あなたの健康に大きな影響を与える「44の小さなコト」

健康的な体を手に入れるためには、日常の習慣を変化させることが大切。そのためのヒントを、ライターSamantha Joy氏が教えてくれました!「Elite Daily」で紹介されている44の項目のうち、まずは自分に合うものから少しずつ始めていきましょう。

01.
トレーニング予定は
スケジュール帳に記入!

Making notes

あなたのスケジュール帳には、トレーニングの予定が入っていますか?もし入っていないなら、きっと簡単に他のことに流れてしまうでしょう。

基本的に私たちは、自分自身に甘い。疲れているから、ジムへ行くのは明日にしようと先延ばしにしがちです。でも、そんなことでは良い結果は望めません。たとえば、毎週日曜日に今週の予定を確認し、トレーニング時間を記入するようにしてみましょう。

02.
1日のスタートは
お湯とレモンで!

レモンには、抗菌作用があります。朝一番にレモンを食べ、暖かいお湯を飲めば、前日から体に蓄積されていた毒素を洗い流すことができます。

03.
インターバルトレーニングを
取り入れる

健康的な体を作るためには、インターバルトレーニング(高負荷と低負荷を交互に繰り返すトレーニング)が効果的。「Shape magazine」には、以下のように記載されています。

「インターバルトレーニングはウエストラインにフォーカスしています。そこにスピードを追加することで、頑固な腹部の脂肪を落とす効果があるとされています」

頻繁に運動しない人は、激しい有酸素運動を5分間のインターバルで行いましょう。

04.
ウエイトトレーニングも!

Young woman doing crossfit situps

これは、体の特定の部分を鍛える素晴らしい方法。強い骨を作り、健康的な血圧を維持するのにも効果的です。

05.
食事は本当に
新鮮なものを!

本物の食事というのは、賞味期限が3年もあるようなインスタント食品のことではありません。こうしたものには、体が消化できない、わけのわからない化学物質が含まれている可能性があります。そうではなく、新鮮な食事をとり、体にエネルギーを与えましょう。

06.
流行のダイエットには、注意

「Women’s Health」のライターGretchen Voss氏によると「ダイエットに成功した人の80%以上が、2年後には以前の体重、またはそれ以上の体重にリバウンドしている」のだそう。

健康的なライフスタイルを意識せず、流行のダイエット方法ばかりを取り入れるために、こうしたことが起こるのです。

07.
何よりも健康を意識すること!

Washing hands.

健康的な体を作るための「魔法の薬」などありません。バーでお酒を飲むことよりも先に、まずは「健康」のことを第一に考えましょう。

08.
絶対に、朝食は抜かない

きちんと朝食を食べることは、新陳代謝を活発にしてくれます。

09.
そんな朝食には
自家製スムージーを

典型的な朝食について考えてみましょう。パンケーキや卵、フレンチトーストなどでしょうか?これらの食事が、実際にどのような栄養を体に与えているか知っていますか?おそらくあまり栄養がないはずです。その代わりに、果物や野菜などでタンパク質が豊富なスムージーを作りましょう。

10.
アルコールは制限する

00047219904_Large

アルコール飲料に含まれるエタノールは、体に悪影響を及ぼすとされています。こっそり甘いスイーツを食べるか、それともバーでお酒を飲むか…どちらを選びますか?

11.
実は体によくない?
牛乳を避ける方法も

牛乳には、あなたが考えているよりはるかに多くの「牛のホルモンや血液」が含まれています。次からは、アーモンドミルクを選ぶようにしましょう。

12.
肉を食べない日を設定

赤身の肉でも脂肪は必ず含まれています。さらに言うと、科学肥料や成長ホルモンも。週に1日でもそのような肉を食べない日を作れば、あなたの健康に大きく寄与するはず。

13.
食事量はしっかりと把握

italian food

テレビやPCの前でご飯を食べると気が散ってしまうため、自分の食事量を把握できないもの。お気に入りの番組を見ながらポップコーンを食べていたら、いつの間にかボウル一杯分を食べてしまっていた…そんな経験はありませんか?

14.
ビーガンスイーツに挑戦

良好な健康状態を保ちながら、お気に入りのスイーツも食べる。そんなうまい話はないように思えますが…実はあるのです。

「ビーガンスイーツ」なら、罪悪感を感じることなく、欲求を満たすことが可能。穀物で甘みを出したチョコレートチップスなどにトライしてみて。

15.
運動内容は
月単位で変更を!

一ヶ月ごとに、運動の内容を変えましょう。筋肉が異なる動きをするため、ベストな健康状態を保つことができます。

16.
どうにかして
「やる気」を維持する

000041658836_Large

自分自身でやる気を維持する工夫を。諦めない理由を作ることが大切です。

17.
計画と準備をしっかり

健康的な食事を用意することで、体の調子を整えることができます。毎週日曜日に、次の週の食事の計画を立てるようにしましょう。そのときに野菜や果物を切って、すぐに食べられるヘルシースナックを作っておくのも◎

18.
定期的な体調チェックの
機会を設けること

ビタミン不足や食べ物アレルギー、甲状腺障害など、体重の変動をもたらすような症状が出ないよう、こまめに医者に通うようにしましょう。

19.
できるだけストレス環境に
身を置かない

_000004528559_Large

ストレスはコルチゾールの量を増加させます。このホルモンは、食欲を増加させるので注意が必要です。

20.
一人でダメなら
誰かと運動!

一人で運動を続けられる自信がないのであれば、友人や家族、恋人を誘って一緒に運動を始めてみて。

21.
食事量をわきまえる

適切な量の食事を、一度にお皿に盛り付けるようにしましょう。おかわりはしないように。簡単でしょう?

