「チャラ男」と「モテ男」の10の違い

常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ男」はチャラいのか…10個の事例から違いを探ってみましょう。貴女はどちらを選びますか?

1.記憶に余韻を残さない vs 残す

恋愛

シーンをカラオケに限定してみましょう。「チャラ男」は楽しいことや盛り上がることが大得意。皆でカラオケなんて時には、マラカス・タンバリン・合いの手で全力で盛り上げてくれます。もちろんその間も目線は女子達に。一方「モテ男」はかなりの確率で歌が上手い。

しっとりバラードを唄い上げ、女子のハートをわしづかみ。酔わせてしまいます。「あ~楽しかった」で終わるのか、記憶に余韻を残すか…違いは歴然。

2.目立つ服装 vs 合わせる服装

「チャラ男」は自由を愛します。個性的で明るくファッションも個性的。それゆえどんな場面でも目立っているし、そんな自分が大好き。デートでは彼女とちぐはぐな格好になる確率大で、女子のほうが合わせなければならないかも。

「モテ男」は目立つかどうかよりは時と場所、相手に合わせた服装を心得ています。デートでは自分よりも女の子を引き立てるようにさりげないオシャレに。

3.広く浅く楽しめるvs 深く濃く学べる

恋愛

「チャラ男」は一見、話上手で面白いです。でも内容はギャグやウケ狙いが多く深みはないかも。しかも、話の内容がコロコロ変わるジェットコースタートークです。ずっと聞いてると疲れるでしょう。

「モテ男」は女子が聞きたくなる話題をなぜか知っています。そして、知識が広く深く、知恵を与えてくれる内容で惹き付けます。もちろん、飽きないように笑いのセンスも取り入れて。

4.話す聞かせる vs 聞く話させる

「チャラ男」は盛り上げ上手ですが裏を返せは、自分の話に熱中して相手を笑わせて満足します。前述のとおり内容は浅いです。

「モテ男」は自分が話すよりも相手が話しやすいように話題を引き出します。しかも、楽しそうに聞いてくれるので話せば話すほど楽しい気分にさせてくれ、安心して「また、話がしたい」と思ってしまいます。

「その場でお腹いっぱいご馳走さま」vs「もっと食べたい…」の差がありますね。

5.自分優先 vs 相手優先

恋愛

「チャラ男」は自分大好き、目立つの大好き。どんなときでも自己アピール全開です。「きみ、かわうぃ~ね~」と女子を誉めても周りの視線を意識しています。

「モテ男」は女子が好きなシチュエーションで言って欲しい言葉を差し出せます。自分優先か相手優先かですね。

6.ワンパターン vs ギャップあり

「チャラ男」は女子なら誰にも明るくノリノリでアピールします。誰にでもアピール全開です。

「モテ男」は誠実に真剣な顔をしているかと思えば、ふいに想定外の笑顔をみせて女子をドキっとさせてしまいます。

そのギャップには凄い力が秘められているのに、自然にやってのけてしまうのが「モテ男」です。

7.どこでもナンパ vs こっそりナンパ

恋愛

「チャラ男」は場所や時を選ばずに、ナンパして当たり前。ナンパが習慣。誰にでもすぐにメールアドレスや電話番号を聞き出します。

「モテ男」は誰にも見られないような時、場所、もしくは人前でも悟られないように内緒のメモを渡したりします。私だけが特別…と思わせてくれますが、実は違った!なんてこともあるので、要注意です。

8.一見マメ vs 本当にマメ

「チャラ男」は誰にでも同じようなマメさをみせます。誰にでも同じなのですぐにバレます。約束事をしてもドタキャンは日常茶飯事。埋め合わせに追われます。

「モテ男」のマメさは特別感を与えてくれるのです。誕生日や記念日は忘れません。さりげない声かけ、返信を強要しないメール。モテるのに他の女子の影は見せない心得があります。

9.同性の友達は少ない vs 多い

恋愛

「チャラチャラして言動が軽薄な若い男性」と形容されるチャラ男。その軽薄さは同性から見ても敬遠されがち。女子からモテたくて、女子のお尻ばかり追いかけているので、同性の友達は当然少ないでしょう。

一方「モテ男」は同性にも好かれます。女子と同様に男友達も大切にするので、信頼感が違います。

10.モテたい vs モテてた

「チャラ男」のパワーの源は女子にモテたいという欲求。全てはその為です。

「モテ男」は自分以上に相手を思うので結果的にモテてしまいます。

一時の楽しさか、心からの楽しさか、残るか残らないか…。どちらを選ぶかは貴女しだい!

マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
優しそうだから、楽しそうだからなどの理由で、付き合い始めた男性が、しばらく付き合ってみたら、「つまらない男」だったという経験はありませんか?付き合う前に、...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
自分勝手な元カレに振り回されて疲れ果てた・・・次に付き合うのは紳士的な男性がいい!と考えているあなた。でも紳士的な男性って、具体的にはどんな人のことを言う...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
恋愛コラムを多数掲載している「Elite Daily」で、またまた面白そうな記事を見つけました。「今だけ」じゃなくて「将来」、一緒にいたいと思える男性の特...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
現代におけるモテる男のイメージは、明るくフレンドリーなタイプ。とはいえ、寡黙な男性にも根強い人気があります。ここでは、少し古風な男性の魅力をあらためてまと...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...