今年の春「ピクサー展」が日本にやってくる

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年を記念した展覧会が、東京都現代美術館で開催されます!

ピクサーファン垂涎!
アートワーク約500展が集結

Medium 04fc1951a2b21720f694efadd3d43f0f237fef41
ボブ・ポーリー《ウッディとバズ》©Disney/Pixar

コンピューター・アニメーションという優れた技術に、独創的なストーリーや魅力的なキャラクター設定で世界中を熱狂させるアニメーションスタジオ、ピクサー。

彼らが抱える多くのアーティストやデザイナーたちが、ストーリーやビジュアルの企画段階から手書きのドローイングや彫刻でキャラクターを生み出しているそう。この展覧会では、彼らの創作活動に焦点をあて、ドローイングやカラースクリプト、模型など多様なアートワークを紹介するもの。

くだんの「ピクサー展」は、3月5(土)から5月29日(日)にかけて、東京都現代美術館にて開催される予定です。

『ファインディング・ニモ』

Medium 558e51bade8ff471f959342c50925aa4b81b43aa
ラフル・エッグルストン《遠足のシーンのパステル画》©Disney/Pixar

『モンスターズ・ユニバーシティ』

Medium dc8fbe1d429f207507f65bbb3ae6ea8e0aa5a925
堤大介《モーメントペインティング:退学》©Disney/Pixar

『レミーのおいしいレストラン』

Medium 4bacba0a7396fb85204738b6e04b5bae251bf788
ハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)《カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー》©Disney/Pixar

『アーロと少年』

Medium 0ac5018e841a82c0795013114e27aa29efc5a5c4
シャロン・キャラハン《カラースクリプト》©Disney/Pixar

『カールじいさんと空飛ぶ家』

Medium 33f32b9058268d08ec35943a4cf6951a4b0e3677
リッキー・ニエルヴァ《ケヴィン、ダグ、ラッセル、カール》©Disney/Pixar

『カーズ2』

Medium 68a3a838b29f42a8ea4e1332c8a6b44021902bc8
チップ・フース《ライトニング・マックィーン》©Disney/Pixar

『Mr.インクレディブル』

Medium a4b91ef9312037f0ad0dde8625cb7821f39e2166
ルー・ロマーノ《カラースクリプト》©Disney/Pixar

みどころは、大きく分けて3つ。

▶みどころ①
世界初のフルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』から最新作『アーロと少年』まで、映画制作の源泉となったアートワーク、約500点を一挙公開。

▶みどころ②
ピクサー・アニメーションの真髄、“ストーリー”、“キャラクター”、“世界観”を多才なアーティストたちが、さまざまな技法を用いて表現。

▶みどころ③
大型ゾートロープと迫力のスクリーン映像で、ピクサー・アニメーションの世界観を表現。

『トイ・ストーリー』

Medium d5b82e2a451bbca70b6d430b7a09beb3cdad799d
《トイ・ストーリー ゾートロープ》©Disney/Pixar

静止画を素早く入れ替えることで、あたかも動いているように見せるゾートロープ。「トイ・ストーリー ゾートロープ」は、円盤の上に配置されたお馴染みキャラのフィギュアを暗闇の中で高速回転。それをストロボライトで照らすことで…。アニメーションの原理を体験できるインスタレーションを、ぜひその目で!

Licensed material used with permission by ピクサー展
いまや世界の人々を魅了する、日本のアニメ。どうやら、ことCGにおいても、その実力は確かなもののようだ。これが自主制作!?その“完成度”に驚愕の声これは、C...
ピクサーのアニメーター2名が、サイドプロジェクトとして作成した3Dアニメーションが期間限定でVimeoに公開されている。10月25日にFacebookへ投...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていない...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
見た目には分かりにくいけれど、障害や難病を抱え、配慮や援助を必要としている人たちがいます。「辛い、しんどい」声に出せず、我慢している人も。けれど、こちらか...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...