あなたの職場にもいる “有毒社員”の特徴

アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。

彼らは仕事はできます。いや、むしろ優秀。けれど協調性がなくて周りの士気を下げる存在なんだとか。一体どうして?そして、企業にとって「害」になるって、どういうことでしょう。

生産性は高いが、自意識過剰
これが“有毒社員”の特徴

059714904_Large

まずは、この“有毒社員”がどんな存在なのかに目を向けていきましょう。「ハーバード・ビジネス・スクール」で経営管理を研究するDylan Minor助教授と、エコノミストのMichael Housman氏は、異なる11の企業、約5万人を対象とした調査から、会社に不利益を与える社員の特徴を割り出しました。それが、有毒視される「生産性が高く、自意識過剰で自信に溢れているタイプ」です。
これだけ聞くと、逆に今の企業に求められている人材の典型のようにも聞こえますが…。現に、あなたの周辺にも、どんどん出世していくこの手の社員がいるのでは?

ところが、研究者によれば彼らは利己的で、他人を蹴落としてでも自分の出世や成功を掴みとろうとする人のこと。彼らの傍若無人ぶりが、結局周りの人間のやる気を削いでいくことになると定義します。

“有毒社員”の悪影響は
伝染するらしい

0010288774_Large

同僚にセクハラをしたり、盗みや詐欺を働くような人間だけが、会社に不利益を与えている訳ではない。と「Forbes」誌も研究者らの意見に賛同。“有毒社員”がいるだけで、周りの社員にも悪い影響が伝染していく可能性を示唆しています。

有毒社員を解雇すれば、
企業の利益は倍増する?

 

さて、今回の分析調査で明らかになったことがもうひとつ。有毒社員を雇い続けることによる、企業の損失です。

USA Today」の記事に、雇用側も耳を傾けざるを得ないような内容が。曰く、上位1%の優秀な社員(ここで言うところの有毒社員)が企業にもたらす利益は、金額にしておよそ5,300ドル(約64万円)。一方、有毒社員を解雇することで、会社は推定12,490ドル(約150万円)の利益を、同じ期間で企業は得ることができるというのです。その差は2倍以上ーー。

有毒社員は、「職場環境を台無しにする」とHousman氏。彼らを避けることで、他社員の生産性が向上するという見方。つまり、有毒社員を避けることは、優秀な社員を見つけるよりも企業にとっては利益が高いという結論です。

優秀だけど毒と共存するか
毒を排して利益率を上げるか

toxic-employee125125-01

たとえ有能であっても、何が何でも自分の主義主張を貫き通し、企業をのし上がっていく。そんなカッティングエッジとなる人材よりも、周りと同調でき他人に思いやりをもてる社員を優先する方が、結果として上手くいくとMinor助教授は推察します。

しかし、その一方で有毒社員のハイパフォーマンスに頼らざるを得ない現実も。そちらを優先する管理者も多く、ジレンマを抱えている様子をMinor助教授は「ナショナル・パブリック・ラジオ」のインタビューに答えています。

有毒の定義が、いささか曖昧で極論過ぎる気もしませんか?出る杭は確かに打たれる。でも、出すぎた杭は誰も打たなくなるはずですが…。

Reference:Forbes , USA TODAY, Financial Times , npr

価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
新年度になり、約1ヶ月。入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当た...
なぜか優秀な人から辞めていく。そんな職場に身を置いたことはありませんか?自身もCEOとして活躍するElle Kaplan氏は「Inc.」の記事のなかで「で...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...