「ひとりぼっち」でご飯を食べる子どものために、ある女性が立ち上がった!

近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。

子どもを「孤食」から救う
子ども食堂を作りたい!

hyogo01

プロジェクトの実行者は、印刷会社「カブス出版」を経営している木下朋子さん。この場所に「子ども食堂」を併設し、子どもが楽しく過ごせる場所を作りたいのだと言います。

■シングルマザーが抱える悩み。「家に1人で置いておくのが辛い…」

木下さんはシングルマザーとして3人の子育てをした経験があります。子どもを家に置いて仕事をしなければならないことを苦しく思っていましたが、子育て中の他のシングルマザーたちは、別の悩みを抱えていたのだそう。

「木下さんちはまだ3人いるから、お留守番させるときも少しは気が楽だと思うけど、私のところは1人で、家に置いておくのが辛い」

親1人子1人の家庭は、お互いがもっと辛い想いをしていたのです。

子育てを卒業した今、「寂しい想いをしている子どもたちと、1人で頑張っているシングルマザーの応援がしたい!」と、木下さんは「子ども食堂」をオープンする決意をしました。

content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80 (1)

■コロッケ屋さんからNPO団体まで、地元の人々による熱い支援

運営には、木下さんをはじめとしたシングルマザー経験者、他にも多くの地元の人たちが支援を申し出てくれています。

食事面では、地元の子どもたちに人気のコロッケ屋さんやパン屋さんなどが日替わりで協力してくれることが決まっています。

さらにNPO法人兵庫教育アカデミーによる英語遊び、農園の方による野菜の育て方の指導、薬剤師の方による食育指導、地元の魚屋さんによる魚のさばき方の講習会、小さなタコつかみ等の魚類と触れ合うイベントなど…子どもたちが楽しめるバラエティに富んだイベントも計画しています。

自分を思ってくれる人が
周りにいることを感じて欲しい

hyogo_03

家にひとりぼっちで寂しい思いをしてきた子どもたち。この場所で、自分を大切にしてくれる人が周りにはたくさんいるということを感じてもらいたい。さらに、地域の人にとっての憩いの場にもなれば、と木下さんは言います。

しかし、運営を維持するための資金が不足していて、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページにて資金を募っています。子どもたちを救うために、ぜひ協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
TV番組のオーディションに集まった、数組の親子たち。じつは、この企画には、ある秘密が隠されていました。オーディションで親たちに投げかけられた4つの質問子ど...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...