いつでもどこでもコーヒーやお茶を淹れられるマグ「mojoe」

冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…

01.
挽いた豆(粉)を入れて

F76ee5a9ef9d20fe84d21748602660958a08e929

02.
水を注ぐ

Badbe8ac0c454f015e5ddfad2fb49aceb647f3b3

03.
ボタンを押したら

47dc548163c5aa1b5874b6c8bf7fbde976506dff

04.
約10分待つ

Bce0d65cbe60a8e20f26a388c0b1e9b7c7cb4fbb

05.
グイッ

58fb08e8493cae0669ef9b11638146b2e0513a45

もちろんお茶もいれられます。

車でも使える

10a0430662a5ba2ea94c916b91a740979c53e7b3

充電式ですが、ACアダプターやシガーソケットからも電源を供給可能です。オフィスやアウトドアはもちろん車内でもほっと一息つけますね。

再利用可能なフィルターつき

376184fdf5a8d567bea3421fb79146ab7050fc78

取り外して出がらしを捨てられるのでいちいち交換する必要はなし。砂糖やミルクも入れられます。

近ごろはコンビニでカンタンに挽き豆のドリップコーヒーが飲めるようになりましたが、自分好みの豆で淹れたい!という通なあなたは、小型のコーヒーミルと併用するといいかも。

マグのカラーバリエーションも豊富なので、組み合わせを考えるのも楽しそうですよね。

82aa45e7eead1c7efb5416ba0d9a14d32509f5a0

まだクラウドファンディング中ではありますが、今なら日本への送料込みで94ドル(約11,400円)から予約できます(2015年12月19日時点)。配送開始予定は2016年5月頃。「Kickstarter」でチェックしてみては?

Licensed material used with permission by MoJoe Brewing Co.
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
どんなに寒い冬の日でも、コーヒーは必ずアイスで。そんなアイスコーヒー愛飲家の人にとっておきのアイテムを紹介。これなら、普通に淹れた熱々のコーヒーを、ほんの...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...