就活生なら一度は経験あり!?就活でのあるある15

学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。

ここでは、就活あるあるを15個集めてみました。

1.過去の会社説明会で見かけた人に再会

_111165887

会社説明会によく足を運んでいる人なら、よくあることでしょう。マイナーな会社の説明会だったり、何回も再会するとなんとなく運命を感じてしまうことも…。

2.質問の際に必ずお礼を言う

「本日は貴重なお話をしていただき、ありがとうございました」とお礼を言ってから本題に入る…心当たりありませんか?

3.服装は自由。でも、みんなリクルートスーツ

場所によっては、服装は自由で構わないという説明会もあります。しかし、実際に行くと周りはみんなリクルートスーツ。身長差の現れですが、もし仮に普段着で参加してしまったら浮いてしまいますよね。

4.友人同士で他己分析しても意味がない

自分では気づかない部分を発見してもらう際に有効的な他己分析。ただし、友人同士で行う場合はほとんどただ褒め合うだけになってしまうことも。

しかもその逆もあるから困りもの。なじり合いになって嫌悪な雰囲気になったりする人もいるようです。

5.大急ぎでお化粧トレーニング開始!

Beauty Queens

これまで化粧に慣れている・いないに関わらず、就活に印象の良い節度のある化粧を勉強しはじめます。確かに、第一印象での清潔感は大切なので、大人のマナーを勉強し始めるのは自然な流れですよね。

6.修正液を使うかどうか悩む!

せっかく途中まで書いたエントリーシート、途中で失敗するとめちゃくちゃへこみます。マナー上良くないことはわかっていても、修正液を使っちゃおうか…と一瞬でも頭によぎった人は少なくないはず!

7.笑顔でウソをつくコツをつかむ

k_241058443

就職活動では、やはり多少のフェイクやものごとの誇張はするもの。そのうちスキルも磨かれ、いつの間にか自分でもビックリするくらい笑顔でサラッとウソをついていることに気づくことも…。

8.会社のトイレでエントリーシート記入

なかなか内定が決まらない場合は、1分1秒も無駄にしたくないもの。大量にエントリーして予定を詰め込み過ぎたために時間が無くなり、結局会社のトイレでエントリーシートを記入するという強者も。

9.試験当日、周りが優秀に見えて気後れする

試験

やっと書類審査に合格して、たどり着いた会社での試験日。緊張しているせいなのか、自分に自信がなくなっているせいなのか、とにかく周りにいる就活生が優秀に見えてしまいます。でも、周りだって同じ思いなんですよね。

10.グループディスカッションでは分からなくてもうなずく!

極度に緊張している場合は、話がなかなか頭に入ってきません。グループディスカッションで周りの言っていることが良く分からなくても、とにかく流れに合わせようとただうなずいてしまうもの。

11.エントリーしすぎて書いた内容を忘れる

忘れる

大量にエントリーし過ぎると、やはり会社の職種や特徴によって志望内容が変わるため、内容に微妙な違いが生まれるもの。しかし、志望動機が会社ごとに違うからこそ、面接になってすっかり忘れてしまうということも。しっかり復習してのぞみましょう。

12.面接の日にはなぜか勝負下着

やはり面接の日は気合を入れたいという理由で、男女ともに勝負下着を身にまとって臨む就活生が多いようです。気持ちも前向きになれますし、やる価値はあるかも?

13.父や周りの大人が偉大に見える

_000054624314_Large

何度も就職試験に落ちてしまうと、気分はなえます。

そんなときに、父や周りのサラリーマンにも自分のような時代があったのだなと思うと、親近感が湧くと同時に偉大さを感じるはず。父親や周りの大人を励みに気合を入れましょう。

14.内定をもらった友人に内心モヤモヤ!

何度受けても通らない!そんな時に友人が内定をもらうと、嬉しい反面、なんだか煮え切らない感情が生まれてしまうものですよね…。

15.いっそフリーターでもいいや

フリーターでもいいや

自分だけ取り残されてしまうーーそんな状況から自暴自棄になって、いっそフリーターでもいいや!と開き直ってしまうこともあるかも。

「Elite Daily」ライターStephanie Ironson氏曰く、「就職活動」と「恋愛」。この2つを構造化してみると、類似点が多いことに気付くと...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...
西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”...
近藤雄生/Yuki Kondoライター。大学院修了後、旅をしながら文章を書いて暮らそうと決意し、2003年に妻とともに日本を経つ。旅と定住を年単位で繰り返...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
「3日3月3年」という言葉を知っていますか? もともとこの言葉は、芸事修行の心構えで、3日我慢できれば3ヶ月は耐えられ、3ヶ月我慢すれば3年は耐えられる…...
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。では、もしあの生キ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...