髪の毛を染めている女性ほど、ベッドの上で大胆になる(研究結果)

「永遠のセックスシンボル」と讃えられる、あのマリリン・モンローがブルネットの髪をブロンドに染めていたのは周知の事実。だからという訳じゃないでしょうが、「髪を染めている女性はベッド上で大胆」なんて研究結果が出てきました。 10年以上、地毛に戻したことはないという、おしゃれライターIzabella Zaydenberg氏が、社会学者の研究に自身の見解を加えて熱っぽく解説しています。

01.
自信がみなぎる!
ゆえに、性的興奮もUP

Hair salon. Coloring. もしも、ベッドで裸の彼に「最高だね」なんて言われたら、冗談抜きで自信を持ってOK! 英ノッティンガム・トレント大学の社会学者Mark Sergeant教授らによる研究に、こんなデータが残っています。女性は髪を染めた後、普段よりも自身に満ち性的興奮も増して大胆になる。 私が初めて、プライベートではない場所(つまりはオフィシャルな場所)でのセックスに挑んだ時、確かに髪の毛を2色に染めた直後でした。自分史上最高というくらいの気持ちになり、この興奮を分かち合いたいと思ったのです。もちろん彼は、私の髪型に不満を口にすることはありませんでした。

02.
他人と快楽をシェアしたくなる

0078234911_Large Sergeant教授の研究は、更に続きます。女性は髪の毛を染めたあと、知らない人の間で歌を披露したりダンスをしたり、どこかへ一緒に出かけることに快く同意をしたそうです。そして、パートナーとロマンチックなセックスに及ぶことも、もちろん同意したんだそう。 ヘアカラーは、お酒を飲むのと同じように興奮感覚を与え、女性をセクシーで大胆な気持ちへとさせるもののようです。ひょっとしたら、テキーラショットを4杯飲むのと同じよな状況なのかも。

03.
チャレンジ精神が旺盛になる

shutterstock_257264338 紫は?緑はもう染めてみた?テレビの中のセレブたちができるんだったら、あなたにだってできるはず。新しい色の髪を躊躇ってたら、自分に似合うかどうかなんて分かるはずもありません。どんどん大胆になることで、女性の魅力を自分自身で探ることができます。ちょっとくらい失敗したからって気にしない。放っておいたって髪はまた伸びてくるんだから。

04.
変化を怖れない

本来、変化は誰にも予期できず怖いもの。時に悲劇的で、変化の先にほとんどいい結果がない場合もあります。でも、カラーを好む女性は、変化を怖れず受け入れるだけの包容力の持ち主。むしろ、それを楽しむ余裕さえも。自分がコントロールすることさえできれば、それが顔にできるシミやそばかすだって、怖がる必要はありません。

05.
“自分らしさ”を発見できる

163095692 私たちは、いろんな美しさを模索しているのです。自然なままの美しさだけを追求する必要はありませんよね?ピンクや青、シルバー、カラフルに染めあげた髪が、あなたにバッチリ似合うかもしれません。そうして、髪の色を新しく変えていくごとに、私たちは自分の新たな魅力も再発見しているのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
仕事で成功を収める女性たちの“夜の生活”。デキる人は何をやってもデキるものと、決めつけてしまいそうなところを、「Elite Daily」のこの記事はしっか...
どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極めるいい機会でもあるのです。ここでは、男性...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
大人の男を代表して、男性が心の底から求める女性の特性をまとめ上げたのは、ライターAnthony D'Ambrosio氏。30歳独身。日本でも、そろそろ本気...
これは、カリフォルニアで生まれ育った女性ライター、Samira Behrouzanが、自身の経験から男性の意見を代弁したもの。参考にしてみてね♪彼らが心か...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
なぜかいつも楽しそう。さらに「カッコイイ」と言われる女性って周囲にいませんか? 人から信頼が厚くて、仕事もできて…そんな女性は「芯の強い女性」といわれてい...
イギリスで実施された浮気調査をもとに、女性の浮気の心理を探ってみましょう。国が違えば、恋愛における女性の価値観だって当然違うはず。以下に登場する4つの“浮...
ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられて...
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...