泣くのを我慢する必要なんてない。いい涙は、あなたを強く、健康で、クリエイティブにする。

Elite Daily」のライター、Candice Jaliliが自身の経験を元に、泣くことの大切さをアドバイス!その一部を以下に紹介します。

わたしが涙をガマンしない理由

わたしは泣くのが苦手だ。感情的になりすぎてしまう。そんな姿は誰にも見られたくない。だから、必死に正気を保とうとする。まるでロボットのように。

とはいえ、それでも爆発してしまったことはある。鼻水は出ちゃうし、引き攣るくらい泣いた。まるで赤ちゃんだった。あまりの凄まじさに最後には泣きながら笑っていて、自分でも引いた。でも、そのあと心の底から気分が良くなった。泣きたいときに泣けるのは素晴らしいこと。ちゃんと理由だってあるのだ。

涙でストレスを吐き出せる!

good-cry160130-01

Psychology Today」によれば、反射的な涙の98%は水であるのに対し、感情的な涙にはストレスホルモンが含まれている。涙が悲しみを体外へと排出してくれるのだ。

長いあいだ気持ちを溜め込んでいると、いつか必ず爆発する。だから、泣きたいときには泣く。だって、科学的にもオススメできる方法だから。

時間をとって
自分と感情を同期させる

自分の感情を理解して付き合うのは大切なこと。それができていれば、必要なときにきちんと泣ける。わたしも含め多くの人たちは、自分を忙しく保とうとする。だけど、感情とのコミュニケーションを取り忘れてしまうのだ。自分が何をしているかはわかっていても、何を感じているかわからない人は多い。

本当なら、涙を流すために1日くらいとってもいいくらい、時間をつかうべきなのだ。自分と感情を同期させよう。

ありのままを知ってもらおう

年齢を重ねるほど、泣きづらくなる。自分の弱さをさらけ出すからだ。でも、それは必要不可欠なプロセスでもある。周りの人にも本当の気持ちを知らせよう。

感情を我慢し過ぎると、自分が無機質な機械になってしまったかように感じてしまう。でも、それじゃ死んでいないだけ。いい涙は、あなたが生きている人間だということをはっきりと思い出させてくれるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily

涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
一般的に、泣くことは“弱さの象徴”のように捉えられがち。しかしここでは、そんなイメージを覆す「Higher Perspective」の記事を紹介しましょう...
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
健康的な体を手に入れるためには、日常の習慣を変化させることが大切。そのためのヒントを、ライターSamantha Joy氏が教えてくれました!「Elite ...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
自分を偽らずに、ありのままで過ごす。ちょっと悪女と思われるくらいがちょうどイイ。そう持論を展開するのは、ライターのGigi Engle氏。まわりにばかり気...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
「クリエイティブは技術革新に似ている」。そう書いたのは、米・起業家のポール・ハドソン氏です。彼は、先見の明がある人たちの共通点として、集中力とスマートな思...
ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
マスタベーションに後ろめたさを感じる必要はないかもしれません。海外では、こんな動画が作られているんですから。記事のもとになっているのは、科学情報を発信する...
足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散ら...