成功者が、朝6時前から活動を始める「6つのワケ」

「早起きは三文の徳」とは誰でも分かっていること。でも、それなのになかなか実践できないのってどうしてなんでしょう?

もしかしたら、「徳」の内容がハッキリしていないこともその一因かも。そこで、具体的な6つのメリットを「Elite Daily」からご紹介!

01.
漠然とした“目標”を
明確化できる!

shutterstock_327369023_2

目標が明確でないために達成できないという人は多い。でも、毎朝、それが何なのかを意識する時間を作れば、あなたは一日中、心の中に掲げ続けることができるでしょう。

加えて、目標達成までの時間を決めることも忘れてはいけません。後で進行状況をチェックするのに役立ちます。

02.
生産性の高い1日のための
スケジュールを設定できる

その日の計画を立て、それに沿って行動することで、より効率的かつ生産的に時間を過ごすことができます。01.で目標が分かっているので、ものごとの優先順位も明確ですね。

03.
運動すれば
心も体もリフレッシュ

shutterstock_171213566_2

運動しない理由を「時間のなさ」のせいにする人がいますが、早起きすれば仕事前にジムに行くことだって可能。体からエンドルフィンが放出され、ポジティブな気持ちで1日を過ごせるはずです。

04.
1日でもっとも大切な
“朝食”をとれる

朝食は1日の中でもっとも重要な食事。ジョンズ・ホプキンス大学の調査によれば、朝食を食べることで健康状態が圧倒的に改善されることが分かったのだそう。自動車にガソリンが必要なのと同様に、あなたの体も朝食を欲しているのです。

05.
“成功者”にも倣える

before-6am2

「New York Magazine」によると、Twitterの創設者であるジャック・ドーシーは朝5時半に起きるそう。そして、その時間を瞑想と約10kmのランニングに費やすのだとか。また、AppleのCEO、ティム・クックは、朝4時30分に社員にメールを送ることで有名です。

06.
年間840時間を
他人より多く確保できる

朝早くから1日を始めることで、「自信」と「創造性」が生まれるもの。眠気と戦うことで、夢の実現に一歩近づくのです。

私は、一番重要な仕事は、毎日午前8時前には終わらせます。そうすることで、達成感を胸にその日1日を過ごすことができるから。最初に重要な仕事を終わらせることで、ストレスや不安を抱えずに済むというメリットもありますよね。

かつて、詩人JA Carney氏はこう言いました。「小さな水滴や砂粒が、大きな海と麗しい大地を作る」と。つまり、毎日2時間30分早く目を覚ますことができるようになれば、1日の生産性は大幅に高まるということ。

1週間で17時間30分、月にすれば70時間、年間で840時間ーー。さあ、選択はあなた次第です。

Licensed material used with permission by Elite Daily

以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
仕事で結果を残したい、出世したい…そういう気持ち、誰もが少なからず持っているのでは?「Elite Daily」では、そんな人たちのために、成功者の共通項を...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
あなたは、気持ちよく1日を始めるために、何か習慣づけていることはありますか?あなたらしい元気のもとや、からだにいいこと。朝にぴったりの、みずみずしい言葉た...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...