22.
フィットネスウェアを
新しく揃える

k000043493836_Large (1)

ジムに行くのに、人目が気になる?それなら、新しいフィットネスウェアを買い揃えましょう。そして固い決意のもと、目標を達成するために自信を持つのです。

23.
究極のデトックスウォーターを
職場に持参

職場に水のボトルを持って行くなら、メロンときゅうり、そしてミントを加えるようにしてください。体の毒素を排出して、キレイにしてくれる究極のドリンクです。

24.
食事の目的を意識する

これからは、自分の体に栄養を与えるために食事を取る必要があります。それこそが、食べ物の本来の役割だから。

25.
紅茶で毒素を排出!

Hands with teacup

健康に良い、デトックス作用のある紅茶を飲むと、肝臓と腎臓がキレイになります。プラスチックや香水、さらには普段の食事からでさえ、私たちは毒素を摂取しています。紅茶を飲んで、その毒素を排出するのです。

26.
肉以外から
たんぱく質を摂取

たんぱく質は肉だけに含まれているものではありません。アーモンドバターやプロテインバー、豆類など多くのものからも摂取することができます。あなたの食生活にぜひ取り入れてみてください。

27.
赤身の肉を避ける

赤身の肉は、心臓血管系に悪影響を及ぼす可能性があるのだそう。また、含まれるホルモンがいろいろな病気の原因になるとも言われています。

28.
メリットたくさん!
魚を取り入れる

Salmon with Spinach

あなたが肉好きなら、日々の食生活の中に意識的に魚を取り入れてみましょう。肉に比べて消化しやすいだけでなく、オメガ3脂肪酸という成分が含まれており、老化の防止や体重減少につながるのだとか。

29.
食事の量を減らし
回数を増やす

しっかりとした食事を1日3食食べるより、少ない量の食事を5回に分けて食べましょう。これにより「食べ過ぎ」を防ぐことができます。

30.
就寝2時間前は
何も食べない

私たちが眠りにつく時、体も同じように眠りにつきます。寝る前にたくさん食べてしまうと、胃を苦しめることになってしまいます。

31.
白米よりも玄米

Brown Short Grain Rice

白米より栄養価が高い玄米を取り入れてみては?

32.
できるだけ卵も避ける

卵にはコレステロールが豊富に含まれています。たんぱく質は他の食べ物から摂取しましょう。

33.
野菜パスタでヘルシーに

パスタが食べたくなったら、 ズッキーニやサツマイモを使って作ってみてください。専用の機械を購入すれば、お気に入りの野菜でパスタを作ることができるのです。罪悪感を感じる必要もありません。

34.
1日1杯の緑茶を

00009351934_Large

緑茶を飲むことは体重減少に非常に効果的。脂肪の燃焼を助け、高い抗酸化作用があり、体と肌に良い効果があるのです。

35.
胃の不快感を緩和
生姜を食べよう

生姜でサラダのドレッシングを作ってみましょう。胃の不快感を和らげてくれるはずです。

36.
暇な時間を作らない

空腹だからではなく、暇を持て余しているから食べる。そんなこともありますよね?自由な時間があるのなら、運動など生産的なことをするようにしましょう。

37.
睡眠は最低7時間

Woman sleeping at home

最低でも、7~8時間は寝るようにすれば、新陳代謝が良くなると言われています。

38.
外食時でも気を緩めない

もし健康的な習慣を続けたいのであれば、外食においても自分の体に合うものを選ぶべきです。

39.
ソーダは断固拒否

この項目は、絶対に外せません。ソーダ中毒の人は気づいていないかもしれませんが、体に大きなダメージとなっているようです。

ソーダは体を脱水状態にさせ、脂肪となってしまう糖分を多く含んでいます。特に、含まれているアスパルテームは、発作や脳腫瘍、感情障害などを引き起こす可能性があるのだとか。

40.
ココナッツオイルを摂取

Coconuts and organic coconut oil in a glass jar

ココナッツオイルには、新陳代謝を上げる効果があります。朝食時にティースプーン1杯のココナッツオイルを加えて、トロピカルなスムージーを。

41.
自然な甘さを楽しむ

ステビアなど、自然の甘味料を使うようにしましょう。人工的なものより、ずっと味わいが強いはずです。

42.
おやつにはジュースを

カロリーが低い午後のおやつには、ジュースがオススメ。まずはシンプルに果物ジュースから始め、だんだんと野菜を増やしていきましょう。健康にポジティブな影響があるはずです。

43.
好きな運動を見つける!

meditation and yoga practicing at sunset

ダンスやキックボクシング、ピラティス、ヨガなどに挑戦してみては?自分が好きな運動を見つけ、より楽しく健康的な生活を。

44.
上記のどれを選んだとしても
決して諦めない

どの項目を選んだとしても、決して諦めないと自分自身に誓ってください。最初の一歩は、健康がとても価値のあるもので、自分は健康になれるのだと気づくことです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「Elite Daily」で紹介されているのは、友人を持つことによる「健康」へのポジティブな効果。「ちょっと言い過ぎでは?」と思う意見もありますが、大学の...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
生活の中で当たり前に使用している日用品は、自分の性格や癖、さらには健康にまで影響する可能性がある。と説くのは「Collective-Evolution」ラ...
「ちゃんとした食習慣を身につけたい」とは思うものの、本当に実践できている人はどのくらいいるのでしょうか?頻繁に、食事のあと不快に感じるほどお腹いっぱいに感...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
赤ワインを飲むだけで運動効果がアップ!?そんな記事が2015年12月11日「KLFY News」に掲載されました。どうやら2011年に発表されたアルバータ...