「猫×ブッダ」の考え方でもう悩まない。心が軽くなるメッセージ5つ

61a8I1rvuBL宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ』『空海 黄金の言葉』『親鸞 救いの言葉』『老子 上善の言葉』(いずれも永岡書店)など。猫好きで、『猫語の教科書』(監修・野澤延行、池田書店)ほか猫の本の編集・執筆も多数。

人間というものを見ていると、いつも人生に迷ったり苦しんだりしています。何をそんな深刻に考える必要があるニャ?
ぼく「猫ブッダ」が、飼い主さんが読んでいたブッダの本を参考に、心が軽くなるメッセージを紹介していきます。

01.
自分を傷つけない、見捨てない

206040049

自分を愛おしく思うなら、粗末に扱ってはいけニャイね。ぼくらがよく自分の体をペロペロしているのは、きれいに毛づくろいするだけじゃなく、よけいな匂いをなめ取って外敵に存在をさとられないようにして、自分を守る意味もあるんですよ。

もし自己が愛しいものと知るならば、自己をたしかに守ることだ。賢い人は人生の三分の一だけでも目覚めているべきだ。ーブッダ

「目を覚まして、自己をよく守ろう」というこのことばの正反対の意味となるのが「自暴自棄」です。たしかに、自暴自棄の人なら他人も傷つけかねないし、自分を捨てるようなら他人も平気で捨てるでしょう。そういった人とは友人にも同志にもなれニャイね。自分を愛せないような人間は、他人を愛することもできないでしょう。

しっかり目覚めて、自分を見失わず、自暴自棄になどけっしてならず、生きることを楽しまなくちゃね。

02.
執着という
”重い上着”を脱ぎ捨てよう

98308090561

この世における禍福の、いずれにも執着することなく、憂いもなく、欲もなく、清らかな人。彼をわれはバラモンとよぶ。ーブッダ

バラモンとは、インドのカースト制度の最上位で司祭階級の総称です。猫に階級はニャイけれど、古代エジプトで猫の女神として人々に崇められた「バステト」あたりは、かニャり尊敬されているご先祖さまですね。

バラモンになる人の出自(生まれ、氏姓)で決まっていますが、ブッダはこれに反発。“その階級にふさわしい人格を備えた人”こそバラモンと呼ぶと宣言しています。階級制が絶対のものだった古代インドで、これは大変勇気のいることだったはず。

真のバラモンは、禍福つまり不幸や幸福にすらとらわれることなく、「憂いも欲もなく」心安らかに生きていくというのです。執着という重い上着を脱いで、あなたも心軽く、すっきり楽ちんな人生を送ってみてはどうですか。

03.
欲望の「林」を手入れすれば、
心が平和に

_157756481

一本の木ではなく、林を伐れ。恐怖は林から現れる。比丘(ひく)たちよ、林も下生えもすべて刈り、林を離れた者となれ。ーブッダ

この「林」とは欲望の林のこと。食欲、性欲、睡眠欲だけでなく、怠けたい、やっつけたい、甘えたい、壊したいなど、あらゆる欲望の木を集めた林ですよ。人間はこの林に住んでいるわけですが、心安らかに暮らすには不要な欲を手放さなければなりません。ブッダは、一本や二本の木を伐っても欲望はまた次々と生えてくるから、林を丸ごと刈り取ってしまえと言うのです。

あなたも、欲の林を根こそぎ更地にできないまでも、間伐や手入れは必要ですよ。伸び過ぎた木は切り倒し、枝打ち、下生え刈りなど、まめに手入れすることで、「少欲知足(しょうよくちそく)」の心おだやかな生活が手に入ります。野放しの林は、危険すぎですよ。

04.
「私のもの」というのは錯覚

00004285842_Large

「私」でさえ変わり続け、同じ姿にとどめることはできないのに、ずっと「私のもの」があると思うのは錯覚なのです。すべてはいっときの預かりもの。無所得、無所有、無一物こそ人のありのままの姿、生まれたときから毛皮一枚の猫とおんなじです。

「私のもの」という思い込みは、「無知」から来る煩悩です。思い込みを手放せば、よけいな苦悩とサヨナラできるんです。”所有する苦しみ”から抜け出すには、あらためて「無我」を知り、自分の所有物など何もニャーイと知ることなんですね。

05.
孤独な時間こそ
心を整えるチャンス

Girl sitting on pier and lookingat the river

独り坐り、独り臥し、独り歩み、怠ることなく、独り自己を整える者は、森の中で独り楽しむ。ーブッダ

「森の中で独り楽しむ」というブッダのことばは、何にも頼ることなく、独りひたすら自己と向き合い、自己を整えていく修行者の姿が詩になっているようですね。ここには、煩悩は自分で打ち砕くしかないという厳しさと、長い孤独な時間に耐えて、迷いを脱したときに獲得する精神の自由がありますよ。

猫はいいですよー、ひとり自由気ままで。いい飼い主さんに出会えれば、こんなに楽しい暮らしはニャイくらい。一日に30分でも15分でも、ネットも携帯も切って、猫みたいにだらーっと伸びて、「心を整える自由時間」を作ってみてはどうですか。

猫ブッダは悩まニャイ
コンテンツ提供元:ワニブックス

どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
ぼくは「猫ブッダ」。ある日、飼い主さんが読んでいた仏教の始祖ブッダの本を読んでみました。すると、その言葉は実にシンプルで、猫にでも理解できたのです。ここで...
「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。ブッダの言葉が、現代人にも広く受け入れられる理由は、まさにそこ。「Higher Perspe...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
仏教の開祖として知られている、ブッダ。彼の残した言葉は、時代を超えて多くの人の共感を呼んでいます。ブッダの残した言葉は、どれだけ時を経てもなお、多くの人の...
SNSの「いいね」合戦や、職場の微妙な人間関係、最近なんだか疲れていませんか?そんなときは、長い歴史の中で数え切れないほどの人々の心を救ってきたブッダの教...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見する...
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
いくら頑張ってもしんどい、全然楽にならない、いつも気持ちに余裕がない…と、悩んでいるアナタへ、肩の力が抜ける4つの言葉をお届けします。 01.「今は、大き...
「World Truth.TV」に掲載されている内容は、ブッダが「友人の条件」について説明したもの。どうやら、以下の4タイプのうちのいずれかに分類されるの...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
人生の場面場面で、あなたをやる気にさせる「名言28選」をご紹介します。名だたる偉人たちにに交じって、初めて名前を目にするような人物も登場しますが、彼らもま...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
ライターKasim Khan氏が、ブッダの教えを記事にまとめています。今回のテーマは、「あなたが持つべき友人の種類」について。もちろん、以下の4つをすべて...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...