕上げてくれるあなたとなら、上司もスムーズに仕事を進めることができるため、重要な仕事ほど任せたいと思ってもらえる貴重な存在となれます。

2.想定されるシチュエーションを考えて事前準備をしておく

上司から指図をされる前に、過去の経験や状況を総合的に判断して、必要と思われる事前準備をしておきましょう。

いざ必要となったときに、「こちらに用意しております」と即答できたら、上司は期待以上の仕事をしてくれていると感じるはずです。

ただし、余計なことをする結果とならないよう、細心の注意を払いながら、慎重に考えて行動をする必要があります。上司の考えをしっかりと把握して、方向性を間違うことがないようにしましょう。

3.状況に応じて、上司の意向をしっかりと確認する

確認

一度指示されたことであっても、実行している途中で大きな疑問が生じたときには、自分勝手な判断をすることなく、上司の意向を確認し、必要であれば別途指示を仰ぐことが大切です。

前提条件が異なれば、対処すべき方法も当然変わってきますので、報告・連絡・相談をこまめに行うことで、もともと上司が考えていた以上の素晴らしい成果を収めることも可能です。下手な遠慮はせず積極的に行動を起こしましょう。

4.刻々と変化する状況にも臨機応変に対応する

案件によっては、迅速な変化に対応するスキルが求められます。

一瞬の出来事で、業績が左右される場合があるかもしれません。逐一上司の意向を伺っていてはチャンスを逃してしまうような厳しい環境で、上司の期待を超える働きをするには、事前にあらゆる可能性や選択肢を想定し、具体的に上司と方針を綿密にすり合わせておくことが必要です。

どこまでを自分に任せてもらえるのかを明確にし、臨機応変に対応できるようにしておきます。

5.いざというときのために、関係者には根回しをしておく

根回し

チームワークや関係部署との連携が求められる仕事の場合には、いざというときのために、必要な情報などを関係者にある程度伝え、根回しをしっかりとしておきましょう。

事が起きてから対応のために奔走していては、空回りになるかもしれません。

おさえるべき人物や関係部署などについても、しっかりとリサーチしておくことで、上司の期待をはるかに超えるすばらしい提案ができるはずです。「君のおかげで助かった」と称賛の言葉をいただけるよう、日々の情報収集や人脈作りは欠かせません。"

6.トレンドには敏感になり、自発的に情報収集をおこなう

直接自分の仕事には関係がないことであっても、ビジネスの大きな流れや経済動向に関する情報には敏感になり、トレンドを見極める力を養っておきましょう。

また、業界に関係なく成功者の話には積極的に耳を傾け、良いところは自分なりに取り入れていくことで、日々の働き方にも成果が表れやすくなります。常に進化し続ける自分であることで、上司が期待する内容以上の結果を残せる底力が身についていきます。

7.世話になった人へ御礼や感謝の気持ちを素直に伝える

感謝

仕事で助けてもらったり、有益な情報提供や的確なアドバイスをしてくれた相手に対しては、お願いをしたとき以上に、報告も兼ねて御礼の気持ちを素直に伝えましょう。

そうすることによって、末永く良好な関係を保てるビジネスパートナーが増え、お互いに高め合いながら良い仕事ができるようになります。上司の評価だけでなく、あなたの周り全体からの評価も確実に上がっていくはずです。

上司の期待を超える成果をおさめるには、一筋縄ではいかないケースも数多くありますが、できることから地道に取り組んでいくことで、確実にあなたが目指す結果に近づいていくことができます。周囲で成功している人の行動や考え方も参考にしながら、あなたなりのスタイルを見つけていきましょう。

もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
「私は、世間の期待に応えるために生きているんじゃない。あなただって、私のために生きているわけではないはずだ」ーブルース・リーこの名言から始まるのは、Mar...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...