SNSで話題!「ハッセルバックポテト」が旨すぎて危険レベル・・・

じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!

SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ人気に火が付いた「ハッセルバックポテト」。Instagramは、趣向を凝らしたオリジナルのアレンジレシピがいっぱいです。

アレンジ自在のポテト料理

スクリーンショット 2015-12-30 10.11.40

このアコーディオン状になったポテト「ハッセルバックポテト」は、1700年代に創業したストックホルムのレストラン「Hasselbacken」の名前が由来となっている、と「SwedishFood.com」は伝えています。同レストランの看板料理だったようですよ。

とにかく調理が簡単。オーブンがなくても、魚焼きグリルやトースターを代用すれば、美味しくできるはず。切れ目を入れてはさんで焼くだけ。たとえば、こんな感じに。

切れ目に何をはさむ?
アレンジ自在のポテト料理

スクリーンショット 2015-12-30 11.11.58

tetsu390さんがはさんでいるのは、じゃがいも、チーズとのコンビネーション鉄板レベルのベーコン。さらには、刻みにんにく、バター、仕上げにパセリとパルメザンチーズでお化粧されています。

スクリーンショット 2015-12-30 10.09.23

watttchanさんは、パルメザンチーズ後のせ戦法。カリカリ、ほくほくのバランスが良さそうですね。

スクリーンショット 2015-12-30 10.10.59

話題のニトキス鍋に、ナスとトマトを一緒にグリルしたaryton4848さん。ローズマリーの香りでプロヴァンス風の仕上がり?

スクリーンショット 2016-01-04 20.27.49

georgebeatz_ironrecordさんは、トマト、バジルをあしらったカプレーゼスタイル。

スクリーンショット 2015-12-30 10.12.08

mickyhukuさんのハッセルバックポテトは色鮮やか。切り込みにはさまれた紫色はビーツ、緑はズッキーニのスライスだそう。

スクリーンショット 2015-12-30 10.25.40

f_candleさんのオシャレランチプレートにもハッセルバックポテト。主役級の存在感です。

ハッセルバックポテトのつくりかた

では、一番ベーシックなハッセルバックポテトのつくり方をkaorinkitchenさんのレシピよりご紹介。とってもカンタン。おせちに飽きたら、ぜひお試しあれ♪

スクリーンショット 2015-12-30 10.11.40

<材料>じゃがいも(キタアカリ)、にんにく、バター、パルメザンチーズ、塩こしょう

よく洗ったじゃがいもを皮付きのまま、ペティナイフで切れ目を入れてアコーディオン状にする(下まで切り過ぎないように地注意)。薄くスライスしたにんにくとバターを切れ目にはさむ。バター、パルメザンチーズ、塩こしょうをお好みでふりかけ、200度に余熱したオーブンで30分〜1時間じっくり焼いていく。

パセリとサワークリームを添えてできあがり。チキンの付け合せとしても◎!

Reference:SwedishFood.com
Licensed material used with permission by watttchan ,georgebeatz_ironrecord ,  aryton4848 , tetsu390mickyhuku, kaorinkitchen, f_candle

冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
ここで紹介するのは、いまInstagramで話題沸騰中のとあるトースト。fujifab12さんが投稿している、その名も「悪魔のトースト」はクセになるおいし...
ロシアで話題のイケメンYouTuber、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...