東日本大震災で被災した病院が、「台湾の義援金」によって再建したことを知っていますか?

東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。

再建に向けて、これまでに多くの救援金が集められてきたそうです。そのなかに、台湾からの温かい義援金が含まれていることを知っていますか?

あの日から、4年9ヶ月
南三陸町に総合病院が再建

12313774_10153375716959094_7718302619596463971_n

この度、新しく開業した同病院の前身は、「公立志津川病院」。あの日、津波による甚大な被害を受け、5階建ての建物の4階部分までが水に浸かりました。入院患者ら72名が犠牲となり、行方不明者もいた、と当時の河北新聞は伝えています。「日本赤十字社」によると、その後は南三陸地域住民のため、仮設診療所での医療活動を続けてきたようです。

新たな再建場所は、志津川湾を望む南三陸町の高台の上。子どもから高齢者まで受診できる総合病院として、また、災害時には避難の拠点として、地域住民の健康と安全を守る施設に生まれ変わりました。

建設費用の約4割が
台湾からの義援金だった

12278965_10153364651584094_206757575758636255_n

ところで、今回の再建にあたり、建築費用の約4割にあたる22億2,000万円が、台湾からの義援金によってまかなわれていたことは、新聞やテレビであまり報じられていません。「中央社フォーカス台湾」が伝えるところによれば、中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)から日本赤十字社に寄せられた救援金が使われていたようです。震災直後より、支援のために台湾の人々から寄せられた寄付金が、南三陸町の総合病院再建に大きく貢献していたんですね。

上の写真は、「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」敷地内に建立された記念碑。開業に先駆け行われた落成式の場で、台湾赤十字の王清峰氏は、「日台の友好が末永く続く象徴」とコメント。
中華民国国旗と南三陸町の町旗、両者をつなぐように「絆」が強く刻まれています。

Reference:日本赤十字社 , 中央社フォーカス台湾台北駐日経済文化代表処
Licensed material used with permission by Taiwan Red Cross

2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
台湾の牛肉麺を知っている人でも、「番茄」入りはあまり目にしたことがないかもしれません。番茄とは、トマトのこと。「なーんだ、それなら」という人も、実際に現地...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
台湾みやげの筆頭格といえば、「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」でしょう。素朴なクッキー地に爽やかなパイナップル餡が意外とハマるんですよね。あの味を自宅で簡単...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
東京ビッグサイトに次々と集まる、スーツ姿の医学生たち。そこで行われるのは、岡山県にある倉敷中央病院による、世界でも類を見ない過酷な「実技トライアウト」だっ...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
5歳の女の子、ジュリアンナちゃんは、シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)の患者でした。治療法は見つかっておらず、末梢神経障害による筋力低下や感覚低下が...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があ...