ペットボトルやビニールが吸い寄せれれる「海のゴミ箱」

海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが係留されているマリーナ。

専門的な知識がなくたって、まずはアイデアを形にしてみること。その大切さを教えられる、海の男たちの発明です。

浮遊ゴミを回収する
“海のゴミ箱”

Medium 7d6141b3bd4072506d6c9cca0c6d79e0b63c5f04Medium 7a0595e2854f283b68d5f834978d90f36df60537

オーストラリア人のPete Ceglinskiさん(写真上)とAndrew Turtonさん(写真下)。彼らの共通の悩みは、自分たちの愛する海がどこからともなく漂流してくる浮遊ゴミで汚れていくこと。ペットボトル、缶、ビニール袋。海に漂うものはそれだけではありません。油や燃料、洗剤など、魚や海鳥たちの生命を脅かすものも含まれています。
それら一つひとつを人力で拾い集めるには、海はあまりにも広大すぎる。そこで、汚染問題を解決するため、彼らが開発したのが「seabin」。海のゴミ箱です。

海水ごとゴミをひと飲み
勝手に吸い寄せられる?

Medium 2e2cc5bf411b2652fba6e103c07c4601ba46b9da

Turtonさんが抱えるこれが“海のゴミ箱”の正体。なんとも不格好なこのseabinを、海中にドボンと沈めていきます。すると…あら不思議!海面を漂うゴミが、ゆらりゆらりとゴミ箱へと近づいてきて、そのままツルん。

Medium 44e544a2b57ef49cad86bedd3c9e63a31fcdd4d4

原理はいたって簡単。水面数センチに沈めたseabinが、海水ごとゴミを飲み込んでいきます。ちょうどお風呂にバケツを上からググッと沈めていったとき、淵からお湯が流れ込んでくる、あの感覚に近い。しかし、こちらは循環ポンプの動力型。seabinの底から順次パイプから排水し、ろ過フィルターを通してまた、海へと海水を戻していきます。seabinの吸引力は、小魚を巻き込まない程度に小さくも最大の効果を発揮する計算だとか。


Medium 0541d223aa6cd56cacdc00eaa8637ab4687b3a4c

じゃあ、実際どのくらいのゴミがこれで集まるかというと、ご覧のとおり。結構な量でしょ。ただし、seabinの内側にフィルター代わりのネットを取り付けているため、これが満タンにならないよう、こまめに人力でゴミを回収する必要が。この辺りのアナログ感、海を愛する男たちのひらめきから生まれた自作感が出ていて、ちょっとほっこり。

ひとつでは微力でも…
複数設置でドミノ効果

Medium 58a8d4ab08e095bc92ee2435ae161c818c5375f4Medium ecd276e6c58e200f8a99e769c9b9cabc4adef99c

それでも、たった1つのseabinでマリーナ全体のゴミを吸い集める訳にはいきません。彼らの目的は、マリーナ全体に複数個設置することで、ドミノ効果式に連鎖反応を起こし、波による影響やゴミ溜まりを作らない工夫を考えているんだとか。

あくまでもこれはプロトタイプだと主張する二人。現在、クラウドファウンディングIndiegogoにて資金調達中。彼らの思いつき感と急ごしらえの手作り感が、妙に応援してあげたくなるから不思議です。

Licensed material used with permission by SEABIN PROJECT
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...