捨てられないあなたヘ。少しづつモノを手放す、「プチミニマリスト」からはじめてみませんか?

最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…というあなた。ミニマリストの要素を少しづつ取り入れる方法を紹介します。

自分が一番「必要なもの」を残す

物が多い部屋

街には物が溢れていて、見ているだけで「あれが欲しい、これも欲しい」とどんどん欲求が高まってしまいます。新しい物を手にいれるたびに生活は楽しくなるように思われますが、実際はどうでしょう。欲しいという感情だけで購入した結果、部屋の中は物で溢れかえってはいませんか?

いつか使うかも、いつか見るかも、と長い間手にしていない物、それは自分にとって本当に必要でしょうか。生活からムダを削ぎ落とすために、自分にとって最も必要な物を見つめなおす事は、シンプルに、丁寧に自分の人生を生きていくための第一歩です。

最低限必要な家具や家電、食器を選んで、何年も手にしていない物は処分してみるのもいいでしょう。いきなりミニマリストのように部屋のものを最小限に抑えるのは難しいと思います。一番必要なものは何かを見極め、少しでも物が整理できればいいのです。一番必要なものがわかってきたら、プチ・ミニマリストとしてのスタートでしょう。

自分が一番「好きなもの」を残す

洋服

毎年の流行や新作など素敵な服はどんどん欲しくなって買ってしまいますよね。でも、クローゼットで実際に手が伸びるのはいつも同じ、本当に気に入っている服。あれこれ違う服をとっかえひっかえ着て毎年何着も買い足すよりも、本当に一番好きで自分に似合うお気に入りを最小限持っている方がシンプルでベストな生活ができるものです。

例えば、上質な白いシャツに黒のニット。丈夫で洗練されたジーンズに肌触りのいいシルクや綿の下着。季節に合わせたコートや上着。高価でも上質な物にこだわり、自分の好きなものにブレない自分でいる。それだけで満たされた気持ちがし、軽やかな気分になるでしょう。やはり、高価な物は大切にしますし、長持ちなので、ムダがなくなりますよ。

自分にとっての「一生もの」を選ぶ

部屋にいる男女

服だけでなく、食器やインテリア、雑貨、日用品…全ての物を「一生使う」という意識で購入しましょう。そうすれば、余計な物には目がいかず、自然にムダな物は買わないようになります。

「とりあえず買う」という心は捨て、全ての物は自分のパートナーとして側に置くようにすると、シンプルながらに満足した生き方ができるでしょう。タオル1枚、ボールペン1本、食器ひとつにしても「自分にとっての一点物」を探してみてはいかがでしょうか。物に対する意識を変えることで感性も磨かれ、あなた自身も一点物の上質な人間になれるかもしれません。

物をたくさん持っていることが、豊かな生活に直結するわけではありません。自分にとって「一番」を見極めて足るを知る。物に感謝し、自分の心も整理してみましょう。

誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
以前のぼくは「欲しいモノを持っていない」自分を不幸に感じていた。しかし本当は僕の願いはすべて叶っていたし、欲しかったものはすべて持っていた。家も仕事も服も...
買い物はハッピーな気分になるし、いいリフレッシュになります。でも、「becommingminimalist」のJoshua Beckerさんによれば、人は...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
私たちは日々、数え切れないほどの広告に囲まれて生きています。テレビを見るとき、電車に乗るとき、ネットサーフィンをしているときも、至るところで「広告」を目に...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
沢山のモノに囲まれ便利な現代。ですが、それによって私たちの生活は縛られるようになってきました。本当に必要なものだけを残して整理するシンプルな生活は、頭をク...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...