佐々木俊尚さん、若者が世界にでるのって本当に大切なんですか?-佐々木俊尚

旅に出て、世界とダイレクトにつながる

―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅

 

佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事では、旅に出る意義の変化や旅の大切さについてお話を掲載します。

佐々木俊尚さん

佐々木俊尚氏 ジャーナリスト、評論家。 「電子書籍の衝撃」、「キュレーションの時代」、「当事者」 の時代など著書多数。 キュレーターとして、TwitterなどでITやメディ アについて、積極的に発信をしている。新著『レ イヤー化する世界』 、「簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである」。

 

 

灰色だけど、安定した人生が待っている。モラトリアムからの脱出だった昔の旅

 

 

athlete_head_q

旅や旅行の意義はどう変化しているんでしょうか?

Answer

これまではマスのエンターテインメントでしたが、今は人生を考え直したい人のためのツールになってきていると思います。

 

athlete_head_q

どうしてでしょうか?

Answer

80、90年代までは、安定した状況の中で、出る旅だったのに対して、今は、不安定な状況の中で出る旅になっているからです。

athlete_head_q

具体的にどういうことですか?

 

Answer

安定して人生が固定化された状況での旅は、逃走の旅でした。「新卒採用で大企業に入って、安定した収入があって、結婚して、子供2人つくって、…」というライフプランが誰にでもありました。一生安定だけど面白くない人生。ある種の人生に対する諦めの感覚があったわけです。だから、たとえば、人生のゴール地点だった就職が決まると、卒業までの期間を利用して旅行に行く人が大勢いました。パリに自分探しの旅行に出る女性もいた。「ここでつまらないOLをしている自分は、本当の自分じゃない。本来はきっとパリの下にあるんだ」と仮定して、パリに向かったんです。これらの旅行は明らかに、逃走であり脱走だったわけですよ。

でも、今は、生涯安定した職業に就かないかもしれないし、生涯結婚しないかもしれない。もはや我々に安息の地はないかもしれないという前提で生きなければならないわけですよ。そういう不安定な状況で出る旅は、自分の居場所の確認や立ち位置の構築という意味があるんだと思います。実際に僕は後者の旅をしたことがあって。

 

athlete_head_q

どんな旅だったんですか?

 

Answer

毎日新聞社に勤めて12年ほど経ったとき、脳腫瘍になって入院して一時的に激務から外れたんです。それで糸が切れて、仕事を辞めようかとかいろいろ考えたんですが、なかなか踏ん切りがつかなくて。そこで、このまま東京にいても埒が明かないなと思い、考えに出かけたのが四国八十八箇所でした。「自分は何がやりたいのか」「将来どうしたいのか」などと歩きながら散々考えましたね。結局答えは出なかったんですが、帰ったら辞める気になっていて。

これが、不安定な状況下で自分の立ち位置を探しにいく旅なんです。

athlete_head_q

なぜ、自分の立ち位置を探すために、旅なんでしょうか?

 

Answer

自分の頭の中と周りの見知らぬ世界とを、はめ合わせることで、外界との関係をゆっくり考え直すいい機会になるからです。旅では、日々の雑事が取り払われ、自分の属性がはぎ取られるので、自分と世界がダイレクトにつながる、シンプルな感覚が得られるんですよ。

 

athlete_head_q

大学デビューみたいなものですかね(笑)?

 

Answer

そうですね。この上で行う確認作業みたいなものですよ。

 

athlete_head_q

僕たちも世界中を旅してそれを感じました。今までいた場所から切り離されて、自分の知らなかったリアルな世界に触れることで、世界とつながる感覚が得られました。世界中を巡って手に入れた多様な価値観が、今の僕をつくっています。

 

 

オンラインとオフラインを繋いでいく 新しいメディア、TABI LABOをつくること

 

athlete_head_q

話が変わりますが、今回新しくはじまる、TABI LABOなのですが、ウェブメディアのこれからに関しては、どう考えていますか。

Answer

情報には、フローとストックという概念があるんです。日々流れているインターネットやニュースなどはフローな情報。それを得ることが、フローな体験です。必要だけれど、どんどん右から左に流れていく。たとえば、今話題のバイラルメディアに始まる、動画など分かり易い情報が発信されていくことは、インパクトは強いがフローですね。それに対して、旅はストックな体験で、価値あるものとして蓄積される。書籍を読んで著者の世界観を手に入れることもストックな情報と言えます。

 

athlete_head_q

フローな体験とストックな体験。面白いですね。

 

Answer

しかもこれらはどちらも必要で。ベースとしてインターネットでいろんなものを知ることはもちろん大切。その上で、それをさらに活かすためには、旅に出たりして蓄積されやすいストックな体験をする必要があるんです。

 

athlete_head_q

TABI LABOは、世界を旅するような疑似体験が出来るサイトにしたいと思っています。オンラインで世界のリアルに触れたからこそ、実際に世界にいきたくなる。情報をウェブで消費させるだけでは終わらせたくない。リアルな体験にこそ、本当の価値があることを伝えたいと思っています。今、どんなメディアが必要とされているんでしょうか?

 

Answer

単なる情報ポータルばかりではなくて、あるテーマに対してより深くつっこんでいるメディアがあることが必要だし、そうあることが健全だと思います。

 

athlete_head_q

大衆紙だけではなく、専門誌も大事だということですね?

 

Answer

しかも、そういう専門誌は、単に情報の入り口になるだけじゃなくて、文化の担い手にもなるんですよ。それってすごく大事で。

 

athlete_head_q

TABI LABOをそういうメディアにしていきたいですね。

 

Answer

大衆向けのメディアが多い中で、こうやって若者に絞って発信するメディアは価値があると思いますよ。新しいウェブメディアの先駆けとして、TABI LABOを位置づけたいですね。

 

athlete_head_q

はい、そのために、日本でもっとも読まれる世界とつながる情報誌として、世界との関わり方をアップデートできればと思っています。

 

第二弾  インタビュー終了 第一弾インタビューはこちらから
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
究極のかんたん料理。「えっこれだけ?」というシンプル手順だけど、じゃがいもの素材感を満喫できますよ。上質なオリーブ油と塩だけで十分旨い!<材料>じゃがいも...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
リアルタイムで世界とつながり、まるで旅をするように未だ見ぬ自分を探求する・・・。 世界とつながるとは、どういうことだろうか。今回のイベントでは、次世代にお...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...