【得?損?】末っ子にあるあるなコト18選

兄弟の多い家庭では、年齢差や性によって多少の差がありますが、一人っ子には想像できないことが起こっているのです。「甘やかされて育った」とのイメージが強い末っ子ですが、どの家庭にも起こりうる、末っ子ならではの「あるある」をまとめてみました。

1.子供の頃は親がいつもかばってくれた

親がかばってくれた

兄弟ゲンカをすると、自分が悪いのに、「〇〇はお兄ちゃんなんだから」と怒られたり我慢させられたりするのはいつも兄・姉でした。

2.年上の友達が多い

いつも兄・姉の後をくっついて回っていたため、昔から兄・姉の同級生によく遊んでもらっていました。

3.使うものはいつもおさがり

おさがりが多い

上に同性の兄・姉がいると、小さい頃の洋服や道具は全部おさがり。
たまに買ってもらえる新品のものは宝物のように大事にしていました。

4.兄・姉の真似をしたがっていた

小さい頃、身近にいる兄・姉を見ては「かっこいい」と思ったり、「早く大人になりたい」と思ったりしていませんでしたか?
特におませな女の子は姉の身なりを参考にして、同級生に比べると大人っぽく見られたりしたことも。

5.なかなか欲しいものにありつけない

欲しいものにありつけない

ゲームやおやつなど、欲しいものにありつくには、兄弟同士で取り合いのケンカをすることはしょっちゅう。
しかし、力では兄・姉に負けてしまうため、いつも末っ子は後回しもしくは少量しか分けてもらえないという結果に。おかげで少々のことではへこたれない性格に。

6. 一人で写っている写真が極端に少ない

実家にあるアルバムといえば、第一子の小さい頃の写真が山ほどあるのに、末っ子にもなると、一人で写っているものは数少ない、もしくは兄弟揃っての写真にしか写っていないという寂しい結果に。
写真を撮るのも忘れてしまうくらい、育児って大変なんです。

7. 少々のケガ・病気ではびくともしない

ケガや病気も慣れっこ

親も育児の経験を積んでいくと、何があってもどんと構える余裕ができてきます。
子供のケガや病気も上の子供で慣れっこになってしまい、少々のケガではあまり気にしてもらえなくなるため、たくましく育った人も多いのでは。

8. 自分の部屋が欲しかった

子供の頃は憧れていた一人部屋。
兄弟の中で自分一人が家に残る今では、一人部屋があるにも関わらず少し寂しい気がするのは気のせいでしょうか。

9.名前を間違えられたり忘れられたり

名前を間違えられたり

兄弟が多いと兄弟の名前がごちゃ混ぜになることが多いのですが、ひどい時には、末っ子の名前はそれすらも忘れ去られているのも、もう慣れっこです。

10. 大人びている

兄・姉と行動を共にしていると、同年代の子供よりも「大人な」情報が入りやすく、知識が自然と豊富になります。
また、大人を真似た口調で答えたり、口ゲンカでは大人顔負けの発言をしたりも。

11. 何をするにも上の兄・姉と一緒

何をするときでも一緒

自分に興味がある・ないに関わらず、兄・姉と平等に育てたいということで、習い事など揃って同じことをさせられていた人も多いはずです。
常にライバルが身近にいることで、努力家も多いとか。

12.兄・姉が親代わりに育ててくれた

年の離れた兄・姉がいる人は、忙しい親の代わりに面倒を見てもらっていた人も多いのではないでしょうか。
親よりも一緒にいる時間が長く、家事などもテキパキとこなしていた兄・姉は今でも頭が上がらない存在です。

13.弟か妹が欲しいと思ったことがある

弟か妹が欲しい

家族からいつも面倒を見てもらっている反面、一度世話をする側になってみたいと思ったことはありませんか?

14. 要領がいい

兄・姉の行動やそれに対する大人の反応などを小さい頃から見ているため、観察力が鋭く、良い・悪いを含めて「こんな時にはこうすればよい」と判断するワザが自然と身に付いています。

15. いつまでも家族から子供扱いされる

いつまでも子供扱い

家族で一番年が若いということで、親からも兄弟からも未だに子供扱いされてしまうけれども、成人したにも関わらずお小遣いをもらっている人や、何をするにも家族が手助けしてくれるというラッキーな面もあります。

16. 年上に可愛がられる

年上に囲まれて育ってきた末っ子は、甘え上手で家族以外でも先輩に可愛がられるタイプです。

17. 人を頼りにしてしまいがち

頼りがち

小さい頃から何かと人にしてもらったり、勝手に決められることが多かったため、自分で何かをしたり決めたりすることが少し苦手です。

18. 割と自由奔放に生きている

兄・姉に比べると、小さい頃から両親にあれこれとうるさく言われたことがなく、大きくなった今も、自分のやりたいことが自由にできる人が多いのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか? 末っ子の方、思い当たることはありましたか? 末っ子でない方は、身近な末っ子の方の魅力のルーツを知れたのではないでしょうか。甘えでもあり、努力家でもあるな末っ子は周りのひとからも愛される素敵な人に違いありません。

長女には長女の特徴が、長男には長男の特徴がそれぞれあるように、次女にも特徴があります。それは絶対ではありませんが、共感できる人にとっては「あるある」と頷け...
例えば姉しかいない男性の場合は、一番下なのに「長男」となります。ここで話題にしたいのは、いわゆる「末っ子長男」の性格。もちろん、一般論をまとめているので、...
子どもの頃の環境が、大人になってからも、少なからず行動や考え方にあらわれてくるものです。それは、恋愛においても一緒。たとえば、末っ子で次男の男性。彼らの恋...
AB型の末っ子は、AB型の特徴である「冷静沈着さ」と末っ子ならではの「人なつっこさ」を兼ね備えていると言えるでしょう。自分の気持ちを上手に表現することが苦...
血液型がA型の人は、日本では全体の約40%で最も多くの割合を占めるタイプです。家族や身近な友人にA型の男性、女性がいる方も多いかと思います。一般に「几帳面...
O型で末っ子の人は、チャレンジ精神が旺盛で、その天真爛漫な性格ゆえ、周囲の人とのコミュニケーション能力にも長けている…。O型ならではの自信あふれる性格と、...
生まれの順で運不運があるとすれば、三兄弟(もちろん姉妹も!)の真ん中の子どもは「ぞんざいに扱われがち」だと主張するGigi Engle氏。もちろん、当の彼...
血液型B型は、日本の人口の約20%だとか。全体では3番目に多い層になります。一般的に「マイペース」「気分屋」「好き嫌いがはっきりしている」といったイメージ...
しっかり者のイメージが強い長女。では、次女は?一口に次女と言っても、二人姉妹だったり、上に兄がいたりすれば末っ子、弟や妹がいれば真ん中っ子になります。今回...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
近すぎる存在だからこそ、時には大嫌いになってしまうこともある、兄弟。でも、思い出してみてください。ゲームの遊び方といった些細なことから、生涯心に留めておき...
カワイさよりも生き方優先やけにサバサバしていたり、姉御肌だったり、気っ風が良かったり・・・。どこかオトコマエな彼女の性格、育った環境に秘密があるのかも。海...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
思った以上にたくさん。兄弟がいたからこそ学べたこと。ケンカしたり、あまりにも的を得た意見をビシっと言ってきたりして、ときどき憎らしい・・・でもやっぱりなん...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
女性ライターのShireen McClearyさんが「Elite Daily」で語ったのは、「女兄弟のいる男性と付き合うべき5つの理由」。幸か不幸か、彼ら...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...