圧倒的に「成長する人」と「成長しない人」5つの違い(ビジネス編)

仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介します。そこからスランプを脱出するヒントが見つけられるかも。

1.好奇心がある人、無関心な人

成長

好奇心があるから、その仕事の根本を知ろうし、それによって問題の解決法を導き出したりと、好奇心のある人は仕事っぷりが常に成長していきます。たとえ、一見代わり映えのないルーティン仕事にみえても、好奇心のある人は毎回仕事っぷりがあがっていくでしょう。そしてそれが仕事の失敗も減らすという好循環を生みます。

無関心な人は、あまり周りを見ていないので、次になにが来るか想定できない人が多くなってしまいます。想定ができれば、心の準備、物理的な準備など、先回りして仕事の用意ができ、スムーズな仕事ができるので、周りのあらゆるものに関心を持つよう意識しましょう。

2.失敗から学ぶ人、失敗を恐れる人

経験のない新しい仕事で失敗をするのはある意味仕方がないことかもしれません。ですが、失敗するはずがないと思っていた仕事でも、ミスが出てしまうこともあります。そんなときは周りに申し訳ないと、自分を情けなく思って落ち込んでしまうでしょう。しかし、成長する人はその失敗から学ぶことでき、次へのステップへとつなげられる人です。しっかり原因をとらえて、改善する術を学べば、次は失敗せずよりよい仕事ができるでしょう。

成長しない人は、失敗してしまったら責任をとれない、とりたくないから仕事をしない、となってしまいます。失敗することが仕事だと思って、自分を成長させることができる仕事には積極的にチャレンジしていきましょう。失敗をしてしまったら「何故失敗したのか?どうすれば失敗しないのか?」を考えればいいだけです。

3.相手のことを考えて行動する人、話を聞けない人

shutterstock_299940266_2

仕事は自社の人、取引先、お客様等必ず人がいます。その相手を尊重せず、相手を無視する仕事は、お互いに不幸になるだけでしょう。たとえば、独断で仕事をしてしまえば失敗した時には誰もあなたを助ける人がいません。

仲間の好プレーに助けられることもあれば、予期せぬミスをフォローすることもある、それが仕事です。仕事で成長するためには、相手の状況を考え、どのように仕事を組み立てていくかを考えられることが大事です。また、焦っている人に多いのですが、人の話を聞かないために大きな失敗をしてしまうことがあります。

そういう傾向が強い人は、メモをとる、自分用議事録をまとめておくなど自分の癖をサポートできる工夫があれば簡単に直るでしょう。理解したフリはせず、わからなかったらとことん聞くのが、自分にとっても会社にとっても利益となります。遠慮せずに聞きましょう。

4.仕事から逃げない人、および腰な人

仕事には納期、提出物の作成、報告書の作成、打ち合わせなど様々な約束事があります。子どもの宿題の締切とは違い、もしこれらの期日を守らなければ相手や自分の会社に損害をもたらしてしまうなどトラブルがおこるでしょう。成長する人はどんなに忙しくても、決められたもの、約束したことから逃げません。それらを守ることが到底無理なような場合は、早めに上の人に頼りましょう。その仕事のオペレーション自体が間違っているからです。仕事から逃げない人は信用度も高く、働けば働くほと会社でも注目されること請け合いです。

一方、納期が難しそうな仕事がきた場合、自分にはちょっと……と断るような返事をする人は、成長しづらいでしょう。自分が受け持って成功できる自信がない、それは仕事は成功させなければという責任感の裏返しのようにも見えますが、いつまでも逃げていては、やりがいも得られず、つまらない社会人生活となってしまうでしょう。難しそうならば、周りに質問をしつつ、まずチャレンジしてみるのが大事。無理難題だったら、上の相談して、そもそものオペレーションからかえてみましょう。

5.仕事と自分を諦めない人、諦める人

shutterstock_335123555_2

成長するかどうかは自分次第で、諦めずにいれば成長は続けられるといえます。どんな状況でも活路を探す、そんな姿勢が人を成長させます。

例えば、会社がとても忙しい状況では、仕事を教える時間さえ取れない事もあるかもしれません。また、教えることができる仕事と、人への対応、状況の見方、タイミングのとり方など教えづらい仕事もあります。そのような場合は周りを見て自分で吸収するしか他にはありません。

仕事を教えてくれないと諦めないで、このように日々努力することが自分の仕事のスキルアップにつながります。たまに、疲れてしまうこともあるでしょうが、いつでも失敗しているわけではありません。諦めない、それが肝要です。
成長する人、成長しない人の違いはちょっとした心の持ちようであるようです。諦めないで真面目に仕事を続けていれば、今は成長できていないと思ってもいつか必ず成長できる人になるでしょう。

あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え...
今ではフリーランスのノマドワーカーとして知られ、多方面で活躍中の安藤美冬さん。しかし26歳のときには、人生のどん底にいたと語っています。そんな安藤さんが立...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
世の中には「引っ越し好き」と「引っ越し嫌い」な2種類の人がいます。あなたの周りにも、ほら、思い当たりませんか?でも、引っ越しの作業って大変ですよね。部屋の...
仕事やプライベートで逆境に見舞われたときに、「折れない心をもった人」と「心が折れる人」がいます。特にビジネスの場では、折れない心は「仕事がデキる人」として...
さらなる成長を望む人に向けて、「Collective-Evolution」ライターJoe Martino氏が、モチベーションを高めるコツを紹介しています。...
自分を成長させたいなら、変化することを恐れず、勇気を持って行動あるのみ。そんなチャレンジができるのは、自分を信じているからこそなんです。そして、その自分を...
今のパートナーや、今後お付き合いをしたいと思っている相手は、あなたを成長させてくれそうな人ですか?その人とパートナーになることで、あなたがもしも怠け者にな...
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
プロカメラマンの父(ジョーンズさん)のもと、カメラの取り方を習得した息子のスタンリーくん。1歳半の子どもならでは視点で撮影された写真は、大きな反響を呼びま...
撮影したのはカナダのフォトグラファー「Red Méthot」氏。Yahoo Parentingに掲載されたコメントによれば、自身の2人の子供も未熟児として...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長。フィールドこそ違えど、ともに世界を相手に戦う両者の対談が実現した模様です。今回は計10...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...