知らないと恥ずかしい...「よろしくお願いします」って、英語で何て言うの?

「よろしくお願いします」は、日常のいたるところで使われているフレーズ。でも、残念ながら英語には、それに取って代わる便利なことばはありません。

つまり、シチュエーションに応じて表現を変え、思いを伝える必要があるということ。ここでは、“バイリンガール”のChikaさんが5つの状況に合わせた言い回しを紹介してくれました!

01.
初めて会う人に対して
「Nice to meet you」

2d906caa9b20a7ec606cd8ceae1f183a22d81035

「はじめまして。よろしくお願いします」を英語で言うと、「Nice to meet you」。とてもシンプルです。

別の表現としては「It's a pleasure to meet you」も挙げられますが、こちらは「お会いできて光栄です」と丁寧さが高まるイメージ。

02.
今後一緒に働く人に対して
「I look forward to working with you」

E3f9745a1b49db2c631517eb232a01544ae67dbf

この場合は、「I look forward to working with you」が適切。あなたと仕事をするのが楽しみ、という気持ちを示します。

「I look forward to doing business with you」は、新規プロジェクトを立ち上げたり、新しい取引先ができたときに使うことが多いのだそう。さらに、新しい会社に入ったときに使うフレーズなら、「I look forward to joining the company」がいいでしょう。「I look forward to」を「I'm excited to」に置き換えることも可能です。

03.
これからすぐお世話になる人に対して
「Thank you for taking the time to meet」

3896cf36c50b0ae87dbb76ec4bc8011cdd373775

これもシチュエーションによってさまざま。たとえば、相手に打ち合わせに来てもらったときには、「Thank you for taking the time to meet」もしくは「Thank you very much for coming」。反対に自分がそれを言われた側だとすると、「Thank you for having me/us」や「It's our pleasure」と返しましょう。

「I appreciate you taking the time to meet」や「I appreciate you coming」は、目上の人に対しての「よろしくお願いします」ではなく、対等もしくは下の人に対する「よろしく!」のような感覚です。

04.
上司が部下に対して
「Thanks!」

C79f1d9b3ac107ec056bbe35260bd4f1c0d84f0f

これはとてもシンプル。お願いごとをして「Thanks!」と言えば「よろしくね!」というニュアンスになります。「任せたよ!」「頼りにしてるよ!」という意味合いの「I'm counting on you!」というフレーズもあり。

05.
家族・友人に対して
「Thank you for doing this!」

4d044802cab1ce448f26733072c2472e97463d4c

親しい人に対しては「Thanks!」の他に「Thank you for doing this!」と言いましょう。また、「I knew I could count on you!」もアリ。単純に「You're the best!」「I love you!」「You're great!」と褒めて「よろしく!」というニュアンスを伝えることもできます。

これまで5つのシチュエーションごとの「よろしくお願いします」を紹介してきました。が、Chikaさんは、決してすべてを暗記しようとはしないでほしいのだそう。それよりも大事なのは、状況に応じて「どういう気持ちを表現するのか」を考えてからことばにすること。ここで紹介したフレーズは、あくまでも参考程度にインプットしておいてくださいね!

Licensed material used with permission by Bilingual Chika
実務をこなすスキルはもちろん重要ですが、ミーティングやプレゼンなど、対面している相手に「仕事ができそう」「わかる奴だ」と思わせるほうが、重要なこともありま...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
言葉って難しい。こちらが心配して発しても、人によっては気分を害してしまう。褒めているのに侮辱していると思われることもある。しかも、厄介なのは、私たちが普段...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
大好きな人とするキス。でもその顔って、じっくり見たことないですよね。自分のキス顔なんてもちろん見たことがないし、相手のキス顔だって、はっきり見えるものでは...
内気で恥ずかしがり屋な性格であることは、社会ではデメリットだと見られがち。でも実際は、恥ずかしがり屋な性格にもたくさんの魅力とメリットがあるのです。「I ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...